幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

4.6
結婚、離婚、再婚。
仕事と家庭。親と子。人生。

主人公の視点のみでなく、いちばんつらいはずの子供たちの視点からも描かれていたのが良かった。

父親になること、家庭を持つことの責任や重さがずっしりと伝わってきた。

映画の要とも言える子役たちの演技も素晴らしかった。

あと、やっぱり傑作は終わり方がいいんだなぁと改めて実感。
三島監督作品の中ではマシ。
理由としては撮影や役者や脚本が物凄くグレードアップしたから。
そのおかげで三島監督の演出力のヤバさはかなり薄まったが、それでも隠れただけで程度が低いことには変わりない。評価されていいのか?こんなのが。
んか

んかの感想・評価

3.9
大人の都合、子供の感情、仕事、夢、家族、愛
が複雑に絡み合って、解決の糸口が見つからない問題を

エレカシの歌が全て表現してた。

悲しみの果てに何があるかなんて、、 Oh Baby!!!!
m

mの感想・評価

-
どうしようもなく弱くて幼い男達と、彼らに翻弄される女性達や子供達の人間模様。クドカンの最後のシーンが好きで、このシーンの脚色もクドカンの演技も撮影も印象深い。
きき

ききの感想・評価

3.5
家庭は息苦しいほどに小さな共同体で、そこに参加している(参加させられている)ひとにしかその実態はわからないし、よその家庭の実態ももちろんわからないから、どういうありかたが正解なのかだれにもわからないまま、それでもやめたくなければ続けていかなきゃならない。
浅野さんのどこまでも不器用な感じとか、田中麗奈の悪気なくうっとうしい感じとかすごくよかったけど、弱さと暴力全開なくどかんだいすき。
主人公の立場になると、とても辛い。
家族とは?愛とは?親子とは?
そう問われている気がした。
原作読もう。
みっつ

みっつの感想・評価

3.3
浅野さんを見直す映画。
クセのないふつうの人間の
苦悩とリスタートを表現していて凄い。
苦しいところはとても苦しく、あがいてからの前向きになり、目の前が開けた感じ。

欲をいえば、DV元夫(クドカン)は
あんなに暴力的じゃないほうがよかったかな。子供嫌い、自由がほしい、無責任、な感じだけだったら、うまくいかなかったやりきれない感が、もっと切なかったかも。
思春期を向かえた娘が父親を嫌がることはよくあるが、それが血のつながっていない父親だったらどうなるのか、子連れ再婚の現実。ろくでなしな元父に会いたいという娘。母親に引き取られた娘は自分にだけ心を開いていると思っていたが、一緒に暮らす父の危篤であっけなく手を離して父の元に走る。みんな自分の居場所を探しているのね。母は強い、そして父は弱いが暖かい、
ファンタジーへ昇華するにはリアルすぎる「そして継父となる」なファミリームービー。否応なく人生の答え合わせを求められる中年期にフォーカスした(THIS IS US的な)ミドルエイジクライシスムービーでもある。

作り上げてきた家族が(自分の思い描いていたのとは違う)普通じゃないものであることに失望し、原因を探して何とか解決しようともがく男が、普通じゃないことを受け入れ、娘の今の感情と向き合うまでの物語。

幼い娘を背負って階段を登る彼の決意は、素晴らしく美しいけれど、同時に呪いとして自らと家族を縛ってしまうのだ。だからこそクドカンには人間のクズのままか、改心した正しい父親のどちらかでいてもらわなければ困るのだけれど、実際は(殆ど唯一の娘とのポジティブな記憶にすがって)着慣れないスーツのポケットに100円玉をパンパンに詰めるそんな男だったりするのが、現実!ってなった。
やす子

やす子の感想・評価

3.9
子どものいろんな意味で悪気なく無邪気な感じとか、田中麗奈のこういう人いるよね感とか、劇中歌に運命感じたりとか、すべてがピタッときて、好きだった 。
>|