ザ・ハース/生贄の町の作品情報・感想・評価

「ザ・ハース/生贄の町」に投稿された感想・評価

メインテーマであるピアノの旋律がとても素敵ですが、全体的にとても地味です。でもこういうレトロな怪奇映画好きなので、観てガッカリとかそういう印象は無かったです。
西洋の霊柩車のフロントって鉄仮面みたいでカッコいいなw

このレビューはネタバレを含みます

夫との離婚など度重なる不運に見舞われ
精神を病んでしまったジェーン。
療養を兼ね伯母が残した屋敷に訪れるものの
田舎町の人々は彼女を毛嫌いし受け入れようとはしない。
そんな彼女の不安を煽るかのように不気味な霊柩車が付き纏うようになる…



☆ --------------------- ☆




          ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓




屋敷に現れる叔母の亡霊
金物屋ポールが襲われる時のブレたような静画のショットや
ベッドの隣に現れる霊柩車の運転手
主人公が逃げる場所に次々と現れる運転手の姿には失笑。
主人公の幸薄そうな地味な感じが活かされなくて勿体ない…
上手く言えないけど露骨すぎて恐怖は感じなかったかも。
(別タイトル:ザ・ハース 霊柩車)
ホラーというよりオカルトと言った方がしっくりくる感じです。この当時でもかなり古い霊柩車が不気味。
獅子王

獅子王の感想・評価

2.8
離婚のせいで情緒不安定になった女性が心機一転、亡くなった伯母さんの家を相続して田舎暮らしを始めようってお話なんですが、その家が呪われてるんですって映画。

これは、オカルトな部分が弱いんですけど、村八分的なよそ者イジメで彼女が追い詰められるトコロが面白いですね。で、家で怪奇現象が起きても、アンタ、精神病院に通ってたっていうじゃないと、孤立無援なトコロもお話を盛り上げてくれますね。

ま、でも、かなり地味。あははっ