踊る猫

踊る猫の感想・レビュー

2016/10/14
エレファント(2003年製作の映画)
4.2
数多いガス・ヴァン・サントの映画を全て観てきたわけではないので憶測になるが、彼の映画は(この作品のようにひとりひとりを長回しで淡々と撮るという工夫が為されていても)そのキャラクターたちの「人間性」「個性」とでも呼ぶべきものが伝わって来ない。「人間臭さ」が良くも悪くもない印象を受けるのだ。だから彼の映画は何処か現実をモデルにしていても現実離れしていて、謂わば「寓話」を描いているような印象を受ける。大人のお伽噺……それが極端な悲劇性と結びつけばその悲劇が逆に悲劇として伝わらないという「ズレ」を見事に生み出し『ラストデイズ』のような傑作を生み出すのだろうが、そうでなければ単なる「良く出来た『寓話』」として終わってしまうのではないか。むろんこれは個人的な受け取り方の問題だが……その意味ではこれもまた私にとっては「良く出来た『寓話』」だった。点数が高くなったのは悲劇性が勝っている題材の勝利だろう。