greatman

キング・アーサーのgreatmanのレビュー・感想・評価

キング・アーサー(2016年製作の映画)
3.2
一言で言うと「少数精鋭」
[あらすじ]
王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー。だが、暴君ヴォーティガンによって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまう。過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛える。やがて、無双の力をもたらすとされる聖剣エクスカリバーを手にする。仲間たちと共に圧政を敷くヴォーティガンを倒し、王座に就こうとするアーサーだったが...。

メッチャカッコええですやん。
ただね..ちょこちょこ惜しいんだよ!😣
序盤からでっかい象が出てきたりと、まるで『バーフバリ』を彷彿とさせるような展開やガイ・リッチー監督特有のカット割やカメラワークなど、端から見ればなんだか良さそうな映画だけどさ...にしてもアクションシーン少なくない?😒
自分はそれを期待して観てんのに、いざ観てみたら本編の3/2が会話シーンやエクスカリバーの力を制御する修行などダレトクな展開が続いたんで、そこもうちょい減らしてくれや!(#・∀・)って思いました。
そんでもっていざエクスカリバーの力が発揮する展開がたったの2ヶ所だけって...出し惜しみにも程があるわ!(# ゚Д゚)
でもその無双シーンが出てからはウオーーー(*゚∀゚)(*゚∀゚)ってもう興奮MAX状態でした!!
それにアーサーの”敵を作るより仲間を作れ”って言葉がメチャメチャカッコ良い!!(≧▽≦)
そもそもガイ・リッチーって『シャーロックホームズ』が面白かった記憶があるけど、今作に至ってはその力があんまり発揮出来てなかったから残念だな〜😩...
でもテンポが良いんで、すっごく辛気臭い映画にならなかったのがまだ幸いですね😅www
ちょっとちょっと爽快感と興奮が味わえる薄口アクション映画でした。