恋は異なもの味なものの作品情報・感想・評価

「恋は異なもの味なもの」に投稿された感想・評価

寄席が舞台の内容で、誰よりもドライで現代的な主人公が 、最後はきっちり「人情噺」の中心となる落語的メタ構造が抜群。@ラピュタ阿佐ヶ谷