みりお

十二人の死にたい子どもたちのみりおのレビュー・感想・評価

2.9
公開当時、豪華キャスト陣に惹かれていたので、地上波放送を鑑賞🎶

う〜ん…原作を読んでいないのでなんとも言えませんが、設定は完璧ってくらい興味を引くし面白いと思います✨
なので、序盤はワクワクが止まらない❣️

でも完全に脚本・演出がミスってるのかなぁ💦
子供たちが自分の命を見つめ直す理由がペラッペラすぎるし、真剣佑が「ここでみんなに出会えて…」って話したシーンは、「そんな感動することあった⁉️」と思ってしまいました💦
どんなお涙頂戴的な場面でも大体簡単に受け入れて感動しちまうみりおでも、これは響かなかったぜい🤪🙌笑
原作の評判からして、そちらでは命を見つめ直す理由はしっかり語られていると思いたいんだけど、映画の台詞からは全くそれが伝わってこない展開でした、無念…_(:3 」∠)_

ましてや会話劇のようになってしまっているので、若手俳優さんたちの上手い下手が如実に出てしまい…💦
一生懸命感情を昂らせて、自分を演技派のように見せようとする俳優の卵たちの様子は観ていて疲れてしまいました😣🌀
特にこれは個人的な感情によるところが大きいですが、杉咲花ちゃんがとっても苦手なんです🌀
上手だって言われてるけど、この子の演技っていつも同じじゃないかな😣❓
『花男』のときと大した差もなく、ただただ"一生懸命演技する様子"はほんと観ててダメだった😂💦
演出さんたちはもう少しまともな演技が撮れるまで指導したり撮り直したりすればよかったのに…
真っ当に実力を発揮して頑張ってる俳優さんたちもいる中で、一部の子がそれを台無しにするのはなんとも残念😭😭😭

あ、でも一個すごいなと思った点はありました。
「死にたい子供たち」の容姿も性格も理由も様々だったのて、下を向いて俯いている子だけが死にたいと思っているとは限らないし、重病の子だけが死にたいと思っているとは限らないと気付くことができたかな。
"死にたいほど辛いこと"の基準なんて人それぞれだし、見た目が派手だったり、性格が明るいからって、何一つ悩んでいないわけじゃなくて、誰しももしかしたら死にたいくらいの悩みを抱えているんじゃないか…と、違う視点で物事を見るきっかけを与えてくれたのは、勉強になったなと思います✨


【ストーリー】

様々な理由で安楽死を望み、廃病院の密室に集まった12人の少年少女は、そこで死体を見つける。
死体は何者で、自殺なのか他殺なのか、集まった12人の中に殺人犯がいるのか…
解けない謎を前に12人はそれぞれの行動を取り始める。