Kaoru

モリーズ・ゲームのKaoruのレビュー・感想・評価

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)
4.0
大前提に実話ということ。
これだけでとんでもなくすごい人なのです、モリーさん。

彼女の身に起こった出来事が、自分に降りかかってきたとしたら、たった1つの出来事でも人生再起はむつかしいような気がしてしまう。

VIPを相手にしたポーカークラブを仕切る彼女の回顧録をベースに、人生の教訓が込められた本作。時間軸のプロットがものすごく練られていてそれだけで新鮮だったわ。心理学者である父親との関係性が描かれたことでヒューマンドラマとして成立する。

たしかにお父さんの厳しさが引き起こしたこともあるかもしれない。だけれども、お父さんのおかげで、最後の最後まで顧客を守ることができる強さを身につけたのかもしれない。

ひとりの人間を親として育てるというのは、本当に本当に大変なことで、それだけで子のいないアタシは世の中の全ての親をリスペクトしてしまう。

ただじゃぁ起き上がらない。
アタシもそんなオンナにとても憧れるわ。

余談だけれど、ジェシカちゃんのおぱいから目が離せなかったわ笑。色気と知性、いろいろと憧れる女優さんだわ。