幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

最近なんだか「家族」の有り様を描く作品ばかり観てる気が。世界的なファミリードラマ流行りを感じる。重松清の原作未読。読んでみたくなる。浅野忠信が父親らしくないし、田中麗奈も母親らしくないのが残念。どちらも子どもとの接し方にリアリティがない。子役達も正直あまり上手くなく、特に沙織役は小6設定にしては良い子芝居が過ぎる。最近国内外の子役達の名演を見過ぎたせいか芝居に深みなく物足りない。クドカンのクソ感は上手い。浅野忠信演じた主人公が、再婚相手との実子妊娠を機に連れ子の娘(思春期)に突然つれなくされる様が理不尽で同情する。それ以上に子会社の倉庫業務に出向されてることの方が理不尽で気の毒だった。明日は我が身と身につまされ。
nuts

nutsの感想・評価

3.3
家族のプロトタイプにハマれない、もどかしい様子がリアル。クドカンの屑さとお父さんらしさのギャップが凄く良い。
kumi

kumiの感想・評価

3.9
完全パパの視点で観ちゃってたから、長女に腹が立ったけど我慢して良かった。
ママの1人カラオケが泣けた。沢田さんのスーツ姿も年齢に合わないプレゼントも、汚い字も、ハートマークつけちゃうところもなんか泣けた。みんなほんとに不器用すぎるからそれが1番泣けた。
親子の絆は血の繋がりだけではない。でも血の繋がりには抗えないものもある。なかなか面白かった。浅野忠信のキャラがどうも不穏で、その座りの悪さもまた印象的だった。
花

花の感想・評価

4.5
人間の心の闇が垣間見える。
父親ってこういうものだよなぁ。家族の為に働いて、家族が煩わしく思えたり。

難しい年頃の娘、血の繋がらない家族、ぐちゃぐちゃな状態から再生されていく様子が良かった。
Makyu

Makyuの感想・評価

4.2
すごくリアリティを感じる作品。特に浅野忠信さんの演技にどんどん引き込まれて素晴らしかったと思う。
幸せの基準は人それぞれだと思うし、ちょっとしたことで人生は好転したりする。そうゆうことを感じられた作品でした。
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.8
ロボットに指示されるばかりの仕事辛い。連れ子にこんなタイミングで今更猛拒絶されるの超辛い。なんとかしようと元父に会いに行ったらホントにクズで、聞かされる嫁の悪口とか、ほんときつい。
浅野さんが壊れかけたところはホラーだった。もう無理や、家族なんか辞めて逃げ出したい!
…そんなところからよく持ち直したものだ。気持ちを聞くって大事なことね。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

離婚経験のあるサラリーマンが主人公。彼は同じくバツイチで2人の連れ子を持つ女性と結婚し、連れ子の姉妹との関係も良好であったが、妻の妊娠をきっかけに長女との関係が悪化する。長女は本当の父親に合わせろと何度も要求するようになり、家庭内の不和に疲れた主人公は、実の父親との面会をセッティングするのだが…という話。
重松清の原作小説は未読。

バツイチ同士の再婚と、血の繋がらない親子関係の難しさを描いた作品。既婚のサラリーマンの皆様が観るとかなり痛い思いをしそう。
一度結婚に失敗している主人公は、娘たちに優しくかつ細心の注意を払って接しており、娘たちとの時間を作るため休日出勤や残業を避けてきたことで本社から閑職へ出向させられるくらいに家族最優先で生きてきたのに、妻の懐妊をきっかけにそれまで築いてきた信頼関係が一気に崩れてしまう。ただ、主人公にも悪いところはある。前妻との間に長女と同じ年の実子の娘がいて、数ヶ月に一度面会しており、無条件で主人公に愛情を向けてくれる娘と長女を心のどこかで比較していて、そのような無神経な部分を長女が敏感に感じ取り、反抗するに至ったのだと感じた。
姉妹の対比が上手く、物心つく前に再婚した次女は主人公を本当の父親と思っている一方で、長女は主人公と血が繋がっていないと知っているために逆に愛情に飢えているという設定がユニークだった。
主演の浅野忠信が珍しく小綺麗(笑)
で人の良い男を好演していた。どんどん追い詰められて終盤に壊れかけるのに、偶然にも助けられ、何とか家族を立て直したのは見事だった。田中麗奈演じる妻の前夫役の宮藤官九郎がとても印象に残った。彼のDVが原因で離婚し、長女との面会を嫌々で、金目当てで引き受けたような流れだったのに、当日は正装して娘との再会を待ち望んでいたような素振りを見せるところは何だかジーンときた。長女役の南沙良は、先日観た「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で主役を熱演していたが、本作でも微妙な年頃の長女役を見事に務めあげていた。彼女のセリフは全部ナイフのように40代のパパたちの心を抉りそう。でも、小6役は無理があるなあ。あと、次女が無邪気なキャラクターなおかげで重苦しい雰囲気にめげずに観られた気がする(^^)

主人公夫婦が別々に行ったひとりカラオケで同じ曲を熱唱していたエピソードだけはほっこりした。浅野忠信は歌上手い。田中麗奈は…
Harudy

Harudyの感想・評価

4.0
良きパパを演じる浅野忠信さんがとても新鮮。
原作が約20年前に書かれたことを知っていろいろと衝撃です。
Joh

Johの感想・評価

3.6
家族ってわずらわしい。そもそも家族って。きれいごとだけじゃ済まない人間の未熟さが描かれていた。かおりちゃんの「分かんない」という言葉が苦しかった。それが彼女の辛さなんだと感じた。言葉と気持ちって表現するのも、理解するのも難しい。本当のお父さんが、かおりちゃんとの約束にスーツでプレゼントを持ってきてくれてよかった。
>|