宇宙兄弟の作品情報・感想・評価

「宇宙兄弟」に投稿された感想・評価

Hikari

Hikariの感想・評価

3.5
岡田将生が好きになった。
原作が好きだから映画を見てみたけど、原作に負けないくらい面白かった。
Tao

Taoの感想・評価

2.7
評価ほど悪かったかわからんけど、
漫画好きだからそっからの落差。
ギャグセンの高さ全く反映されてないから結果退屈な流れになるというオチ。
最後まで見てらんなかった。残念。
はるな

はるなの感想・評価

4.3
ハッピー ◎
爽快感 ◎
感動 ◎
ストーリー ◎
ドラマチック ◎

漫画の実写化は全て反対!派をぶっ飛ばす勢いで、映画として面白いです。映画オリジナルの部分も、原作の意思を汲んでいて、元の作品へのリスペクトを感じます。
内容は、SFとジャンル分けをしていいのか…ちょっとだけ先の未来が舞台で、主人公が宇宙飛行士を目指してJAXAの試験を受けるお話です。綿密に下調べをしているんでしょう、宇宙飛行士の試験内容も丁寧に描いてて、興味深かったです。そして、外せない説明が、宇宙飛行士と宇宙をテーマにしつつ、最高のヒューマン映画だ、という点です。主人公であるサラリーマン六太(ムッタ)は、一見情けないおじさん(お兄さん?)ですが、実は人間がめちゃくちゃできています。クレヨンしんちゃんの野原ひろしが好きならば、ムッタを応援してしまう事は間違いないでしょう。諦めていた夢・宇宙飛行士への憧れ、優秀で自身の夢へ真っすぐな弟への劣等感…重たくなりそうなシーンも、ムッタの人間性のせいか、そこまで深刻には感じませんでした。誠実で真面目で、でも情けなかったり見栄っ張りな所もあって、とても共感できる部分を多く持つ、応援したくなる人物です。小栗旬の演技力に乾杯!
主人公以外の登場人物たちもとても魅力的です。同じ試験を受けるライバルたちは、一癖二癖あって嫌味な奴もいるけれど、映画を見終えたあとは全員の事を好きになっていました。タイトルが『宇宙兄弟』なだけあって、兄と弟の関係性も、兄弟愛、というにはしっくりきませんが…男兄弟の距離感ってこういうものなんですかね。何故かお互いに格好つけてみせたり、ぎこちなかったり、でも根っこの部分では信頼し合ってる、見てて微笑ましい兄弟でした。何はともあれ、岡田将生演じる弟・日々人に惚れない女はいないでしょう。
この映画の中には、楽しく自分らしく生きていくためには、というヒントがたくさん散りばめられています。けして説教くさくはなくて、原作同様、随所にクスリと笑ってしまうシーンが多く、気軽に見やすいと思います。そして見終わったあとの多幸感、充実感がとても良いです。あ〜〜いい映画見れた〜〜!!って感じです。


------------------
映画『宇宙兄弟』を見てハマり、原作漫画も読みましたが、漫画を読んで映画のラストシーンを再び見ると、ちょっと泣きました。原作は現在も連載中で、劇中のメインで描かれていた兄・ムッタの宇宙飛行士採用試験からさらに進み、宇宙へ行った後の弟の苦難や葛藤に焦点が当たることになります。胸が苦しくなる展開です。その状態を踏まえた上で、多くのファンが熱望している最終話の形の一つが、映画のあのラストではないかと思います。
宇宙兄弟を映画化してくれたこと、本当に感謝しています。漫画の実写化は必ずしも悪ではないと、この映画を見て感じました
原作好き。尺の都合上はしょられてた箇所があったのは残念。
子供から大人まであんまり何にも考えずに楽しめる作品。
原作の内容を簡単に描きすぎている部分が始終気になる。(特にラストシーン)
しかし、ムッタとヒビトのキャスティングが良かったので、原作ファンである私もすんなり入り込めた。
ラストシーンのワクワクする感じはたまらない。
内容全てが自分にとって非現実的かつスケールがでかすぎてなぁ…
とどこ

とどこの感想・評価

3.9
すっかり森義隆監督ファンになってしまった。
男二人の嫌味じゃない、爽やかな関係を描くのがめちゃくちゃ上手い。
好きだ~。
Rin

Rinの感想・評価

4.0
宇宙への夢!原作知らないけど弟が宇宙飛行士になる展開が早すぎて驚いた。アメリカのシーンが良かった。
stalkaway

stalkawayの感想・評価

1.5
井上芳雄さん目当てで鑑賞。原作&アニメに夢中になってたせいか、映画版は尺の都合でストーリーが色々と端折られすぎてて△。ただ、芳雄さんのプリケツが見れるのは宇宙兄弟だけだとおもう(笑)
MizuKi

MizuKiの感想・評価

3.3
ストーリーは詰め込みすぎてちょっと駆け足で残念

でも夢があるし、NASA協力・CGフル活用の映像もすごい
こんな兄弟いいなぁ、と思った
>|