1948年製作のおすすめ映画 320作品

1948年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ヴィットリオ・デ・シーカ監督の自転車泥棒や、フレッド・アステアが出演するイースター・パレード、ヒット・パレードなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

この映画を観るまで、イタリアはどこのレストランでもピザが出てくるもんだと思っていました。 普通のレストランでは専用の…

>>続きを読む

仕事道具の自転車を盗まれた男が、盗まれた自転車を探して町中を駆け回るという話。戦後イタリアにおける労働者の姿をリアルに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

〜2018年オスカーを巡る旅路🇺🇸③〜 『イースターパレード』 1948年 作曲賞 煌びやかな華に満ちた傑作ミュー…

>>続きを読む

冒頭のおもちゃ屋さんでのミュージカルシーンからテンションMAX♪ もう最高~(*´∀`*) ……って思ったんだけど、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1941年のハワード・ホークス監督作『教授と美女』の、監督ご本人によるリメイク。主演はゲイリー・クーパーからダニー・ケ…

>>続きを読む

ある音楽財団で音楽史の出版をしようとしていたフリスビー教授(ダニー・ケイ)達は長い間編集に明け暮れていた。 ある日窓…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ハムレット」 原題「Hamlet」 1949/9/10公開 イギリス作品 2017-247 アカデミー賞作品賞再鑑賞…

>>続きを読む

最も悲劇という言葉が似合う、悲劇映画。有名な作品なので内容はある程度知っているつもりだったが、思っていたのと少し違った…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画に登場する牛さんたちを観ると、思わずビーフが恋しくなる。 戦前の「駅馬車」、戦後の「赤い河」。この2本が西部…

>>続きを読む

すばらしい! おもしろい! ハワードホークス監督、ジョンウェイン主演の西部劇で、9000匹くらいの牛をテキサスからミズ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

話の行く先は序盤のうちに示されちゃう。そこからの90分もかけてのスンナリすぎた予定調和を、慶(よろこ)んであげるのはム…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マーティン・スコセッシが2年以上の歳月をかけてリマスターしたものを、Blu-rayで見た。青と緑と赤からなるオリジナル…

>>続きを読む

アンデルセン童話の「赤い靴」を基にした舞台でデビューしたバレリーナのヴィクトリアは、同じ舞台の音楽監督に抜擢された若…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

密室劇で描く倒叙物の原点。 ヒッチコック監督の剛速球が冴える逸品でした。監督後期作品ばかり観ていたので“キレのある変…

>>続きを読む

1948年、ヒッチコック監督作。 実際に起きた殺人事件を題材にしたパトリック・ハミルトンの戯曲“Rope's end”…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黒澤、半端ないって もぅ! あいつ半端ないって! 日本映画の傑作めっちゃ生み出すもん! あんなんできひんやん普通!! …

>>続きを読む

「我ながら時々考えるね。俺は天使みたいなもんだって」 痺れる…って、黒澤さんの作品を観るたびに思っちゃいます。だ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本作は、『マルタの鷹』『カサブランカ』に次いでハンフリー・ボガートを売り出す作品としてはかなり小汚い作品であり、ここで…

>>続きを読む

【黄金に取り憑かれた男たち】 1925年メキシコ。2人のアメリカ人ダブズとカーティンは、その日暮らしの生活を送っていた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【継承】 神様ジョン・フォードが描く「騎兵隊三部作」の第1章。 失策により、階級を落とされたサースデイはアパッチ族…

>>続きを読む

ジョン・フォード監督。ヘンリー・フォンダとジョン・ウェインの共演ともなれば、期待値はマックスに(笑)。 しかし、この…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

若干のハラハラ・ドキドキ そして、確かに気味の悪いシーンもありましたが、展開にもう一捻りほしかったかなぁ? と感じてし…

>>続きを読む

一目惚れした男と結婚したけど一緒に暮らすにつれ不信感を募らせる女、というヒッチコック的題材だけど映像を見るとやはりラン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

女に寄り添う溝口作品が好きなんだなぁと改めて思った。 戦後の混乱に堕ちていく女たち。 これでもかと冷たく描くのに、少…

>>続きを読む

「善い所ってものは大体面白くないもんや、そこを我慢すれば段々面白くなる」 田中絹代の変貌ぶりが天晴過ぎて、絹代名演ラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[解説] 何度も映画化されたピーター・B・カインの原作小説を、ジョン・フォード監督が映画化。赤ん坊を託された3人の無法…

>>続きを読む

2017.10.30 U-NEXT 核となる展開は結構悲惨であるが、宗教的にはそれも救いとなるのか。『東京ゴッドファ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

緑は春の色、希望に溢れた色 1948年製作、ファンタジー反戦映画。 これは誰もが観るべき傑作だと思います。 …

>>続きを読む

語り手としての危うさの子供・ 朝起きたら髪が緑色になっていて伝染病まがいのひどい扱いを受ける云々、、、という物語が、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「この子たちに心当たりはありませんか?」 鮮度も深度も桁違いな昭和22年、戦争の爪痕著しい敗戦国日本でその日その日を…

>>続きを読む

フラハティのように映像それ自体で感動させる映画監督、日本には清水宏がいたということを再認識させられる傑作だった。 演…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリア北部では、各地から集まった多くの女性が列車に乗って水田に出稼ぎに向かっている。そして、そこにお尋ね者のカップ…

>>続きを読む

タイトルの渋さからネオレアリズモの鬱映画かと思って長いこと躊躇していたのだが、シルヴァーナ・マンガーノの豊かな太股に勇…

>>続きを読む

彼らはフェリーに間に合った

製作国:

上映時間:

11分
4.0

おすすめの感想・評価

怖い!怖い!怖い‼︎ スピード出し過ぎだよ… バイクに乗った男女… 2人の関係は…「何?」… 車も荷馬車も抜いてい…

>>続きを読む

スピルバーグの「激突!」の元ネタ?マジか?何やら話題らしいので観てみた。 スピード感が半端じゃない。カッティングがな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

偶然、混線した電話で誰だか分からない女性を殺害しようとしている男たちの会話を聞いてしまったレオナ。 殺されるのは誰?…

>>続きを読む

心臓病で寝たきりの夫人がベットの上で取る様々な電話の内容が徐々につながり、自分を殺すための計画があることを疑うようにな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

連投すみませんでした、これで最後です。 年末鑑賞のラストを飾るのは、 敬愛する女優 マレーネ・ディートリッヒ出演、ビリ…

>>続きを読む

「シーーーッ!」 偉大なるマレーネ・ディートリヒ。 ナイトクラブの客を黙らせてから歌い始めるシーンが強烈に格好良い…

>>続きを読む
>|