街中の拳銃に狙われる男の作品情報・感想・評価

街中の拳銃に狙われる男1955年製作の映画)

MAN WITH THE GUN

製作国:

上映時間:90分

3.8

あらすじ

名馬と共に奪われた名誉を取り戻すため戦いを抜く手は見せぬ手練の早撃ち!必殺の二挺拳銃を売り物に町から町を渡り歩く不敵の拳銃渡世!

「街中の拳銃に狙われる男」に投稿された感想・評価

Filmomo

Filmomoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

①街中の拳銃には狙われない。ロバート・ミッチャムを狙っているのは遠く離れた街に住む悪党のボスである。しかし、ミッチャムの好戦的・扇情的な取り締まりによりいつ手下に狙われるか不穏な空気感が漂っている後半は、確かに街中の拳銃に狙われているかのような感じとなる。②ロバート・観ッチャムは二挺拳銃を持ってはいるが実際に二挺拳銃をぶっ放す場面はない。ホルスターなしでベルトに差し込むのは「真昼の決闘」のゲイリー・クーパー同様、弾切れ対策だと思われる。③正義の味方を自分たちで雇ったくせに手に負えなくなると排除しようとするというテーマはこの後繰り返しハリウッドで描かれる。