寝ても覚めてもの作品情報・感想・評価・動画配信

寝ても覚めても2018年製作の映画)

ASAKOⅠ&Ⅱ

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

「寝ても覚めても」に投稿された感想・評価

Kaoru

Kaoruの感想・評価

3.8
ひとつひとつのショットの綺麗さと不穏さがストライクだなぁ
大根感が図太さを引き立ててるのがまた好きな感じよ
浅き夢みじのふわふわ感
ごんす

ごんすの感想・評価

4.0
一人二役を演じた東出は勿論のこと
唐田えりかがこの役ピッタリでただの危ない人の話にならず、素晴らしい恋愛映画になっていた。
唐田演じる朝ちゃんがしたことや、考えに共感できないが、人を好きな気持ちはそもそも理屈で説明できないことでもあるか。


Tofubeats最高すぎる。
何度も頭でリピートしてしまう。
めちゃくちゃ余韻残してくれた。
よしえ

よしえの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

例のあの件で気になっててついに鑑賞。
いやいやいやいや、ホラーやん。
何年も音信不通やった消えた男が現れたからって、いきなり彼氏おいといて付いていくか!?
クラブでいきなり男蹴ったり、携帯投げ捨てたりやばい男やん。
そして麦に付いていくって決めたくせに、なにが亮平のことが好きや、、調子良すぎる。
結局朝子の事が最初から最後まで好きになれなかったーー
仕事やその他多くの場面で自立性のかけらもない人間が、こと恋愛になると周囲もドン引きの主体性を持つの、本当に意味がわからない
主体性というより、他人の軸を自分の軸とするんだろうな
「私はマヤを尊敬する。私にはできないといつも思う」とか一見他人を尊敬できて友達思いな良い人っぽいセリフだけど、いつもそれができないってことだもんな
逆になぜ他人の軸がそこまで自分に刺さるのかがわかんないけど…
YTH

YTHの感想・評価

4.8
好きなタイプの映画ではないが傑作。編集やカメラが秀逸でtofubeatsの音楽もいい。
まぎれもない恋愛映画だが、ドッペルゲンガーを題材にしたSFサスペンスともとれる。
監督が、黒澤清のスパイの妻の脚本家に起用されたのも納得。蓮実重彦の最後の刺客。
オヤケ

オヤケの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マジで女がくそなんだけど、ここまでムカつけるってことは作り込まれてるというか役がマッチしてていい映画なんだと思う
この女はあとから気づいたけど、あとから気づいたけど、自分はちゃんと見てる時にりょうへいにしろ!ってずっと思えててよかった、大人になっても刺激的な恋を求める所が様々な部分の経線不足を感じる。男の取捨選択を間違える大人にはなりたくない。
racoccc

racocccの感想・評価

2.8
2種類の東出間を彷徨う唐田さんのお話

登場人物の誰にも共感できひん。
サイコ東出を楽しみにしてたけど、
それ以上に唐田さんがサイコで震える。

麦だけは好きになっちゃだめでしょ。
って思うけど、
あーゆう人ほど周り見えへんくらい好きになっちゃう気持ちもわからなくは無い。

お前も相当頭おかしいな。て言うた時の東出がいちばんよかった。
yaeko

yaekoの感想・評価

3.5

やっぱり例のアレの印象が強いけれど、前から気になっていたので鑑賞。

いやいやしかし、朝子が理解出来ない、、、わたしにはハマりませんでした、、、。
同じ顔の相手とはいえ、決意ぶれぶれ、ふらっふらの迷走ぶりがすごい、、、。
戻ってきた朝子に言った亮平の言葉は、まんまわたしも言いたくなったことだった。

いやいやでも、好きな人が失踪して、同じ顔の別人が現れて、とかになったら、そうなるのかなぁ、、、嫌いになった訳じゃないし。割り切ったつもりでも絶対気持ちは残ってるだろうし。目の前には同じ顔の人がいて、夢見てる気分にはなるかもしれない。なにが現実か見失ったりするのかもしれない。

もし朝子みたいな子がいたら、わたしは果たして山下リオちゃんと伊藤沙莉ちゃんどっちの友達の立場になるだろうか。
今のところはリオちゃん側になると思うけど。

このレビューはネタバレを含みます

なかなか気持ちの悪い映画でした。
セリフがなんとも気持ち悪いのと
関西弁が中途半端。

フランス合作と聞いてからは
セリフや雰囲気の感じが
まぁ分からんでもないかなと思いましたが。
外国の街並みで外国人が演じてたら
もう少し素直に観れたかな。

すぐチューするし、すぐ恋に落ちるし、
間髪入れず裏切って、すぐ戻る。
やばい。
相手のことを考えてます感出しつつ
全然自分勝手な感じ。
a

aの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あり得ない出会い方と、理解出来ないキャラクターや、展開もあったけど、
どうなってしまうのか、最後まで集中して見れた感じはあった。
夢の中なのか、現実なのか、考察が気になってしまう様な後半の展開や、終わり方だった。
>|