あーさん

セッションのあーさんのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
3.9
やっと観れた!
新しいものにチャレンジ第3弾、
慌ただしい師走にDVDにて鑑賞。

アンドリューはジャズプレイヤーを目指しドラムを専攻する名門音楽学校の一年生。J.K.シモンズ演じる、見るからにストイックな鬼教師フレッチャーは彼の才能を見い出し、独自のやり方で育てようとするが…。
だんだん度を越していくパワハラまがい、狂気じみた指導がトラウマになりそう!頭一つ抜きん出たプレイヤーになるにはこれほどの厳しさが必要なのか?…とラスト10分を観るまで思っていた。
音を楽しむことが音楽と思っている自分にとってはかなりの緊張を強いられる長い時間。。
しかしその後に全てを帳消しにする展開、押さえつけられているだけの存在ではないとアンドリューが自分の殻を破る瞬間、そして素晴らしい超絶ドラムさばきには胸が熱くなり、自然と涙が溢れていた。簡単に手に入らないものをようやく手にした時、それまでの辛く厳しく険しい日々が見事に洗い流される。父を、フレッチャーを乗り越え大人の男としてしっかりと自分の足で立つアンドリューに惜しみない拍手を送りたい!!と思えた。何かを手にしたいと思っている男子、観るべき!

しかし最後まで観るのにとても体力・気力のいる映画。
良い大人が指導とはいえ教師らしからぬスラング連呼、怒声、暴力、プライバシーの欠片もない出自や家族の悪口には正直かなり閉口。。
人権感覚が麻痺しそうだった。