特攻戦闘機中隊の作品情報・感想・評価

「特攻戦闘機中隊」に投稿された感想・評価

アノ

アノの感想・評価

3.3
ガンカメラを交えて行われる陸地への攻撃映像が面白い。
こんだけ一方的に味方側の戦闘機が撃ちまくる(と言っても度々撃墜されるのだが)画も中々ないのでは。

しかしこのパーフェクトコレクションに入ってる映画は人物が弱い作品が多いな…。
イワシ

イワシの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーかと思うほど、ガンカメラで撮影された資料映像の多用が売りの作品なのだが、純粋に劇的効果のためだけに都市爆撃の映像が連続するクライマックスはかなり異様。主人公であるエドモンド・オブライエンの生死を、暗示すらなくほっぽって終わらせるのもびっくりした。

ガンカメラの映像という、当時の観客はおそらく見慣れていないだろう映像がどんなものかわかりやすく提示するために、劇場を模した映写室でエドモンド・オブライエンの戦闘を上官が検討するシーンがあって、ここはけっこう面白かった。
怒MANI

怒MANIの感想・評価

2.5
 序盤の資料映像を駆使した空中戦がよくわかんなくて不安だったんだけど、それ以前の問題というか、いやー華がないっすね。地味とかそういうんじゃない、もうほんと華がない。

 ロック・ハドソンのデビュー作らしい。どこ?