kazu1961

赤ひげのkazu1961のレビュー・感想・評価

赤ひげ(1965年製作の映画)
4.4
「赤ひげ」
1965/4/3公開 日本作品 2017-170
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング24位 再鑑賞

人間愛バンザイ!!
決して社会に対する怒りを忘れない老医師の赤ひげと、長崎帰りの若い医師・保本登との師弟の物語を通して、成長していく若い医師と貧しい暮らしの中で生きる人々の温かい人間愛を見事に描いていますね。特に後半のおとよの演技が素晴らしく、表情がどんどん変わっていくのが凄いですね!
井戸のシーンは胸がいっぱいになります。そして違う意味ですが大女優杉村春子が大根で殴られるシーンは衝撃です(笑)
本作は三船敏郎にとって最後の黒澤映画となり、黒澤監督にとっても最後の「モノクロ映画作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となりました。徹底的にリアリティを追求してるのも納得ですね。
「モノクロ作品」なのに三船敏郎が髭を赤く染めたエピソードも有名です。
本当に人間臭く良い作品です!!

監督は黒澤明。主な出演は三船敏郎、加山雄三。原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」で、江戸時代後期の享保の改革で徳川幕府が設立した小石川養生所を舞台に、そこに集まった貧しく病む者とそこで懸命に治療する医者との交流を描く。また後半のおとよの物語はドストエフスキーの「虐げられた人びと」をベースにしている。