幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価・動画配信

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

2.0
大好きなクドカンが個人的に1番最悪の地雷踏んできたからどうしても無理だった...自分こそが可愛い人間。それはそうなんだけど。それさえなければまともに満足できたのかも。
悲しみの果ては。ちょっと観てられなかった。

22/142
MiMPi

MiMPiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

パパは良い人過ぎるし、
お父さんはクソ過ぎるだろ。。

いくら父親でも、自分の子供の歯を折った人と2人で会わせるエピソードは、現実ではあり得ないけどね。

リアリティーがあるようでない映画だ。
ステップファミリーは、当事者じゃないからわからんけどさ。


久々に浅野さん見たけど、
なんか今までと全然違った。

上からに聞こえたら申し訳ないけど、
いい俳優さんになられましたね。
仕事をはじめ、育児や結婚や再婚などのネガティブな側面を煮詰めて体験させられている主人公が職場でも家でも窮屈な思いをせねばならず苦悶する話

光や画角、映像の粒状感、ロケ地やセットの作り、工場の機械音等々、与えられるすべてから閉塞感みたいなものを感じさせるように作ってある(特に前半)
こういった技術的な印象付けがしっかりしてあると説得感がぐっと高まる

脚本、演技も秀逸で、お父さんとパパ、という呼称の差や宮藤官九郎の演技の差などよくできているな、と思わされるシーンがそこかしこに見られる

頑張っているのに報われない主人公を見ているといたたまれず、全体的に重く答えの出にくい正解のないテーマの作品だが、引き込まれて時間を感じずに見れた

とてもいい映画だと思う
しんどかった。
めちゃくちゃ現実的で精神ガッツリ削られる系の作品でしたね。
本当の父親じゃない、本当の娘じゃない。
そんな人間が集まって家族になる難しさ。
大人の勝手に振り回される子供の辛さも分かるし、なんとかしようとする大人の苦悩も分かる。
答えのない事だし、地道にやっていくしかないんだろうけど忍耐がいるし難しいよね。
物語は胸にくるものがありましたけど、浅野忠信が娘からギリギリと追い込まれる姿が長過ぎてめちゃくちゃ居心地悪くてきつかったな〜
浅野忠信のなりきれてない不器用な父親役はすごく上手かったし、やさぐれた父親のクドカンも意外と良くて驚きました。
MYKKN

MYKKNの感想・評価

3.6
ハッピーエンドでもバッドエンドでもない。

重要なシーンが大体車の中。
MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

3.7
バツイチ同士の再婚
連れ子がちょうど思春期で
お母さんが妊娠した事が
きっかけで反発してしまう。

不安なんだろうね
やっぱ子供のケアを第一に
考えなきゃだね
とつくづく思った。

こういう家庭環境は少なくもなく
すごくリアルでした。
浅野忠信さんの演技がめちゃ
素晴らしかったー!
現状と崩壊の狭間を歩いている様な、あと少し押したら壊れてしまう様な雰囲気を感じる浅野忠信の演技
感情の位置があやふやなシーンもあり、観ている私も居心地の悪さを感じてしまう所も

やさぐれた雰囲気のクドカンも印象に残る。言葉や仕草では面倒くさがり、別れた子供とは関わりたくないと言うが、再会予定日に、浅野忠信にたかった10万の使い道の一部を想像させるシーンは良かった

役と同じ位の年で等身大の演技を見せた南沙良。今は期待の若手というポジションだと思うが、後にそうなる雰囲気を感じさせる
あの〜、これは個人的な意見なので、気を悪くする人がいるかもしれませんが、どうか「そんな奴もいるのね」と、流してくださいませ。

何のことかというと…

ワタクシ、子供に向かって自分のことを「パパ」って呼ぶ人が癇に触るんですよね。

「パパの言うことを聞きなさい」
とか、
「今度、パパと一緒に遊園地に行こうね」
とか…。

うわ〜、自分で書いてても虫唾が走る!

「オレ」でいいじゃん!なんで自分のこと「パパ」って呼ぶんだろ?子供にパパって呼ばれるのは分かるけど…。まあそれも子供が小さいうちですが。

なんでこんな話してるのかっていうと、この作品の浅野忠信がそうだったんですよね。

なので、それが気になって全く感情移入出来ませんでした…。

でも、作品としては、ワタクシの好きな「心がえぐられる系」で、まあまあ面白かったですよ。

「この子は邪悪」で立派に主演を務めていた南沙良さんは、今よりこのときの方が演技上手いのでは?と思ったし、

他の子役たちも上手かったし、

クドカンのクズっぷりも良かったし、

田中麗奈はいい意味でウザかったし、

まあ観る価値はある作品でした。
また結婚したくなくなる映画を見つけてしまった😇
私もパワレルワールドについて考えちゃう時あるけど全部を正解にして生きていきたいね…
幼い南沙良ちゃんの演技観れてよかった☺️
た

たの感想・評価

3.0
複雑な家庭事情、より複雑にする大人達と受け入れるしかない子供達。
子役時代の南沙良さん目的でしたが、他の二人の子役さんもいい演技しますね。

ただこの作品何が言いたかったのかなぁ? 私にはわかりませんでした。
>|

あなたにおすすめの記事