L.A.マフィア戦争/大殺戮の作品情報・感想・評価

「L.A.マフィア戦争/大殺戮」に投稿された感想・評価

今や「スリザー」や「ガーディアンズオブギャラクシー」で有名なマイケルルーカーとVシネマとハリウッドを行き来していた石橋凌のコンビが大暴れするB級アクション映画

"L.A.マフィア戦争 大殺戮"のタイトルから漂う不穏な空気、しかしコレがまた滅茶苦茶面白い

"日本からLAへやって来たマフィアに追われるヤクザが元刑事と組み戦いを挑む"というストーリー

端的に言うと「ダイハード3」と「リーサルウェポン」を安く仕上げた感じ

元々東映Vアメリカシリーズの1本なので"早い、安い、面白い"の三拍子が揃っている

随所で描かれるコミカルな演出が良いアクセント

2人の息ピッタリな攻防戦は「L.A.コンフィデンシャル」を彷彿とさせるし"爆弾を巻いた強盗犯が手に持った自爆スイッチを包丁で切り落とし店外に脱出して起爆"という「ハンコック」の元ネタ的シーンもある

これは掘り出し物