ティガームービー/プーさんの贈りものの作品情報・感想・評価

「ティガームービー/プーさんの贈りもの」に投稿された感想・評価

mmk

mmkの感想・評価

3.9
・小さい頃、妹とよく観てたのが懐かしい
・久々に見たらプーさんの世界に癒されてしまった
基本的にキャラクター全員 あたりが弱いのは置いておいて、
みんながみんなの為に 全力で出来ることを模索して動く。
珍しく落ち込むティガーと愛が印象的。
Aika

Aikaの感想・評価

4.0
日曜の昼間、ひとり号泣。
あまり溜め込まないタイプだけど、知らず知らずのうちにストレス溜まってたのかな笑
100エーカーの森の仲間たちの優しさで濁った心が浄化されました…

元ディズニーオタなのでキャラクターの名前や関係性は把握してたんだけど、改めて動く彼らを見ると癒しの集団すぎてもはや一種のセラピー。

今作の主役は虎のティガー。
溌剌としたキャラクターでややウザめ。
彼の家族探しにみんなで協力するというお話なんだけど、まぁぬいぐるみなので家族なんていないんですよね。(してはいけないツッコミ)

でもプー達は何とかティガーを失望させないようにあの手この手を尽くす。
不器用だけどそれが思いやり以外の何物でもなくて…思い出すだけで涙が…

本がぱらぱらとめくられて紡がれていくストーリー。絵本から飛び出したようなキャラクターたちの造形もいい。絵があったかい。

一番大切なものは近くにあるんだよという何百回もみたようなオチも、緩いクマに言われるとなぜか心底沁みる。

くまプー侮れない…!
もうグッズ集めたりしたくないのについアマゾン覗いちゃう。

実写版も楽しみ。
もう全体的にかわいいし、みんなで世界一のトラのために!と一生懸命になってるのもホッコリする( 灬˙▿˙灬 )
Henrye

Henryeの感想・評価

3.4
字幕無し100エーカー語は難あったけど、ティガーが見付けたロケットを期待して開けたのに空だった時 empty..completely tiggeless...て言ったところどうにも可愛くて切なくて抱きしめたい

ルーが良い子すぎて天使
かず坊

かず坊の感想・評価

3.9
プーさんで一番好きな話。

凄くいい話。仲間たちがいい奴過ぎて泣ける…👍

このレビューはネタバレを含みます

今年、「プーと大人になった僕」が公開されるとのことで、くまのプーさんの劇場作品の中で、特に人気が高い、この作品を紹介します。

[一番大切なもの]

自分が小さい頃、一番よく、Vhsで観ていた作品が「くまのプーさん」。この頃の子供が観るには、丁度いいストーリー性と背景。非常に馴染みがあった。でも、その中でもよく観ていたのが、この「ティガームービー」である。100エーカーの仲間たちの中で、一番のお調子者「ティガー」を主人公にした作品である。

ストーリーとしては、冬支度に忙しいプーたち。ですが、それでもいつもの調子で跳び跳ねて遊んでるティガーは、一緒に跳び跳ねて遊んでくれる、仲間を探してた。だが、皆断られ、ティガーはションボリ。そんな折、イーヨーの家が、大きな岩で壊れてしまった。100エーカーの仲間たちが、岩をどかそうとしている所にティガー登場。ティガーが「俺なら、岩をどかせるぜぇ」とばりに、華麗に跳ねとんで、岩をどかせる事に成功。そのあと、ティガーがもう一度「一緒に跳び跳ねようぜ!」と誘うが、ラビットを始め、皆に「君とは違うんだよ」と言われ、ティガーを仲間外れにする。悲しくなって、すっかりしょげてしまったティガーに、友達の赤ちゃんカンガルーのルーが、「ティガーにも家族はいるの」と言われ、ティガーの心に火がつき、ティガーの家族探しが始まる…。

長々とこんな感じで、物語が進んでゆく。そう、この作品は「家族」についての物語なのである。ティガーとルーが中心になって、ティガーの「家族」を探すため、あらゆる手を尽くす。

子供ながらに、すごい感動した記憶がある。馴染みがある、プーさんのシリーズの中で、こんなにも純粋に人々の心に突き刺さる作品なのだ。ティガーの「家族」についての認識もそう、100エーカーの仲間たちのティガーへの「思い」が、しっかりと伝わる作品になっているのだ。

本当に大切な「家族」というものが、一番近くにいるのだと。このメッセージがしっかりと伝わるシーンがある。それは、ティガーの家で見つかったハート型のロケットを、「弟」のような存在のルーにそっとかけてあげるシーンだ。これが、大人のなって観ると、涙が込み上げてきた。そして、クリストファー・ロビンが、カメラを持って、皆の集合写真を撮り、ロケットの中に入れられる。 素晴らしかった! ティガーの「家族」という形がそこに刻まれた瞬間だった。

皆さん是非とも、9月の公開前に、いやそのあとでもいいので、この作品を観てください。きっと、クリストファー・ロビンの100エーカーの仲間たちに対する思いと、同じなのですから…。
seira

seiraの感想・評価

3.0
ティガーが家族を探しに行くお話。
みんなの優しさや、ティガーの切なさが感じられる。
いつも元気なティガーがションボリしてると、それだけで寂しくなる。
Ayako

Ayakoの感想・評価

3.5
プーさんらしいお話。
仲間たちの優しさがステキ。
エンディングの曲がすごくいい。
ティガーの家族を探すために躍起になるティガー。それにハラハラしつつティガーを気遣う仲間たち。特にルーが活躍する。
一生懸命なのに空回りするティガーに気を揉む森の住人たちを見ていると辛い。ルーがティガーのことを大好きすぎて、可哀想で可愛くて胸がギューッとなる。ナレーションが全然出張らないので余計心配に。
>|