Oto

寝ても覚めてものOtoのレビュー・感想・評価

寝ても覚めても(2018年製作の映画)
4.0
ありがちな設定やねんけど、どこか不穏な幸せが続いて、半分予想通りに半分予想外に劇的な展開が起こってもうた…緊張感と攻撃性と音楽がレフン作品を連想させた。『ララランド』に近いと言う人もいたけどもっとヤバイ。久々に長文感想を書きたくなる映画。

ミステリー感があったというか序盤から朝子はヤバイ奴やった(出会った直後・事故直後にキスするくらいだ)から、実は朝子が二人いる説を予想したけど違うかった、ホラーだけどリアルなロマンスやった。それにしても朝子の行動はさすがにサイコパスすぎるで…。結局、朝子は麦と同じ事を亮平にして「麦になってしまった」んや…だから麦は別れを受け入れたんやと思った。亮平とは約束こそしなかったけど、途中で戻る決断をしたのがより"麦らしさ"を強めているという皮肉。でもたまたま仙台だったのが亮平との「運命」なのかもしれない。
麦に関しては、携帯を投げ捨てる仕草と、ディスコで変態を突然蹴った暴力性がリンクしてやっぱり優しさではなく我田引水漢だったねーと思った。自分中心で動く麦と、自分のために頑張ってくれる亮平との違いに気づいて、戻る決断に至ったんやと思った。

そして、それを許す亮平の優しさも度を超えてたけど、「信じれなくても一緒にいたい」と思うくらいに愛してるというかっこよさはあるし、猫のジンタンの件は特にかっこよすぎた。
春代の言う「愛は感謝じゃない」も人間だからわかる気はするけど、自分やったら絶対無理や。そう考えると割と純粋な恋愛映画やね。。

唐田さんは『パシフィックヒム』でしか観たことなかってんけど、ほんまにいい女優さんでビビったで...素朴な感じが逆に狂気を引き立てる。東出くんは『桐島』から注目してたけど、演じ分けが上手やったし亮平は今まででもベストガイやったと思った。
渡辺大知のダンスとALSの対比、瀬戸くんの強烈な演劇批判と優しさの対比も印象的で、やっぱり人は裏表があるから面白いんやと感じたし、春代は笑えたし、役者素晴らしいで。栄子とか平川とかサブキャラの後押しが意外と効いてたな…。

3.11は3Gと公演日から予想がついたけど物語への影響は小さくてやや中途半端な気がした。麦の父のこと、東北旅のこととか回収されないものもあったけど、時間経過にしても基本的には心地よい飛躍が多かったで。邦画にありがちな興ざめな説明口調が全くなかった。ラストの濁流は少し比喩が直接的すぎたけど、tofubeatsを聴いて、溢れるし沈むし掴み所がないけど途切れなくて深くて全てを流す、汚いけど綺麗なものだねって納得した。

濱口監督、撮影の視点がずっと面白かったし興味持った。寝転ぶ二人の先で寝転ぶ猫とか、爆竹を挟んだ二人、階段や土手での高低差、ラストは交わらない視線、道路の俯瞰とか。長くて避けてた『ハッピーアワー』観てみるで。
(リスペクトを込めて関西弁レビュー)