チャレンジャー号 73秒の真実の作品情報・感想・評価

「チャレンジャー号 73秒の真実」に投稿された感想・評価

sakolista

sakolistaの感想・評価

3.5
周りがクソな中で流されずに淡々とやっていくのは常人には難しいんだよなあ。
Hal

Halの感想・評価

3.5
1986年スペースシャトルチャレンジャー号喪失事故の真実を解明した物理学者の話。
全体として駆け引きやドラマによる緊張感はさしてありません。
しかし、宇宙を目指すことに対する困難さと、それに対する危機管理の重大さを伝えるのが目的でしょう。
詳細な技術的な解説等はありませんので、見る前にwikiあたり見てみると良いです。

この事故解明の後、管理体制が見直され、スペースシャトルは厳重な管理のもと飛び続けていると多くの人が信じていました。
しかしながらNASAの体質は根本的には変わず、危機管理の甘さから2003年にはコロンビア号までも失われる事態を招きました。
スペースシャトルの廃止を大きく進める事故となり、2015年現在、スペースシャトルはすでに廃止、次期カプセル型宇宙船オリオンを開発しています。
今後の宇宙開発躍進のためにも、しっかりとした管理体制をとっていることを願います。
組織の小さな綻びが
積もって繋がって
あの事故を起こした。
この作品が世に出るのを許可したアメリカは立派だと思う。