あーさんさんの映画レビュー・感想・評価

あーさん

あーさん

映画(399)
ドラマ(1)

心の旅(1991年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ずっと前に観て、再鑑賞したいと思っていた作品。
やっと、観れた。

ハリソン・フォードと言えば、アクションのイメージだけど、こういうしっとりした作品もイケるんだな、と思った覚えが。

主人公ヘンリー(
>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

-

実は大林監督作は、"ねらわれた学園"と"時をかける少女" と"転校生"しか観ていない。
でも、何となく監督の独特な作風はわかっているつもりだった。
そして、、
まさに"大林宣彦、ここにあり!"な作品だ
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

-

フェリーニの撮る映画が好き!
と言いつつclipしてるばかりで、まだ"道"と"カビリアの夜"と"フェリーニのアマルコルド"の3作しか観ていない。

今年はフェリーニ生誕100年!
ということで、100
>>続きを読む

ピカドン(1979年製作の映画)

-

こちらは、YouTubeで観られる短編アニメーション映画。

画質、音質共にあまり良い状態ではないのだけれど、フォロワーさんのレビューを読んで気になっていたので鑑賞。

冒頭の、のどかで平和な家族の様
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

-

初ホドロフスキー。
監督のことは、お噂でかねがね、、ぶっ飛んだ作品で有名だけれど、これほどまでに突き抜けていたとは。。
感動…というより、アハ体験?に近いような⁈
めちゃくちゃ面白い❗️

今作を観る
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

-

ドラマ、ちゃんと観ていなくて観るのを迷ったけど、、観て良かった💓

ブレイクしていた時は何となく逃していて、今更おっさんずラブかぁ、、と思ったけれど。

いやー、やっぱり面白い!

映画としては、ツッ
>>続きを読む

若草物語(1949年製作の映画)

-

"ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語" がとても素晴らしかったので、昔のも観てみよう!と、こちら(1949年版)を鑑賞。

うーん、やっぱり良いなぁ。。

リメイク版がほぼ全部評判良いって
>>続きを読む

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本(2011年製作の映画)

-

続けて短編を♪

本を愛し、本に選ばれた男📕

セリフなし、アニメーションと音楽のみの優しい世界。
パタパタと飛ぶ本達が踊っているよう!
モリスから本を渡された人達に、色が灯っていくのが素敵。。
色ん
>>続きを読む

シンデレラのさえずりを聞け(2017年製作の映画)

-

最近色々あって、レビューを書く元気もないな、、と思っていたら、フォロワーさんが面白そうな短編を挙げていたので、こちらをセレクト♪

とあるウェディングドレスのモデルのファイナリストに選ばれた10代〜4
>>続きを読む

嵐電(2019年製作の映画)

-

観てから何日も経つのだけれど、一向にまとまらない。。

色んなメッセージやら、映画の見方、はたまたレビューって何だっけ?みたいなことを考えていたら、どんどん深いところに入って行って、帰ってこられなくな
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

5.0

人生とは何たるかを私に教えてくれた作品。
映画と音楽の素晴らしさを知らしめてくれた作品。
そして、愛とは何か?
恋愛だけではない愛を沢山見せてくれた作品。

思い出すだけでも泣けてきてしまう、エンニオ
>>続きを読む

undo(1994年製作の映画)

-

"打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?"で、ガツーンとやられ、"スワロウテイル"で もひとつガツーンとやられ、"love letter"、"ラストレター"で岩井俊二は、私の中で不動の監督となった>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

-

"やかまし村の子どもたち"シリーズ、"ギルバート・グレイプ"、最近では"僕のワンダフル・ライフ"等で有名なラッセ・ハルストレム監督作品。
今作を紹介してくれたフォロワーさんがいて下さり、あれからだいぶ
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

-

ここしばらくタイムラインでよく流れていて、近日公開の長編の予告を見て気になったので少し前に鑑賞。

スマホでは全く画面が動かず、パソコンに切り替えたものの、やはり画面は数秒単位で動いたり止まったり。。
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

-

短文感想

なんとなくTVを点けたらやっていて、そのまま鑑賞(いつものパターン笑)。

ヒッチコックの映画は、子どもの頃定期的にやっていたのをよくチラ見していた記憶があるが、大人になってちゃんと観たの
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

こんなにドキドキ・ワクワク気分で映画館へ向かう日が来るなんて!!

