バーニー/BURN-Eの作品情報・感想・評価

バーニー/BURN-E2008年製作の映画)

BURN-E

製作国:

上映時間:8分

3.4

「バーニー/BURN-E」に投稿された感想・評価

Haruki

Harukiの感想・評価

3.6
「ウォーリー」のサイドストーリー。

メインのストーリーと重なりながら、バカバカしくも健気なバーニーの姿が描かれる。

ウォーリーよりも身近で感情移入しやすいキャラクター。
Yoshishun

Yoshishunの感想・評価

3.7
ピクサーの傑作『ウォーリー』で、人ならぬロボ知れず苦労していた、とあるロボットを描いた短編。

本編とリンクする形で災難に見舞われる姿が面白い。
カモメ

カモメの感想・評価

3.6
『ウォーリー』の番外編。修理ロボット君の苦悩を描いた短編作品。

宇宙船の修理をするロボット。
しかし予想外のお客さんが現れ……。

働き者のロボットってなんでこんなにかわいいんでしょう。
ウォーリー達に仕事の邪魔をされ、肩をがっくり落としていじけた姿も最高にかわいい。
【お仕事、お仕事】

※[バーニー]がこんな風に喋ってるんだなぁと、想像しながら書きました。お付き合い下さい↓


さぁ、お仕事、お仕事!

今日は、船の外にある照明の点検だ。

さぁ、道具は全部持ったから、急げ!

さぁて、始めるぞぉ!

古いのをバーナーで外して、新しいのを取り付けるっと。

お!イヴを乗せた船が帰ってきたなぁ。
あれ?上に何か乗ってる…。まぁ、手を振ってるから、振っとくかぁ。

オーイ。なんだったんだろう…。アイツ。ちょっと汚いし…。まぁ、いっか。仕事仕事ーって!

あー!照明がぁ!

また、やり直しだぁ…(泣)。


…といった感じで、修理ロボットのバーニーが、ウォーリーとイヴが引き起こす事件の裏側で、なにが[起きていたか?]といった物を描いている作品で、これと言った大きな展開と言うものは無いのだが、バーニーが思ってたほど、[ドジ]だったり、ウォーリーのシーンと重ね合わせて観る事が出来るので、[応用編]として観れるのが、魅力である。


バーニーのドジっぷりが、尚も愛しく、その先を知りたくなる、楽しい短編でありました…。

尚、ウォーリーでは、様々なロボットが出てきますが、皆[個性的]で、楽しいし、感動もある作品です。ぜひ、御覧下さい!
杜口

杜口の感想・評価

3.3
本編に隠れた1人のロボット。そのスラップスティックなコメディ。

ウォーリーと変わらずロボットが単純な仕事を遂行しようとして、画面を動きまくり最後まで駆け抜ける。
躍動するCGを眺めてるだけで楽しい!
mebu

mebuの感想・評価

3.5
可愛い!
閉め出された後がめっちゃいい!
ウォーリーとちゃんと繋がってるところがまたね。
m

mの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

ウォーリーの内容をあまり覚えてなかったまま見てしまったけど、同じ時間に起きてるってことだよね?

目と動きだけであの子の感情がわかるのすんげぇな
食パン

食パンの感想・評価

2.0
『ウォーリー』の短編。ストーリーは分からなかったけど、世界観と『2001年 宇宙の旅』のパロディが良かった。
ウォーリーのスピンオフ短編作品だそうで。
あまり記憶には残らないが、たまの息抜きにはいい感じ。
Junpei

Junpeiの感想・評価

4.0
ウォーリーのストーリーと同時進行で進んでいたストーリーの短編。
バーニーのフィギュア欲しいなぁ。
>|