あーさんさんの映画レビュー・感想・評価

あーさん

あーさん

Filmarks4年生(2015年生)。
思うところあり、スコアは無しに。

人生や未知のものとの出会いを求めて、映画を観ています。同じテイストの方と繋がれたら嬉しいです!

タイムライン、追いつかないのでフォローできないこともあります。ごめんなさい!

プロフィール画は尊敬する矢野顕子さん♡
60歳を過ぎてもこんな風にイイ男を両脇にはべらかしたいものです笑

2015.8.27〜

映画(303)
ドラマ(0)

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アマルコルド=私は覚えている

綿毛 舞えば 冬の終わり
レンガ職人
夫婦喧嘩がエスカレート
お祭り 魔女
テオ叔父さん、降りてこない
ファシスト党 ムッソリーニ
豪華客船レックス号に涙する
学校の
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

思った以上にグイグイ来る作品だった!
桐島、部活やめるってよ、に続いて朝井リョウの原作は既読。
この人の観察眼、ほんとすごいな。

スコアはつけない主義だけど、Filmarksでの評価が何故か低めなの
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

-

元々観たかったのだけれど、きっかけは少し前にサカナクションのライブに行ったから。
今作の音楽、主題歌を手掛けていて…
でもサカナクションの話になると必要以上に長くなるので、それはさておき。

大根監督
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!シリーズその6

"IT HAPPENED ONE NIGHT"

"素晴らしき哉、人生!"で大好きになったフランク・キャプラ監督作。
今作はその年の(1935年)アカデミ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

-

自由な若い頃と違って自分の場合、時間や諸々の制約の中で観る作品は、どうしても自然と絞られてくる。
今作は、パッケージを見た時からどうしても観たかった。
Netflix限定配信と知り、やっぱり入るしかな
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!シリーズ その5


才色兼備のアリス(ジュリアン・ムーア)は、50歳。コロンビア大学で言語学を教え、学生に絶大な人気を誇っていた。
家族は医師である夫ジョン(アレック・ボ
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!シリーズその4

沁みたぁ…。
相変わらずの是枝節にやられた。
ドーン!じゃなくてジワーっと。
何気ないけど心の琴線に触れる会話、エピソードの数々。これは保存版だ。
日常の
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!シリーズ
その3

2〜3年ほど前にタイムラインによく流れていて、ずーっと気になっていた作品。
ようやく鑑賞!

レンタル店にあるはずなのに、なかなか見つからないので店員さ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

短文感想

今更だけど…
地上波でやっていたので。

観に行くはずが、タイミングを逃して行けず、、そのうち画面が揺れて酔う、との記述をちょこちょこ見かけてやっぱりいいや、となっていた。
ゾンビ苦手だし
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

-

これは、年平均気温マイナス57度、
標高3.800m(富士山より高い!)、
ペンギンもアザラシもいない、
南極大陸奥地の"ドーム基地 ふじ観測拠点"で働く男たちの物話。

前に観た時は主人公西村役の
>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

-

短文感想

観るのは、これで何度目だろうか?
でも、古畑任三郎時代から三谷幸喜好きの夫が観ているのを横でチラ見が多かったので、ちゃんと最初から最後まで観たのは、もしかして初めてかもしれない。。

なる
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

-

何から書けば良い⁈

それくらい、最高なミュージカルだった❗️
良い所しか思いつかない。。

前作への敬意、
主要キャストだけでなく全てのキャスト、
ワクワクするようなオリジナル・ストーリー、
心を掴
>>続きを読む

野いちご(1957年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!シリーズ その2

夏の遊び、秋のソナタに続いてベルイマン作品はこれで3作目。
昨年のベルイマン生誕100年を機に、比較的難解ではないものから観始めたからか相性は良いよう
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

初アッバス・キアロスタミ。

<心の持ちよう>

今までは、幸せって何だろう?と考えることが多かった。
映画を通して自分の立ち位置を確かめて、まだ、やれる!と。。
一歩踏み出す勇気を映画からたくさんも
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

-

やっと観れたー!!

寒い中、ネコを膝に抱いて観るのには最適だった。。
いやぁ、心がぬっくぬく♪ ホッカホカ ♪
(ちなみに作品は夏の設定。。笑)

オンネリとアンネリは仲良しの女の子。
小学校4年生
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

サマー・ウォーズ、おおかみ子ども…にチャレンジするも、あまりハマれず、、
細田監督作品とは相性悪い?と思っていた。
今作も今一つの評判のようだし、あらすじを読む限りあんまりかな、とスルーするつもりだっ
>>続きを読む

おしゃれ泥棒(1966年製作の映画)

-

王道!!

