makoさんの映画レビュー・感想・評価

mako

mako

森の学校(2002年製作の映画)

3.7

上映リクエストを元に、上映イベントを開催するためのサービス「ドリパス」。
この「ドリパス」に本作がリクエストされ、一定枚数(30枚)に達したので上映されました。
シネマモードでは4/11,18の2日間
>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

4.5

ドラマはシーズン3まで視聴。
シーズン毎に舞台は違います。

シーズン3は、富士山麓ののどかな撮影所「バイブレウッド」を舞台に、民放各局の連ドラや映画など多くの作品が撮影中で所内は大賑わいしてる設定。
>>続きを読む

ソング・オブ・ラホール(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャズ《ドキュメンタリー》映画特集で上映されました。


タリバンに音楽を禁じられ、世間から忘れ去られてしまったパキスタンの伝統音楽の音楽家たちが、音楽と聴衆を取り戻すためジャズに挑戦するドキュメンタ
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.1

《最後に笑うのは誰だ?!》

いや〜これは面白かった!
最後まで飽きずに観ました。
これは情報を入れずに観たほうが楽しめると思います。
私も皆さんのレビューは読まずに鑑賞しました。のちほど伺います🙇
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.0

《男はその日なぜ大統領を暗殺したのか》

この日観た『どん底作家の人生に幸あれ!』のあとに鑑賞。

軍事クーデターで政権を握り、独裁者と批判されるほど絶大な権勢を振るったパク・チョンヒ(朴正煕)大統領
>>続きを読む

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

3.8

《ありがとう愛しの変人たち》

文豪ディケンズの半自伝的傑作小説を映画化。

ちょっとあらすじ
デイヴィッド(デヴ・パテル)は少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

《さらば、全てのエヴンゲリオン。》

すごく面白かったです♪
これまで観てきた序破Qで分からなかった所がある程度分かりました。
これは劇場案件だと思います。劇場鑑賞をお薦めします。
岡田斗司夫さんも
>>続きを読む

野球少女(2019年製作の映画)

4.5

《あきらめない。何があっても。》

プロになる夢を諦めない〈天才野球少女〉が、一人のコーチと出会い、突き進む。

まず本作ですが、フィル友さんの評価が高く観たいと思ってましたがこちらでは上映予定がなか
>>続きを読む

紙ひこうき(2012年製作の映画)

3.8

本作、皆さんのレビューを読んで観たいと思い、探して観ようとしたら通信がなかなか繋がらなくて😰
で、少し放置してたら忘れてて😅

思い出したので観観ました。

モノクロで台詞なし。
偶然出会った女性が主
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

4.1

《そして、明日が始まる―。》

1980年代、農業の成功を夢見て韓国から、アメリカ アーカンソー州にやってきた一家、ところが―。

夫・ジェイコブの、農業でひとやま当てたい気持ちは分かる。
妻・モニ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

新作を劇場鑑賞したいために鑑賞。
NHKで新劇場版3作放送されていたので録画(20.8.28)してました。

やっと鑑賞! Qは2度観たほうがいいと数名のフィル友さんの教えを守り2度観ましたよ😁
2度
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

ノマドの意味
語源はフランス語の遊牧民や放浪者を指す言葉。

企業の破綻と共に、長年住み慣れたネバダ州の住居も失ったファーン(フランシス・マクドーマンド)は、キャンピングカーに亡き夫との思い出を詰め込
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.2

《すべてを、この目に焼き付けた−。》

こちらでやっと上映され鑑賞しました。
皆さんの絶賛レビュー、観て納得。
素敵な映画でした✨

18世紀のフランス。望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.4

録画消化(21.1.31)
出演者は豪華✨
だけど、福田雄一監督の笑いは私にはあまり合わない😅 笑える所もあったけど、無駄に長い笑い(佐藤二朗さんの所。佐藤二朗さんが悪いわけではない。演出が)は私には
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.0

《普通(まとも)って、なに?》

普通に結婚したいけど世の“普通”と大きくズレてる〈普通が分からない男〉大野と恋愛初心者のくせにSNSなどで得た情報で“普通”に溶け込む〈普通を知ったかぶる女〉香住。
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

3.9

〈恋を知らない人魚〉と〈恋を捨てた男〉
ふたりが奏でる心ときめくおとぎ話

やっとこちらでも上映され観てきました😊
フランス産のおとぎ話。
タイトルはマーメイド(人魚)になってますが、原題にあるように
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.0

