海

ミトンの海のレビュー・感想・評価

ミトン(1967年製作の映画)
4.3
雪が降る日に舞い降りた天使。赤いミトンの子犬。

一人で窓の外を眺めたり、雪の上をこっそり散歩したり、わたしも一人遊びが好きだったころ、こんなふうな想像をよくしていたなあって思い出した。
人じゃなく、ぬいぐるみや飼い犬や、野良猫に救われて、ちいさな頃は生きていたな。いつかぬいぐるみとお話ができると思っていたし、犬や猫と暮らすこともすごく憧れた。
そんな頃、この映画に出会っていたら、きっともっと大好きになっただろうな。

ほんとうの犬は、からまってほつれたりなんかしないし、もっと長い間いっしょに居られる。
それでも赤いミトンの子犬のてざわりや、ちいさな身体を、きっとずっとアーニャは忘れないね。

こんなふうに二人しか知らないような、ちいさくて温かい、あいするという気持ち。

2018/5/25