ザ・リザードの作品情報・感想・評価

「ザ・リザード」に投稿された感想・評価

AM

AMの感想・評価

4.0
窃盗の罪で投獄されていたレザは、導師(僧侶)に変装することで脱獄に成功した。
が国外逃亡を企てた後、国境近くの街でモスクの導師にされてしまう。
なんせ、導師の格好(白いターバンに黒マント)だから、「我々の村でお祈りしてください、ああ何と光栄な」と事あるごとに周囲から懇願され、「ああ、いいとも」と断れず快諾(のフリ。)
無論、イスラムの教えなどに見向きもせず悪事ばかりの彼(神なんかクソ喰らえだ。と言ってたくらい)はコーランの読み方を知らないので恐々としながら先頭で祈らされるも、コーランを読むフリしか出来ず。
出だしの「ビスミッラーヒルラハマーニル ラヒーム(慈悲深きアッラーの御名において)…」
の後の長い節々はモゴモゴで誤魔化す…無理あるくらい気合いで誤魔化す。
たまに「アッラーフアクバル(アッラーは偉大なり)」だけはっきりと唱える。もう正にMr.ビーン。
ターバン前後逆に被っちゃうし、説教壇でつまづくし、
女好き全開で周りに止められるし、壁平気でよじ登っちゃうし、喧嘩めっちゃ強いし、兎に角口が悪い。たまにポロって素顔がでちゃうのもお茶目で可愛い。
そんなこんなで幾多と迫り来る修羅場をくぐり抜けるうちに、心境にも変化が。
なんせ着させられたその「服」の代償はあまりにも大きかった。
心までも変えるように、彼は努力したんだね、物凄い葛藤があっただろうと思うが、心の向くままに行動する彼は素敵でグッときました。
ゆくゆくの展開はサシャバロンコーエンのディクテーターを彷彿させられました。
イラン国内では上映禁止になったが公開時には大喝采を受けたコメディ映画らしいのだが、なぜこんなに面白いのに日本で出回らないのか不思議〜!なくらい面白い。