幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

要所要所で見られるドキュメンタリーチックな演出がすごく好き。
特に、部屋に鍵をつけるシーンは息が詰まりそうでした。
家族って曖昧なものなんだなって思いました。
ikm710

ikm710の感想・評価

3.0
それぞれの心境がすごいリアル。
こういう家庭が増えてる今だからこそ。
いつからか、
お祭りの金魚のように、
生きているのか、死んでいるのか、
分からない家族がいた。
抱えた闇をふくらませ、
歌えない歌を今日も歌ってる。

僕はくぐもった目で視線を逸らし、
その場限りの言い訳をして、
しがない仕事に精を出す。

プライドという、しがみつくだけの王冠。

気づかなかったんだ。
女性という生き物が痛みや葛藤に敏感で、
いつも愛をせがみ、
抱きしめて欲しいこと。
きみがその手を離すまで。
流された涙が誰のためかを知るまでは。

繋がってなくてもいいじゃないか。
転がる笑顔があれば、
弾む会話があれば、
この階段だって登っていける。
破られた絵も取り付けたカギも笑い話になる。

同じ空の下で赤子が産まれ、
誰かが死んでいく奇跡。
その空気に触れ、
紫煙とともに吐き出していたため息。
指先が知っていた孤独は、
家族を担う喜びに名を変えた。

幼な子われらに生まれ。
サコ

サコの感想・評価

3.0
大人の要求、子供の要求、
形にはめようとする大人、
形にハマりたくない子供、
家族の正しさなんてない、
幼な子が生まれ、それがきっかけなら、問題だ
ayn

aynの感想・評価

4.2
重いけど、いいね。すきだな。
暗く長い階段が人生みたいにみえた
レオン

レオンの感想・評価

2.6
あまり響かなかったけど、寺島しのぶの再婚相手危篤のくだりは震えた。さおりちゃん主人公にしてたらよかったかもしれん。けっしてステレオタイプのキャラクターじゃないけど、魅力が死んでてつまらない。田中麗奈の役とか、最悪。
2回目観たら編集とかいろいろあれ?ってなった
さおりちゃんが1番いい
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.3
離婚は子供をいかに傷つけるか
田中麗奈みたいな奥さんすごくイライラする
Keengoo

Keengooの感想・評価

3.5
自分も向こうに連れ子はいなかったけど似たような境遇で育ったので色々な事を考えました。
きっと色々ものすごく大変だったと思う。
でもいつか大人になったとき理解するときがやってくる。
親の都合で離婚やら再婚やら今は多いけど子は親を選べないからお互い辛い。
子供が壊れて家族が壊れる。
そんなこんなでリアルな心境を描いた映画でした。

それにしてもあの斜行エレベーターのある街画になるな~ぜひ一度行ってみたい。
み

みの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

苦しい。心が抉られた。
離婚再婚がメジャーになった今、こういう家族は増えてるだろう。

継父が来たこと、そして母と継父に子ができたことで家族からはみ出しものにされるかもしれない不安から、自分を虐待していた本当の父親の方がいいという思春期の娘。
途中で「私この家嫌だ」と言った理由を夫婦が聞き出そうとしたけど、答えはすべて「わかんない」。これ、本当にそうだと思う。本当に彼女は「わかんない」んだと思う。

結局どっちつかずな主人公にも終始イライラした。子連れと再婚するなら、それくらい覚悟しろ!シャキッとせんか!と思う一方、ただでさえ、血が繋がってても手に負えない思春期反抗期の娘を実の娘のように愛すのはとてつもなく難しいと思う。

あと、再婚してると知りながら会いに来てちょっとモーションかけてくる元嫁には腹しか立ちませんでした。

終わり方「え?」と思ったけど、答えのない家族の話。あそこで終わるのが正しいんだろう。その後も見てみたかったけどね。
>|