寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価・動画配信

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

ひめ

ひめの感想・評価

3.0
元々気になっていたけど、観るなら今でしょとなった例のスキャンダル…レンタルもほとんど借りられていた。皆ミーハーですねぇ…ニヤニヤ
作品としては好きでした。共感は出来ないけど色々考えさせられたしストーリー展開も面白かった。ただ関西弁がめちゃくちゃ気になった。
姉

姉の感想・評価

3.4
タイトル通りの映画

現実なのか空想なのかわからない雰囲気を醸しながら漂うように生きる麦と、彼に心を奪われた朝子、という明らかに他人の気持ちを想像する力に乏しい二人が現実味がなくなるほどに周りのまともな人達を振り回す話なんだけど不思議と嫌ではなかった
りーな

りーなの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

公開初日に小さな映画館に一人で観に行って、なんかよく分からないけど大号泣した思い出深い作品

寝ても覚めても
このタイトルの意味をずっと考えてるし、何回繰り返し映画を観てもよく分からない
麦を好きだった時間と亮平と過ごした日々、どっちも夢であり現実でもあった
朝ちゃんの言動は側からみたらサイコパスだし不可解だけど、自分のことが一番よく分からなかったのは朝ちゃん自身だったんじゃないかな

一番好きなシーンは、麦の車で目が覚めた朝「この人じゃないな」って気付いた瞬間の朝ちゃんの顔
リアルすぎて少し恐怖を覚えた
ああやって取り返しのつかないところまで行かないと人は大切なものに気付けないなんて残酷だなあ

亮平はもう二度と朝ちゃんを許さないし信用しないんだろうな
でも、朝ちゃんのこと好きだからどうしようもないんだろうな
miku

mikuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

観ていて、ある意味
ゾクッとしました。


この作品のジャンルは、
はたして恋愛ものなのでしょうか。


東出くんの独特の演技が、
麦の気味悪さをうまく表現している。


亮平の人柄があたたかい分、
朝子の身勝手さが際立つ。


周りの人を裏切りながらも、
欲望に任せて突っ走る朝子。


主人公には共感できませんでしたが、
周りの人はみんなやさしいなと思いました。


対面して、まず友人の出産を報告する亮平。

不意をつかれた表情の朝子。

きっと彼女の頭の中は、
自分のことでいっぱい。

友人の心配なんて、
頭の中になかったのでは。


そんな信頼できない元婚約者と眺める川。

きれいに見えるわけがない。


亮平が納得して一緒にいるのならいいけれど、明るい未来はあまり想像できない。


かつて、彼が見せていた柔らかい笑顔。

これから取り戻すことができるのか。


きっと、朝子の頑張り次第だ。
遂に見てしまった😂

あのキスも、あのハグも、あの視線も、
ぜ〜んぶ実生活で交わされてた秘事なのか

ミーハーなみますは最早“家政婦は見た”状態なのであ〜る‼︎

唐田えりかちゃん、麦を見つめるあの熱病にかかったかのようなトロンとした視線.....それが演技なら素敵な女優さんに成長するはずだったのにと思うとホントに残念でなりません💦

麦から差し出された手を掴んだ瞬間に、
“コレはないわ〜😫ソレはあかんやろ〜😤”
共感度ゼロ‼︎
伊藤沙織ちゃんと一緒に彼女を説得せねばという気持ちに陥ってしまった😂

遠い昔、歌唱力が日本一だと思ってる某歌手が大好きで(今も好き🎶)
彼が糟糠の妻を捨て快楽に溺れてた時の曲の世界観がなによりも好きだった

それでは聴いてください🎤
【好きさ】
7円

7円の感想・評価

3.7
割と作り込まれてて面白かった。
唐田さんの演技がもう少し上手ければ良かった。
よしだ

よしだの感想・評価

3.6
寝ても覚めても一緒にいるのは自分なのに、寝ても覚めてもその人の心の中にいるのは自分じゃない違う誰かだったらかなしいな。
最後の朝子の行動はまじでよくわからんし、自分に対する損がでかすぎるけどこういう行動を実際に選ぶ人っているんだろうね、

このレビューはネタバレを含みます

見てみた!
序盤うわぁぁぁ苦手すぎると思ったけど展開が気になってなんだかんだ引き込まれた😂

蒸発した彼氏とそっくりな別人に出会う話
初めてちゃんとこの俳優さん(男)の演技見たけどいつもこんなかんじならすごいな……
棒だし関西弁やばい。

結局元カレもどってきてそっち言っちゃって
今の彼氏(婚約者)ぶちギレ
でもなんかもとにもどりそう、
でおわる
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.8
もしあらすじだけさらっと人に説明したら、なんだその映画って思われてしまうかもしれない。でも、描き方とか音楽とか画の綺麗さ、切り取り方はとてもとても好みだった。
麦と朝子がきちんと対面して出会うシーン、すごく印象的だった。たまにゾワッてするほどこわいシーンがある、監督昔ホラーもの撮ったことあるって聞いて納得した。
伊藤沙莉のうまさえぐい。
助演の人たちが本当に自然で、唐田えりかの浮世離れした感じが引き立ってた。演技慣れしてないちょっと棒な感じとか、少し輪郭のぼやけた声とか、あと幸薄そうな表情とか、この作品にはすべて必要な要素だったように思う。

きちんとまた感想を書きたい。
ErinaTerui

ErinaTeruiの感想・評価

2.0
芝居も映像も良いが脚本が微妙。説明不足な点が多く、気が散る。逆に原作を読みたくはなった。
>|