haru

灼熱の魂のharuのレビュー・感想・評価

灼熱の魂(2010年製作の映画)
3.5
私、ホラー苦手なんですけど…!

双子のジャンヌとシモンは、亡くなった母親から遺言を受け、自分たちの父親と兄を探すことに。その過程で母親の壮絶な過去を知ることになる話。

とにかくママの過去が濃すぎて大変。レバノン出身のお母様は、宗教やら内戦やらでとにかく波乱万丈すぎる人生を送っていた。サスペンスとして楽しむためには何も知らずにご覧いただくのが良いかとは思いますが、オチがなかなか強烈なので注意。
個人的にお母様の強すぎる精神力には脱帽ですが、ちょっと子供たちがかわいそうな気がしてならないというか、知らなくても良い真実ってありますよね…私だったら立ち直れないかもしれません。