モリーズ・ゲームの作品情報・感想・評価

モリーズ・ゲーム2017年製作の映画)

Molly's Game

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼…

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。

「モリーズ・ゲーム」に投稿された感想・評価

七転び八起き、何度倒れても立ち上がる裏ポーカー主催者の女一代記。オープニングからの怒濤のスーパースピード展開の人生模様は抜群。裏ポーカーの手伝いをし、のし上がって行くあたりまではほんとに面白い。が、裁判と父との葛藤を乗り越えるあたりの見せどころがややぬるく残念
Mana

Manaの感想・評価

3.8
女神の見えざる手でファンになったジェシカ・チャスティン主演映画ということで楽しみにしてました。スコアは、面白かったけど女神の見えざる手にはあと一歩及ばないということで3.8。
原作はハーパーBOOKSで出版。映画はあとがきに2〜3行で済まされている出版後の裁判の話なので、原作を読んでいてもちゃんと楽しめる。(もっとも、裁判の判決はネタバレしてしまうけど)
モーグルのオリンピック代表選考戦でけがをし、選手生命を絶たれたモリー・ブルーム。一流アスリートの挫折、そしてひょんんなことからセレブたちの集うポーカーゲームの経営者となるも、違法ということで逮捕されてしまい…。
見どころは、ジェシカ・チャスティン演じるモリー・ブルームの大胆なドレス姿が印象的なポーカーゲームのシーン、そして逮捕されてからの法廷劇でしょうか。所々挟み込まれる、子どもの頃の父親・家族との回想も生きてました。
少し体調が悪かったのと、ポーカーについて無知というのも重なってか、チャスティン様の早口で畳みかけるような台詞が頭に入ってこなかったというのが実のところ…。 
終盤の法廷劇、そして父親との再会くらいから、やっと人間ドラマとして心動かされました。モリーの父を演じるケヴィン・コスナーがハマり役でした。一流アスリートを育てた父、そして挫折した娘…。きっと深い確執があったのでしょうね。
栄光と挫折を繰り返しながらも、またスタート地点に立つことができる人って、運がいいだけではないんでしょうね。足を踏み込んでしまったところは悪かっただけで、彼女のように信念を持った人物は、もっと大きな表舞台で活躍する場があるような気がします。
個人的にはちょっと乗り切れない映画でしたが、ハリウッドセレブの裏側も垣間見れ、スピーディーな展開がお好きな方は楽しめるのではとないかと思います。
私にとってはこういう作品はDVDで分からないところ巻き戻ししながら観る方が合ってるかも(笑)ジェシカ・チャスティンの美しいドレス姿は目の保養になりましたし、モリー役も彼女ありきじゃないかと。
そして、個人的にツボだったのはハリウッドセレブ・プレイヤーXを演じたマイケル・セラ♪ 今まで観た青春映画も良かったですが、今作ではまた違う一面を見せてくれてます。
モリーの父親役のケヴィン・コスナー、『ドリーム』に続きいい役に巡りあってますね。しっかり脇を固めてて、作品が締まってました。
Ketchup

Ketchupの感想・評価

3.3
モリーさんの怒涛の人生の物語を映画にしたもの。ポーカーメインじゃない。ポーカーは彼女の人生の大きな1ピース。人間関係、金銭関係、依存心、ギャンブルの境界線危うさ、なんかを教訓的に教えられるような内容。モリーさんのナレーションと画面チェンジのテンポが速いので、画面をちゃんと追う必要があるな。感動したからもう一回!ではなく詳しく内容を把握する、為にもう一度見たい映画。
よくできた会話劇で、主人公モリー・ブルームの頭の回転の早さ、類稀なる知力という設定が下支えになっているけれど、ひるがえって、映画的な躍動感、時間の芸術性という点には比重は置かれていない。
辛く言えば、舞台劇にしたほうが良いのではとおもえなくもないのだけど、だからと言って映画として退屈は一切しないし(ポーカーのプレイの部分の視覚的な起伏作りと説明のバランスはかなり心砕かれている)、情報量の多さや説明のなさが観客としてストレスと言うわけでもない。
動的な箇所としては、オープニングと、エンディング間際のアイススポーツの使い方が魅力的と言えそうだけど、その動をめぐるドラマに紐づけられている父性(もっと言えば家父長制な社会)に対するコンプレックス(これは優越感、劣等感両方、加えてその軋轢、という意味で)をモリーの行動原理に回収するようにも見えて、いささか複雑な印象を受けるし、そうであるならばちょっと短絡的な「和解劇」とおもわざるを得ない。
フロイトの心理分析とフェミニズムの話が出てきているし、アーロン・ソーキンがそのあたりをまったく知らないはずがないとは考えにくいので、まあ、そういう処理なのではと推測する。

家父長制社会の象徴としての、ギャンブル運営という場面設定、その参加者の背景にある映画業界、金融業界、美術業界といった職業クラス、ユダヤ人社会、石油王、貴族、といった階級(人種)クラス、後半大きくドラマを動かすロシアン・マフィアの存在などを見るにつけ、事実は小説より奇なりというぐあいなのだけど、そこで女性として生きていく困難がモリーの変遷(これはLAからNYに、という場所の移動にも関わる)に影響しているのは明らか。
終盤、そろえられた女性の従業員らが、相当優秀な点も見逃せない。
そうした社会でゲームを牛耳るモリーが、常に大きく胸の空いたドレスを着て(かつ購入場所や価格が上がることも含め)、高いヒールを履き、しっかりとメイクアップしている点は興味深いけれど、同じように男性中心的な社会で言葉と駆け引きを武器にする女性が主人公という設定で、同じくジェシカ・チャスティンが主演する『Ms. Slone』(「女神の見えざる手」という邦題はスローンがまったく女性性を武器にしないどころかそうした偏見を逆手に取った作品構成、演出を考えるとふさわしくないとおもう)ではヒールを脱ぎ、仕事外で男を買って性欲を満たすという脚本上の設定や演出がジェンダーに基づく差別や偏見をくつがえすことにかなり寄与しているのに対すると、本作はそのあたりの処理が詰められてはいないと感じた。
ポーカー、マフィア、次々と登場する多数の人物、溢れ出る情報量、高速なセリフの言い回し、盛り上がりにも欠け終始退屈してしまった。予告に騙されちゃった感。
ただこれだけは言える。ジェシカチャステインは素晴らしい女優。
mayumidayo

mayumidayoの感想・評価

3.6
ひたすら長かった。
アスリートからの転身は興味深いと思ってみたが、親子の絆の話だった。
私も映画化されるような人生を送りたい。
タロウ

タロウの感想・評価

3.6
夢の世界にもリアルが有るんだな。
って感じた。
んー話を理解するのに自分は
少し難しい感じだった
moshima

moshimaの感想・評価

3.1
少し冗長。でも、ハイソサエティの華やかさの描き方は魅力的。この世のどこかにある夢の世界を垣間見た気分です。

このレビューはネタバレを含みます

なんでFBIが来たのかよくわからなかった…マネーロンダリングだけ…?
>|