滝和也

ルパン三世 燃えよ斬鉄剣の滝和也のレビュー・感想・評価

ルパン三世 燃えよ斬鉄剣(1994年製作の映画)
3.5
斬鉄剣
世に切れぬものはなし…

とは言え、マル金金庫、
マモーの用心棒のベスト
コンニャクと(笑)
そしてまたひとつ…。

「ルパン三世 燃えよ斬鉄剣」

山田康雄さんの遺作にして、TVスペシャル歴代最高視聴率を叩き出した作品。タイトルを見ての通り、五ェ門主役回です。TV放映の斬鉄剣に端を発するストーリーは、笑えるもの(コンニャク回空飛ぶ斬鉄剣)やクールなもの(ナミと刀匠の回)など多彩で五ェ門回の定番。今作は泣ける回でございました(^^)

燃えよとついたからには当然敵は香港マフィア、それと組む風魔忍者軍団が敵となります。タイタニックが沈んだことにより、ルパン一世が盗めなかった龍の置物を巡る敵とルパンらと五ェ門の争奪戦を描きます。五ェ門の一統が守っていたお宝の秘密は如何に、そして登場するヒロイン、桔梗と五ェ門の関係は…。

忍者と侍は相性が良いのでアクションはオープニングから楽しいですよね。またお宝争奪戦は二転三転しやすいので、盛り上がりますし。五ェ門のキャラははっきりしているので、女性が絡むとストーリーも作りやすいですからね(笑) またヒロイン桔梗のキャラが生きてましたから、そんなに悪くない…後味は良くないんだけど…。

斬鉄剣は五ェ門が持ってこそ無双すると言う定番ではありますが、ラスボスはそれが生きてますし、結構好きです。カッコイイですからね。

絵柄はファーストをかなり意識していて一番近い気がします。そこもハードな展開にあってますから、気に入ってます。

山田康雄さんの遺作となったのは、皮肉ですが、それも致し方ないようです。声に衰えを感じさせないのは流石ですが、既に車椅子だったらしいですから…(T_T) この放映直後の予告で確か、映画化決定が出て嬉しかった記憶があります…。

原作者モンキー・パンチさんが亡くなり、初代山田康雄さんはすでに亡く…五ェ門、不二子は声優さんが交代しても作品は続いていきます。偉大なるアクション、サスペンス、コメディとエンタメの全てが詰まった傑作漫画ルパン三世。いつまでも続いて欲しいものです(^^)