キング・アーサーの作品情報・感想・評価

キング・アーサー2016年製作の映画)

King Arthur: Legend of the Sword

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

両親を殺され、スラムの売春宿でひとり貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃がしたのだった。過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼…

両親を殺され、スラムの売春宿でひとり貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃がしたのだった。過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼を集めていたアーサー。やがて聖剣エクスカリバーを手にした彼は、自らの過去、そして亡き父に代わり王の座を奪還するという運命を知ることになる――。勇気ある仲間たちの力を借りて立ち上がった彼は、果たして宿敵ヴォーティガンを倒し、頂点の座に上り詰めることができるのか――!?

「キング・アーサー」に投稿された感想・評価

この映画が興行的に失敗したなんて信じられない。
こんなに聖剣が無双する映画が他にあろうか。

あまりにもゲームのような映像に、この映画が原作のゲームができてしまっても良いんじゃないかと思う。

人生でやりたいことリストにスラムのガキから王になるを追加した。
ガイリッチーによる聖剣伝説が今。ジュードロウが死ぬほどかっこよくてキングアーサーいうてるのに勝たへんかなーって思ってしまった。神話を現代の映像技術で観れるなんてなんと恵まれた時代に生まれたことでしょう。
光一

光一の感想・評価

4.2
アーサー王の物語を、魔術とかミックスして作られた映画。とにかく映像編集が凄い!CGの話ではなく、シーン1つ1つの撮り方、切り取り方、並べ方、とにかく前衛的。映像音楽のドラム打ちと合わせて、少し先の未来と今を混ぜて見せてるところとか秀逸でした。

マーリン、マージの存在がフラフラしていたり、主人公に深みを感じられなかったり、細かい気になるところはあったけど、それを全部吹き払ってもなお足りないクオリティでした。久々に「もう一回観たい」と思った映画。

シナリオ点3
構成点4
演出点4
映像音楽点5
印象点5
エモーショナル点3
追加点0.2
総合点4.2
トム・ハーディー痩せた?と思ったら人違い。ベッカムにほっこり。映像かっこよかった。
とにかくカッコよさを感じられる映画

瞬時に理解できないところも頭で理解せずに感じる

サクサク進んでいくのでその一瞬一瞬にカッコよさを感じる

衣装もよくみたら割と現在的に思えるけどカッコイイから構わない

そんな感じでカッコよさをひたすら感じる映画です。

ただ、そんなカッコよさ溢れる中でも溜めるところは終盤まで溜めているのがなかなかニクい作りです。


終盤は今のゲームっぽさを感じたので、そういうカッコよさが好きな人には大変おすすめな作品です。
川内龍

川内龍の感想・評価

3.8
おもしろいけど、ガイリッチーバトルシーン描いたら安物映画になる
luckoji

luckojiの感想・評価

2.5
ガイ・リッチーらしく映像はかっこよく撮られていたけど、逆にそれが余計に感じた。純粋にストーリー、そしてファンタジーを突き詰めて欲しかった。
予想よりは面白かったけど…。
ガイ・リッチー監督に昔話撮らせたらダメだな(笑
ところどころ面白いところもあるんだけど、イマイチ乗り切れない様な…
ガイ・リッチー監督にしてはスピード感とかテンポが良くなかったか気がする。
アーサー役の人もヒゲなかった方が良かったんじゃない?叔父役のジュード・ロウと同じくらいの年齢に見えて違和感あった。
jumeaux

jumeauxの感想・評価

4.0
映画『スナッチ』の映像、演出、音楽に魅せられて、ガイ・リッチー監督のファンになったのを覚えています。

とにかく今作もカッコ良い!!

チャーリー・ハナム
ジュード・ロウ
エリック・バナ

出演俳優、演出、映像何から何まで!!
『スナッチ』を観て衝撃を受けたのを思い出しました!!

またカッコ良いだけでは終わらない!!
感動もあり!!

男クサイ映画になってますが、それもガイ・リッチー監督ならではの技だと思って、ご鑑賞あれ!!
あれ?意外と悪くない...
元の話は知らない人の評価です。
ストーリーは単純明快でわかりやすく、飛ばすところは早送り、細かい点は一切触れない潔さ。

オープニングシーンがとにかくカッコいい。
大きさ規格外の像が暴れまわる。
アクションシーンと印象的な音楽の組み合わせが良く、しっかり盛り上げてくれる。

スローモーションを使ったアクションシーンはCG感バリバリながらも爽快感があり楽しめる。

全体的に軽い印象で、緊張感はない。力技で推し進めるスタイルで若干好みが分かれそう。
頭を空っぽにして見る作品。
>|