kazuかず

幼な子われらに生まれのkazuかずのレビュー・感想・評価

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)
4.5
重松清 原作

血の繋がらない家族、血の繋がった他人。
2つのファミリーと1人の独身男性。
複雑な人間関係を、優しさ、怒り、苦しみ、憎しみ、許し、を通して緻密に紡ぎあげたホームドラマの秀作。

とにかく主演の浅野忠信の演技が素晴らしいです。『淵に立つ』の演技も強烈でしたが、今作は家族想いでありながら連れ子と、別れて暮らす本当の子供との間で苦悩する男を見事に演じています。
脇を固める田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶも悩める大人たちを熱演!

監督の三島有紀子さんは、西川美和さん、河瀬直美さんに続く一流の女性監督になるんではないでしょうか。

昨年は邦画がイマイチと感じてましたが、グッと心に残る一作に出会えました。重松清 原作の『恋妻家宮本』も良かった。重松さんの原作はほんまいいですね〜

この映画、兵庫県西宮市の特徴あるマンション群で撮影されたようですが、このマンション実際に見たことあります(^ ^)