慎重派の私は受験生がいたのもあるけれど2月からずっと映画自粛していたので、実に4ヶ月ぶり。
1年の3分の1の期間、映画館に行ってなか
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こんなに泣いたのは久しぶりだった。。

何度か観ているつもりだったけれど、きっと断片的にしか観れていない。
いや、観れなかった…というのが本当かな。

選べなかった未来。

それを直視できるようになっ
>>続きを読む

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!第2弾その6

学生のシェアハウス事情

これは、Filmarksを始めた頃にフォローして下さったフォロワーさんのオススメで、ずーっと気になっていた作品。

やっと、やっと
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

*未見の方は、全く知らずに観るのをオススメするので、どうぞ画面を閉じて下さい。。



Filmarksを始めたのが、2015年。
当時、タイムラインでよく見かけていた。まだ自分には早いと思っていたけ
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

-

"時をかける少女" その2

何だろう、、やっぱり私が求めていたのはこれだ!
ドンピシャ!という言葉しか思い浮かばない。。

良いとか悪いとかじゃなくて、今作に関してはズドン!と来るかどうか。
すなわ
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

"時をかける少女" その1

私の世代はどうしたって、
とーきーを、かけーる少女♪の歌と共に原田知世が主演の大林監督作(実写)が思い浮かぶのだけれど、、
こちらも高評価なので、ちょっと気になっていた
>>続きを読む

国産洋画劇場「船と氷山」(2018年製作の映画)

-

国産洋画劇場

やっぱり洋画は国産に限る!笑

全く存在を知らなかったのだが、色んなジャンルを網羅しているフォロワーさんからのご紹介で鑑賞。

いやー面白かった!
THE お笑い路線を予想していたから
>>続きを読む

夏の夜は三たび微笑む(1955年製作の映画)

-

久しぶりのベルイマン。
しかつめらしい神の不在、だの親子の葛藤、、のような重々しい雰囲気は鳴りを潜め、珍しくロマコメ♪との触れ込みだったので、期待値⤴︎で鑑賞。


結果、
良い!良い!良い!

シェ
>>続きを読む

トータル・バラライカ・ショー(1994年製作の映画)

-

"ラヴィ・ド・ボエーム"を観て、すっかりしんみりしてしまったので、カップリングになっていたこちらを続けて観ることに。。


良かったっっ!!

この順番で観るのが、正解♪♪

しんみり→ホカホカ!
>>続きを読む

ラヴィ・ド・ボエーム(1992年製作の映画)

-

さすがに自粛生活もだんだん疲れてきて、その上体調もイマイチなので、何だかモヤモヤ。。

そんな時は!!
アキ・カウリスマキ先生に頼るしかない!

というわけで。
今日は、一気に制覇しないように、すこー
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

-

"黄金のアデーレ名画の帰還"で大好きになり、それ以来ヘレン・ミレンは憧れの人。
ただ美しいだけでなく、物怖じせず気品があり、優しさと強さを兼ね備えた、私の理想の女性のイメージ♪

そんな訳で気になって
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

-

今流行りのリモートである♪
カメ止めには出遅れた私だが、こちらはYouTubeで30分で観られるということもあり、すぐに乗った!

良かった❗️

いやー、監督の娘(真魚)ちゃんじゃないけど、途中から
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

-

これは好き❗️

もっと早く観ればよかった〜
リチャード・カーティス監督の"ラブ・アクチュアリー"はとても好きだったのに、私の天邪鬼レーダーが何故か誤作動して、スルーしてしまっていたのだ。

あらすじ
>>続きを読む

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

-

Filmarksでは高評価、でもおばあちゃんと少年(青年?)のラブ・ストーリーなんて、あんまり観たいと思わないんだけど…。
そう思ってスルーしていた。

たまたま読んでいた"ライムスター宇多丸の映画カ
>>続きを読む

ある日どこかで(1980年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!第2弾その5

定期的にタイムラインに乗っかって来ていてとても評判が良く、ずっと気になっていたが、、やっと観れた!

パッケージの美しさ。。
一番良い瞬間を切り取った画。
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

何人かのフォロワーさんが観ていらっしゃって気になっていた作品。

長尺の上、自分語り多めです。。


これは、、
色々な記憶が呼び覚まされたなぁ。

子育ての大変さは千差万別だ。だけれど、
良い母親で
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

-

先延ばしにするのはやめよう!第2弾その4

スコセッシ監督作はたった一作しか観ていなくて(リアルな暴力描写が苦手💦)、それもミュージカル映画"ニューヨーク・ニューヨーク"なので、自分は相当邪道ですな。
>>続きを読む

夜と霧(1955年製作の映画)

-

もっと戦争について考えよう!2020. 第1弾

自分の無知さを補うべく、昨年下半期からマンスリーでやろうとしていた企画。
12月〜お休みしていたが、ようやく再開することに。


今作の感想とかレビュ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

-

評判が良くて気になっていながら見逃していた作品。
地上波ノーカット放送、ありがとう♪♪


これは、面白かったー!!

始まりこそ、なんだこれ、、ぶっ飛びすぎた世界観、今世の中を牛耳っている大人の世界
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

先延ばしにするのはやめよう!シリーズ 第2弾その3

先の2作品でたっぷり関西の風に吹かれ英気を養ったので、次は長めのもの・重いものを観ていこうと思って選んだ今作。
Filmarks内の賛否両論を横目
>>続きを読む

細雪 ささめゆき(1983年製作の映画)

-

実家に帰れない寂しさを紛らわすシリーズ その2

これは、ええもん見せてもらいましたなぁ。。

東宝50周年記念に、かの谷崎潤一郎先生の同名小説「細雪」を市川崑監督が映画化した作品。(何作か公開されて
>>続きを読む

>|