greatman

孤狼の血のgreatmanのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
5.0
一言で言うと「狂犬のアメとムチ」
[あらすじ]
昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一巡査と共に捜査に乗り出す...。

問答無用の5.0
オレはおんなじ白石でも白石麻衣より白石和彌のほうが何千倍も好きだァァァァァァァァ!!!!
はい、もうサイコーです!!
普段はあんまり邦画を映画館で観ようとは思わない自分でも、今作に限っては観てよかったって思えるほど素晴らしい出来栄えでした。
ていうか今まで観てきた邦画の中で一番面白かったかも...
まず最初の豚小屋のシーンから凄い、そんでもってリアル🤮
もし自分があんなの食わされると思うと...もういっそ死んだほうがマシかも😅www
そしてそんな凄まじいシーンにも喰らいつくような役所広司の怪演ぶり。
警察なのにも関わらず、暴力や放火、ましてや拷問など、全編に渡ってこんなキ○ガイみたいな演技が出来るのって後にも先にもこの人だけじゃないでしょうか😥...
その他にも江口洋介や石橋蓮司、真木よう子、ピエール瀧...などなど演技に迫力があって良かったんだけど...松坂桃李くんが案外地味だったんで、インパクトあり過ぎる今作にちょっと押され気味かなーって思いました。
でもまぁラストの怒り狂った演技は良かった!😊
あれこそ犬から狂犬にへと変わるシーンですね😏...
他にも色々言いたいことあるけど、とりあえずまだ観てない人で、特に三半規管の弱い人に言いたい。”ゲロ袋を忘れるな”と...
血と暴力と怒号で埋め尽くされた至極の映画でした!


p.s テスト勉強が辛い😫...