haru

BIUTIFUL ビューティフルのharuのレビュー・感想・評価

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)
2.5
イニャリトゥ監督は21グラムがすごく好きなんですが(バードマンも良かった)、これはそれほどハマらなかった。

余命僅かな男が子供たちのために何をしてやれるかって、いかにも泣かせるネタなんですが(もちろん泣いたけど)、思っていたより複雑な話でした。主人公は癌に侵されているだけでなく、死者と交信できるという超能力も所持してるみたいで。そりゃハビエルさんですから納得なんですけども。
冒頭のシーンがラストに繋がって、ここはすごく良かった。ただそれまでのストーリーが中国人やらセネガル人やらグローバルすぎて、ちょっとついてけなかった。