カツマ

わたしはパリジェンヌのカツマのレビュー・感想・評価

わたしはパリジェンヌ(2016年製作の映画)
3.4
myFFFにてオンライン鑑賞。
レバノンから離れ、パリの大学に入学した主人公リサがパリの人々に翻弄されながら、大人への扉を開けていくお話。
次から次へと現れる新しい男の登場。されるがまま激流に呑まれていくリサの姿は無鉄砲な青春物語かと思いきや、そこに移民問題を絡めることによって後半は締まった話になってきます。スピード感があり、音楽のセンスもいいので個人的には結構好きでした。フランクブラック(ピクシーズのボーカルのソロ)がライブで登場するのもポイントが高い。