mako

草間彌生∞INFINITYのmakoのレビュー・感想・評価

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)
4.0
草間彌生さんのことは水玉を描いてる芸術家としてしか認識してませんでした。
本作を観たら草間さんってすごい人なんだと思い知らされました。

1929年、長野県松本市に生まれる。10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始める。
1957年、単身渡米。シアトルでアメリカ初個展を開催。翌年にニューヨークへ移る。(フライヤーより)

水玉、網模様を子供の頃から描いていて今もずっと描いていることを知りました。
生い立ち、家庭環境、芸術家を決心し渡米、男女格差、人種差別、芸術家同士の熾烈な競争など、興味深く観ました。
女性芸術家にとって不利な時代を、それでも諦めず生き残るために行動していく草間さんのパワフルさにただただ圧倒されました。
強い信念と攻めの姿勢。
水玉の芸術家としか思っていなかった認識がガラッと変わりました。
草間さんの作品を鑑賞したいと思いました。
観てよかったです。


◆雑談
明日は次男の小学校卒業式。次男は児童会長なので答辞を読みます。
コロナウィルスの影響で3/2〜休校になり、友達と満足に遊べないまま卒業式を迎えることに。それだけが残念でした😢



字幕翻訳 安本煕生
字幕監修 株式会社 草間彌生(だったと思う😅)
劇場鑑賞 #26
2020 #43