tjZero

宇宙兄弟のtjZeroのレビュー・感想・評価

宇宙兄弟(2012年製作の映画)
3.2
子どもの頃からの夢をかなえて月をめざしている弟と、彼を追って宇宙飛行士の試験に挑む兄の姿を並行して描く。

NASAやJAXAにちゃんとロケして撮っていたり、興味深い試験や訓練の内容をリアルに見せてくれるので画に迫力があるし、邦画らしからぬスケール感もある。クライマックスの月面の描写も嘘くさくなく、全体的に”がんばっている”印象。

ちょっと気になったのが、弟役の岡田将生。
宇宙飛行士にしてはちょっと華奢(きゃしゃ)すぎない?…ってのもあるし、何より任務中にニコニコしすぎでしょう。
プライヴェートで朗らかな好青年が仕事中はキリッと緊迫した真摯な表情に変わる、って方がメリハリがあるし、世界のエリート中のエリートである宇宙飛行士らしいと思う。
また、地上にいる時と同じ演技の為、宇宙と地続きに感じられてしまい、地球で訓練に励む兄との物理的な距離が感じられないのももどかしい。

対照的に兄役の小栗旬は好演。エリートの弟を後追いして訓練に励む…という屈折しながらも前向きにならざるを得ない複雑な存在をバランスのとれた演技で体現。
弟が事故にあってからの、安否を気遣いながら試練に耐える表情なんかは特に繊細で良かった。

コミックを読んでいないので比較は出来ないんだけど、原作の方にも目を通したくなるような興味深い作品であることはたしか。