1948年製作のおすすめ映画 319作品

1948年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、アルフレッド・ヒッチコック監督のロープや、ジョン・ウェインが出演する赤い河、彼らはフェリーに間に合ったなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

まるで、1本のロープのように、ほぼ1カットで作られた今作。もうヒッチコックのことだから、毎回楽しい。 役者たちの演技…

>>続きを読む

【善悪正誤の表裏性を結ぶ一本のロープ】 彼らはニーチェなのか、ヒトラーなのか、「才能があれば殺人も芸術になし得る」と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

STAMPEEEEEDE! 南北戦争終結後、テキサスでは買い手がつかない飼牛9000頭をミズーリへ移動(キャトル・ドラ…

>>続きを読む

本日5月30日はハワード・ホークス監督の生誕121周年! 本作はホークスが初めて手掛けた西部劇でもあり、 またジョン…

>>続きを読む

彼らはフェリーに間に合った

製作国:

上映時間:

11分
4.0

おすすめの感想・評価

スピルバーグの「激突!」の元ネタ?マジか?何やら話題らしいので観てみた。 スピード感が半端じゃない。カッティングがな…

>>続きを読む

「急がば回れ」映画。11分間バイクでほぼ疾走するだけの短編だが、木立やメーターを使いスピード感の表現として素晴らしい出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

息子命。息子大好き。 その息子もお母さん大好き。チュッチュ。 息子、夫、姉と4人暮らしをするイヴォンヌは、ある日…

>>続きを読む

コクトーが自身の戯曲を映画にした作品だけど、戯曲としては悪くないものの演出にそこまで秀でた点が無かったせいで、ジャン・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

舞台は第二次世界対戦で敗戦したイタリア。 戦後の不況で 皆、貧困生活を送っており、働きたいのに仕事がなく、仕事を求め…

>>続きを読む

気が付けばお父さんとブルーノと俺の3人で一緒に泣いていた。 お父さんは仕事がしたかった。仕事をして、お金を稼いで、お…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アンデルセンの同名童話をモチーフにした、バレリーナの悲劇。 厳格な独裁者・レルモントフ率いる、名門バレエ団に入団した…

>>続きを読む

バレエを映画でやるとして、最も魅力的な方法を追求したバレエ映画の金字塔。 天才バレエ演出家のレルモントフ(アントン・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

〜2018年オスカーを巡る旅路🇺🇸③〜 『イースターパレード』 1948年 作曲賞 煌びやかな華に満ちた傑作ミュー…

>>続きを読む

冒頭のおもちゃ屋さんでのミュージカルシーンからテンションMAX♪ もう最高~(*´∀`*) ……って思ったんだけど、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

志村喬の天使をクリスマスに。 戦後、都内の町中にはまだメタンガスを噴出する汚い水溜まりがあり市民はそこにまだゴミを廃…

>>続きを読む

 黒澤明監督「戦後四部作」の二作目であるこの『酔いどれ天使』は、アル中の医者と結核菌を抱えたヤクザとの奇妙な友情、そし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ハムレット」 原題「Hamlet」 1949/9/10公開 イギリス作品 2017-247 アカデミー賞作品賞再鑑賞…

>>続きを読む

最も悲劇という言葉が似合う、悲劇映画。有名な作品なので内容はある程度知っているつもりだったが、思っていたのと少し違った…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

7人のおじいちゃま教授達と一緒に住み込みで音楽史編集をしているとってもピュアなフリスビー教授。そこにギャングの情婦ハニ…

>>続きを読む

みなぎる音楽のパワー。 個人企画、秋のミュージカルまつり第6弾。 これ、ミュージカルじゃないかもしれない(←おい)。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【黄金に取り憑かれた男たち】 1925年メキシコ。2人のアメリカ人ダブズとカーティンは、その日暮らしの生活を送っていた…

>>続きを読む

食いつめた先の、メキシコの安宿で知り合った3人の男。 一攫千金を求めて、鉱山へと入っていく…。 最初は協力して、順調…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「戦火のかなた」のロッセリーニ監督作品。 厳しい現実をそのまま描き出す「ネオリアリズモ」 現実を誇張や劇的な演出を避け…

>>続きを読む

エゲツないわ… 『禁じられた遊び』での後味と比べたら余韻なんてありません、”残酷”です正に。 相当監督自身の体験が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 シチリア島にある小さな漁村アーチ・トレッツァの朝は早い。漁師たちは日の出前、朝4時頃に海へ出て行く。漁師の男たちの生…

>>続きを読む

ルキノ・ヴィスコンティが監督を務める「揺れる大地」 シチリア島を舞台に仲買人に搾取される労働者たち。それに刃向かい独…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ニコラス・レイ監督作品! 生まれ落ちてきてから、自分の生い立ち、状況を分析していかに絶望的であろうと普通の幸せを願い…

>>続きを読む

自分のいる世界に居場所がない青年と娘が出会ってしまって、さらに二人がボウイとキーチという名前を持つとなれば、彼らの運…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「女に一体何が出来るっていうの?」 このセリフにこの時代女でいることの生きづらさが集約されてる。 戦争に行ったきりま…

>>続きを読む

田中絹代が戦役から帰らぬ夫を待つ一児の母を演じる、というところが溝口『夜の女たち』と丸かぶりで公開年も一緒。小津監督は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「この手紙が着く頃には私はもうこの世にいないでしょう…」 1900年のウィーン。ある男から決闘を申し込まれた元ピアニ…

>>続きを読む

決闘を申し込まれて夜逃げしようとしている情けない男の元にリーザという見知らぬ女性から一通の手紙が届いた📩 「これを読…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【継承】 神様ジョン・フォードが描く「騎兵隊三部作」の第1章。 失策により、階級を落とされたサースデイはアパッチ族…

>>続きを読む

【騎馬隊第1作目】 ジョン・フォード監督の騎馬隊三部作の第1作目。 彼の描く荒野の風景や舞台シーンは西部劇そのものを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

溝口健二監督作品🎥 焼野原の風景が残った戦後の大阪で、金に困っている和子(田中絹代)は収容所での夫の死亡を知らされ、…

>>続きを読む

女に寄り添う溝口作品が好きなんだなぁと改めて思った。 戦後の混乱に堕ちていく女たち。 これでもかと冷たく描くのに、少…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一目惚れした男と結婚したけど一緒に暮らすにつれ不信感を募らせる女、というヒッチコック的題材だけど映像を見るとやはりラン…

>>続きを読む

他人に閉ざされた心の闇を「扉」そのもので表す。ヒッチコック的な「実は夫はヤバい奴なんじゃ…」系統の話だが、脚本の不出来…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[解説] 何度も映画化されたピーター・B・カインの原作小説を、ジョン・フォード監督が映画化。赤ん坊を託された3人の無法…

>>続きを読む

2017.10.30 U-NEXT 核となる展開は結構悲惨であるが、宗教的にはそれも救いとなるのか。『東京ゴッドファ…

>>続きを読む
>|