クラシカルな映画には、本当に魅力がいっぱい詰まっていると思う。

まず、キャストが素晴らしい。
そして、飽きさせないストーリー展開。
ハラハラ・ドキドキ、絶妙なタイミングで笑いあり、そして
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

-

ジブリの中でも大好きな作品。
何度も観てるはずなのに、何度観ても飽きないし、観るたびに心に残る場所が違う。
そして何より、観た後に真っ直ぐな気持ちになれるんだ。。

ストーリー自体は至ってシンプルで、
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

-

先延ばしするのはやめよう!シリーズ その1

年末年始は気ぜわしく、年が明けてからもバタバタと落ち着かない日々。。
劇場にも行けず、何だか心が重いなぁ、、と思っている時にフッとできた時間。

そんな時
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

-

再レビュー。

慌ただしい昨年末にふと点けたBS放送。
世之介!?横道世之介?大好きなんだ〜♪
観たい!
忙しい、、けど観る!笑
TVの前に座り込む私。。


このバブル手前の80年代後半の時代背景、
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

-

実は、、恥ずかしながら今作、ちゃんと最後まで観ていなかったジブリ作品のひとつ。
印象に残るシーンは何度も何度も観て覚えているのに、通しで観たことはない。
最後まで観れない理由はわかっている。
寝落ちし
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

-

新しい年の一本目はコレ!

M:i シリーズは昨年公開の"フォールアウト"の為に、今作以外は鑑賞済み。
皆さん口を揃えて"今作は観なくていい"とのことで未鑑賞だったけれど、お正月企画でBSにてシリーズ
>>続きを読む

ゴーストのおいしいレシピ(2009年製作の映画)

-

記録・短文感想

あかん!
これは夜中に観てはいけないヤツだった。。


とある街角のBake Shopでいかにも職人気質のおばあちゃんの作るケーキは、近所でも評判♪
趣向を凝らした、見るからに美味し
>>続きを読む

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯(1973年製作の映画)

-

たまたまBSプレミアムでやっていたので鑑賞。

西部劇はあまり観ないのだが、前に観た"マグニフィセント・セブン"が意外に良かったので、機会があれば観たいと思っていた。
あれは最近のだから小綺麗というか
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

-

記録・ 短文感想

劇場で観たかったけれど、見逃していた作品。
地上波でやるというので迷わず鑑賞。

したのだが、、
これは、、ファミリーで観るにはほっこり楽しめそうだけど、大人の鑑賞にはちょっと…。
>>続きを読む

Disney's クリスマス・キャロル(2009年製作の映画)

-

有名なディケンズの小説"クリスマス・キャロル"。幽霊が出てくるとかストーリーはなんとなく知っていたけれど、ちゃんと読んだり映画を観たことはなかった。
クリスマスも近いし、観てみようかな ♪ と思ったの
>>続きを読む

souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~(2018年製作の映画)

-

竹内まりやからの最高の"Souvenir"

気忙しい師走のど真ん中、始まった途端日常を忘れ、いつしかどこか遠い遠い所に誘われ、ささくれだった心が優しく癒されていくのを感じる素晴らしい時間だった。。
>>続きを読む

まぼろし(2001年製作の映画)

-

初フランソワ・オゾン。

(若干ネタバレ気味です。内容についてあまり知りたくない方はご遠慮下さい!)



"さざなみ"でシャーロット・ランプリングを知ってから、ずっと観たかった作品。
このパッケージ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

猫&音楽好きのフォロワーさんにオススメされていたのを、先日やっと鑑賞🐈🎸

これは、、
思っていた以上に良作だった!

実話が元になっているのでストーリーは
先が読めてしまうのだが、実話らしくそこに至
>>続きを読む

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

-

パッケージ・予告を観た時"これは観たい!"と思った。
白いシャツにベージュのパンツを何気なくオシャレに着こなせるアラフィフ女性は、もうそれだけで上級者!

私がダイアン・レインを好きな理由は、美しさと
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

公開当初からタイムラインを賑わせていた今作、とても楽しみに、とても心待ちにしていた。

例の20世紀FOXの音楽から"Oh!"となり、掴みはOK!
観終わったら、きっと気分はアゲアゲになると思っていた
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

-

こういう作品を映画館で観るのは珍しいのだけれど、、
今回は初めて映画の劇伴を手がけた"フジファブリック案件"なので、
わざわざ電車を乗り継いで、最寄りではない映画館まで観に行った。

原作は"アズミ・
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

話題作だが賛否両論、わかりにくい、と評判だった今作。地上波でノーカット放送というのでやっと鑑賞できた。

実に不親切な造りである。
最後に"こういうことでした" という説明がないまま、観る者に委ねられ
>>続きを読む

Happiness(原題)(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

たまにはいいな♪ショートアニメシリーズ

フォロワーさんのご紹介で鑑賞。
タイトルからてっきり、ほっこりした優しいお話かと思いきや。。
めちゃくちゃシュールでシニックな短編だった!

ここしばらく追い
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

これは、、
高評価で期待値も高かったのだが、思った以上に深く心に迫って来る作品だった。

どんな親でも子どもの才能を最大限に伸ばしてあげたいと思うのは当たり前だし、子どもには幸せになってほしいと願って
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

-

日日是好日(にちにちこれこうじつ)

レディースデイもあってか、大きめのシネコンが年配のご婦人を中心にたくさん埋まっていた。
きっと皆、希林さんの遺作(正確にはドイツ映画があと一本公開前なので、邦画で
>>続きを読む

>|