微笑/ほほえみの作品情報・感想・評価

微笑/ほほえみ2003年製作の映画)

미소/A SMILE

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

2.7

「微笑/ほほえみ」に投稿された感想・評価

Narmy

Narmyの感想・評価

2.9
ストーリーとオープニングクレジットが合わさり、あれ?となりながらはじまる。

カメラマンのソジュンはチューブラー・ビジョン(網膜色素変性症)と診断される。
これは視野が狭くなっていく病気で大体は失明するといわれる今のところ治療法のない病気。
科学者である恋人とのアメリカ留学も控えていたのに、苛立ちと恐怖から抑えられない思いがふきだしていく、、

はじめは視野がせまくなっていくとともに、自分自身の考え方や行動範囲もせまくなっていくソジュン。
その後病気が進行した場合を想定し、なんとか道を切り開こうとするんだけど、素直でないだけになかなかうまくいかない。

途中、葬儀のシーンがあったり、韓国の田舎のほうの風習だったりが垣間見れるのはかなり興味深い。
丘のようなところに丸く盛り上がった土。
韓国ドラマをみていていつも気になっていたんだけど、そのまま埋葬しているのか、、(戸籍も日本とそっくり👀)

全体としてはシャッターをきるようなぶつ切りな撮り方が印象的。
ほぼ全編暗くてどこかやさぐれたような雰囲気。
未来明るい若者という印象が病気を差し引いても全くしないな~。
ただ、難しそうな研究が出てきたと思えば弥勒菩薩もでてきたりで隠されたメッセージは多いのかなという感じ。

言葉も少なく主人公の行動や思いはこちら側で推し量るしかないんだけど、共感はできなくてもなんとなく理解はできる。
殻に閉じこもる主人公がどんな未来を選択するのか、、
周りの影響は受けつつも最終的な自分の気持ちの揺れは自分でしか決着はできない。
蟲パン

蟲パンの感想・評価

3.0
韓国映画で仏教からみのものってけっこうおもしろいかも、という最近の感想。
さくっと見たけど、「牛と旅するー」に通ずるような... 監督は、イムスルレの助監していたらしいというのを読んで見たわけなので、期待通りな感じだった。
慶州の古墳が出てきたりして驚いたけども、やはりこういう雰囲気なんだなという感じでそれも納得。自分は波長の合う映画で、自然に見られた。
写真、恋、家族、歌、星、科学やロマン、宇宙、慶州、古墳、飛行機、いやはや私の好きなものばかりで、あまりに普通に受け止めちゃった。とにかく穏やかな映画と思ったけど、要素は多いし見る人がみればドラマチックなのかな?
タイプじゃない人はわけわからん1本だと思う。

内容は、こういう映画って言葉にできないから映画なんであって、それこそ映像の物語の力というか。思考に何かが残るわけじゃないけど、もっと気づかない奥になんか残ってる。こういうのを見たときに、映画が好きでよかったな〜と、ぽかーんと思う。