日常の戦ひの作品情報・感想・評価

「日常の戦ひ」に投稿された感想・評価

島津保次郎監督作品を一通り観てから観るべきだったと後になって後悔した。戦時中のプロパガンダ映画。ほのぼのとした戦時中の日常を描いてるように見えるが、日本人の「焦り」みたいなものを随所に感じで辛かった。この時は本当に勝てるかもしれないと思っていたんだよね…。小さい子供の落書きが日本国旗だったのにはある種の恐怖を感じた笑。