JAZZ爺MENの作品情報・感想・評価

「JAZZ爺MEN」に投稿された感想・評価

青二歳

青二歳の感想・評価

3.1
埼玉県民必見・地域創生低予算ムービー。スウィングガールズ高齢者バージョン実話系。本庄の商工会議所が町おこしと市民JAZZバンド結成を呼びかけるも集まったのは素人ばかり..清水章吾(本庄在)に加えザ・スパイダースの井上順という!上がる期待値!井上順…思う以上にかわいかった…さすが元アイドルヽ(´∀`)ノ
映画というかTVドラマみたいなんですが、とにかくジジババが元気になっていって楽しいです(人数は少ないので盛り上がりに欠けますが)。観てるうちにハゲ頭河原さぶを筆頭に柔軟になれない年寄りたちを応援してあげたくなります。"茶色の小瓶"のたどたどしさも、上田耕一がきゅうり採りながら鼻歌うたうところも可愛い。
ただ井上順いるんだし出来れば本人たちの演奏が良かった…ライブシーンはプロの音源差し替えです…スウィングガールズ級の盛り上がりは期待しないように…いや良いラストですよ!

ちょっと本庄…住んでみたい候補に挙がりました…きれい。きゅうり好物だし。埼玉県民必見と書きましたが…埼玉は地域差があるので今後は市の単位でもっと映画作られるかもしれませんねー
埼玉県本庄市町おこしのために、予算500万円程度で創られた映画。
劇場公開が、2011年10月の終わり、ちょうど3年前、日本列島は、東日本大震災による悲惨のどん底にあえいでいた。
そんな中でのこの映画は、観る者に、生きること、生きていることの喜びと勇気を与えてくれる一編であった。
楽器を手にしたこともない爺さん婆さんを公募で集め、ジャズ・コンボを結成する。筋書きは、わかりきっている。その過程と、俳優陣の熱演とに目を向けよ。ハリウッド映画、なにするものぞ。
クランクアップ、清水章吾はじめ、感激で涙がとまらなかったそうだ。

DVDレンタルしてる? してないだろー? いま、どこで、どうやって、観ることできるのだろうか。
スウィング・ガールの高齢者版。
老人ホームで上映する為に制作されたのかな?
「様々な困難あって練習して発表する」系。
和を乱す無頼の窘(たしな)め方が良い。作中の、キュウリのどら焼き「どらQ」たべてみたいかも。