寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価・動画配信

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

さかな

さかなの感想・評価

2.5
全体的に映画が暗いなぁって印象

あとはバクが戻ってきた時のシチュエーションが「え?」って感じで最後の方もリアリティ感がなくて微妙だった(--;)
BlueD

BlueDの感想・評価

3.6
メイン2人のスキャンダルにより、今まで見そびれていた映画。
思いだけで突っ走ってしまいそうな危うげな女性に
唐田えりかはぴったりで。
だからこんなことになってしまったのかもしれないけれど。。

ドライブマイカーを連想させるようなシーンもあり
滝口監督を知る意味で観て良かった。

このレビューはネタバレを含みます


観てる間3回くらい「は!?」って声出しちゃうとこあった
朝子が寝たきりの岡崎の前で「こんな時でもわたしは自分のことばっかり」って泣いてるところに全てが集約されてた気がする いやほんまそれ
恋愛はいつでも自分本位っていうのを嫌というほど見せられてよく分かったけど、親切な友達とか優しい恋人とかも平気で衝動的に裏切ってしまうものなんか...?もうちょっと考えれんかったんか??ほんで裏切るんやったら悩んで後戻りするなよ、、

そのぐらい共感できんかったけど、共感できる=いい映画でその逆も、っていうわけじゃないもんな多分

そう思うと、映画としてはなかなか好きな方かもしれん
亮平が酒蔵の海外事業部的な部署勤務やったのも、前職と全く同じでなんか懐かし嬉しかった そのわりに日本酒あんま出てこんかったけど ほんで大阪本社の酒蔵はあんまないのでは?
あとみんな関西弁頑張ってた
伊藤沙莉さんの安定感には感謝しかない
偶然と想像第3話の女優さん出てきてたの嬉しかった

この映画の英題(洋題?)調べたらASAKO I&II なの、なんかすごく合点がいった

この映画は麦と亮平が東出昌大の1人2役なことが注目されがちやけど、実は朝子の方も分裂してるよな 麦といる時の朝子と、亮平がいる時の朝子

朝子にとっての麦が、亮平にとっての朝子になってる感じ

もし彼氏が急にいなくなったら、もし元彼にそっくりな顔の人が現れたら、もしその人と付き合ってみたら、もし失踪したと思ってた元彼がまた現れたら、もし今彼を裏切って元彼について行ってみたら、、みたいに、たくさんのIFを一度に見せてもらった気分
IMayu

IMayuの感想・評価

4.3
ドライブ・マイ・カー繋がりで濱口竜介監督の他の作品も観たくて。
非現実的と思わせるようなストーリーの中に人間の性(さが)であったり衝動のような本能的な行動原理を描いていた。
それはクリソツなイケメン2人に対する愛で自他共に翻弄される(する)朝子だけではなく、麦と亮平も性と理性の間に苦しんでいるように感じた。
そういう意味でこの作品とドライブ・マイ・カーは似たところがあるし、濱口監督が村上春樹の作品を題材として選んだのもわかる気がする。
所々て映し出されるファンタジックな映像も切ない物語を引き立てていた。

というかジンタンに助演猫優賞あげたいわ。
り

りの感想・評価

3.8
評価が難しい、面白かったがどう受けとっていいのか。
最後のセリフに集約されてる感じはした。
ゆ

ゆの感想・評価

-
人間不信になる恋愛の皮かぶったホラー映画でした。途中までは良さげな恋愛映画で観れた。良くも悪くも印象に残る映画
アキオ

アキオの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

濱口さんの作る映画は絶妙な雰囲気を出すのが上手い。気まずい雰囲気とか日常のさり気ない一瞬の再現度が高いよな笑
そこがすごい好き。静寂と言う音を大事にする所がポイント高い。照明の当て方も撮り方も言うまでもないけど笑

いやーこれは嫌やなぁ、、、今の俺は一切期待もしてないし、とったと撤退戦略取る人間やからそっすかにしかならへんけど、過去の俺やったらさよなら確定演出やな。
ゴースティングするとことかマジでやられたら辛いな、、、とは言え、朝子の行動は麦のミラーリングしてる気がするから気持ちはわかる。モロッコみたいな展開になるかと思ったけど、違ったのが意外。安定より不確定をとる気持ちはスリルあるし、ワクワクするからすごい分かるけど、ほんまに向き合いたいと思う人に対して、裏切りとか相手の気持ちを無碍にするのだけはやったらあかんと思った。
大切な人の大切な瞬間こそ、一緒に過ごさなくてはいけないのでは?朝子は大切な人の大切な瞬間に誰一人として立ち会ってない。まあまあ絶許度高いギルティー犯してる。正味しゃーなし受け入れて貰えはするだろうけど、明らかに心理的な距離を取られ続けるんやろな。輪に入りきれてない感は絶対に残るやろし、この先まあまあしんどいと思う。倫理観とか罪悪感とか一切ないタイプなら大丈夫やろけど笑

一度決めたら最後まで意志を貫く。
言葉の表現と言い方には気をつける。
関係性を修復不可能にするレベルの相手が一番傷つく行動は取らない。
これらを反面教師にするには最適な映画だと思う。
朝子も麦も他人を都合よく使ってるなって印象を持った。フィーチャーされて悪く見えてるだけなんやけど、他者の善意につけ込んでるように見えてしまう。本心でそう思ってるならそんな行動はしやんやろし、、、

取って付けたようなミナミの言語が違和感しかなくて嫌やな、、、もっとナチュラルにやって欲しいな、、、なんやろ、ふとした瞬間にナチュラル標準語イントネーションが出ると言うか、意識してアクセント変えたとしても棒読み大阪弁になってる印象。感情が入ってへんというか、、、
逆に東北系はナチュラルネイティブなのなんでなん笑笑

錦糸町出てきたのが鮮烈に印象に残った。そして、懐かしのtofubeats。
まさかの東出を3連発で摂取。「なんじゃこれ?」って感じでくだらないと個人的には思った。でも結構笑えちゃうから結局おもしろい。
ROA

ROAの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

朝子と亮平の心の温度の違い、朝子と麦の似た雰囲気がいろんな表現を通して伝わってきた。亮平と朝子の二人で東北に行ってボランティアをすることに対して「間違いじゃないことをしたかった」という朝子と、震災の時に自分のことだけでなく見知らぬ誰かを当たり前のように気に掛ける亮平。二人の危うい温度は亮平が保っていたのだと最後に麦が登場するシーンで再確認させられる。劇中で使われるBGMが緊迫した空気、狂気に拍車をかけているようで素晴らしかった。この映画の個人的見どころは少ない朝子と麦のシーンで描かれる運命に溺れる朝子を演じる唐田えりかの目の演技だと思う。泳がない目、光の入らない黒目が麦といることで生気を奪われていくような朝子の様子が狂気に満ちて描かれているように感じられた。素晴らしい映画。大好きな映画。
banchou

banchouの感想・評価

2.8
こういう人ってまた同じ事を繰り返す。本人に悪意はなく、正直に生きているだけだから余計にたちが悪い。
主演の二人の私生活まんまの物語に見えてそれはそれで鑑賞側の妄想を掻き立てる。
ただ、個人的に物語自体は全く刺さらず。
>|

あなたにおすすめの記事