ネバダ・バイオレンスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ネバダ・バイオレンス2009年製作の映画)

BLOOD RIVER

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

2.9

「ネバダ・バイオレンス」に投稿された感想・評価

タイトルとパッケージから、勝手にエログロバイオレンス映画かと思ったが全く違った
当然だがパッケージのようなシーンはない
謎のまま終わる部分、煮え切らない部分が非常に多かった
夫はなぜ義理の息子を殺したのか、それを断罪しに来た?ジョセフは何者なのか
夫婦共にジョセフに色々と質問しますが、そのどれにもジョセフはのらりくらりと抽象的な事を言ってこたえないし、しまいには夫も妻の質問に「答えられないんだ!」です
なんで???男の正体について、もっと直接的な表現があれば個人的には納得できたが…
本気で天使?なの??
kaspar

kasparの感想・評価

3.3
以前から観たいなと思ってたアダムメイソン監督作品を初鑑賞、、、
しまった、見る作品を間違えたか!?
あっち系やんこれ(ネタバレになるので書きません)
悪魔の椅子から観るべきやったかも!?
まあ、つまらなくはないです。
映画としてしっかり作られてるので、そんなに飽きることもなく最後まで観ることができます。
んが、んが、物語が中盤からかなり怪しい方向に動き出し、あっち系の話になっていくので、なんでもありでどうでも良い感がハンパなくなっていきます。
ほんとこれ系は気まぐれ感がハンパないんすよね、

何がしたいねん!?
それが〇〇の〇〇なのだ!

、、、はあ、そうですか
、、、納得しました。

って、なるわけないやろ!