新作を劇場鑑賞したいために鑑賞。
NHKで新劇場版3作放送されていたので録画(20/8/27)してました。

序しか観てない、エヴァンゲリオン初心者が観た感想です😅

碇シンジ、式波・アスカ・ラングレ
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

4.3

タイムラインがエヴァンゲリオンで盛り上がってる中、私はこちらを鑑賞😁
だってまだQを観てないから😅
破まで観ました。

前置きはここまでにして。
Disneyの映画を劇場鑑賞できてよかった! 映像の
>>続きを読む

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.1

『ラーヤと龍の国』と併映されていた短編映画。

台詞はない、ファンタジーのダンスムービー。

老いた夫婦の物語。
老いて気分がふさぎ込み、奥さんが誘っても何もする気が起きないお爺さん。ある夜、雨に打た
>>続きを読む

マイ・バッハ 不屈のピアニスト(2017年製作の映画)

4.0

【クラシック音楽映画特集】で上映。

ジョアン・カルロス・マルティンスの伝記映画。
ジョアンは、1940年6月25日生まれ。
8歳から始めたピアノで才能を開花させ13歳でプロの演奏者として活動を開始。
>>続きを読む

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

4.5

本作、こちらでは2018年12月に福山シネマモードで上映されていて、信友監督も舞台挨拶で来館されていました。
気にはなっていたものの、題材が老いた親の痴呆症ということで、私の両親も老いてきて当時は観る
>>続きを読む

痛くない死に方(2019年製作の映画)

4.0

在宅医と患者と家族の物語。

在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏著の10万部売れたベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」をモチーフに高橋伴明監督が完
>>続きを読む

SPEC〜零〜(2013年製作の映画)

3.8

1111本目レビュー♪
何故本作を選んだのかはのちほど😊
で、本作はドラマの方だと思うけど、映画に登録されています。

SPECはドラマから始まり、SPドラマ「翔」→映画『天』→本作→映画『結』(漸ノ
>>続きを読む

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

4.3

【負けても最高】

いや〜、痺れた!面白かった♪
末永(森山未來)と大村(北村匠海)、それぞれの闘う理由、負けたくない想いがヒシヒシと伝わりました。

二人の試合シーン、熱かった!二人に心の中で声援を
>>続きを読む

viewers:1(2020年製作の映画)

4.0

先月、観てたけど登録されてなかったのでレビューできなくて。
今検索したらあったので投稿。

リモートフィルムコンテストのグランプリ作品。

リモートで作った作品なのに、世界観は壮大。発想の逆転ですね。
>>続きを読む

フード(1993年製作の映画)

3.9

久々のショートムービー。
ダースポールさんのレビューで知ったと思ったら、別のフィル友さんもレビューしてました。近年、記憶力が乏しいです😅

フードというタイトル通りの内容になっています。
「BREAK
>>続きを読む

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

3.9

3人のボクサー達の物語。

末永晃(森山未來)…35歳。一度は手にしかけたチャンピオンへの道。今は“かませ犬(=アンダードッグ)”としてリングに上がり、ボクシングにしがみつく日々をおくる崖っぷちボクサ
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.9

【なぜ、彼女は父を殺したのか?】

◈ちょこっとあらすじ
川沿いを血まみれで歩く女子大生・環菜(芳根京子)が逮捕された。殺されたのは彼女の父親(板尾創路)。
「動機はそちらで見つけてください。」
彼女
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

【父も母もいないけど、私には《家族》がいました。】

1999年、2005年、2019年。
変わりゆく時代の中で生きる男たちを《家族・ファミリー》の視点で描く。

高評価も納得の内容でした。
観ごたえ
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.5

【この世界は生きづらく、あたたかい】

◈ちょこっとあらすじ
下町の片隅で暮らす、短気だがまっすぐで優しい男、三上(役所広司)。しかし彼は、人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯だった。そんな三上に若手
>>続きを読む

この世界に残されて(2019年製作の映画)

3.8

【一緒にいたいと想うのは、いけないことですか。】

『異端の鳥』はホロコーストから逃れた少年のお話。
本作は、終戦後の1948年、ホロコーストを生き延びた16歳の少女と42歳の医師アルドの物語。

>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

4.2

【僕は、生きて、家に帰る】

やっとこちらで上映、鑑賞しました。
皆さんのレビューでどんな内容か、ある程度分かっていたので、心積もりして鑑賞しましたが、衝撃的なシーンがいくつもあり、度肝を抜かされまし
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.8

【夢の終わりは人生の結末じゃない】

第1回木下グループ新人監督賞グランプリ受賞作。
2015年に開催された将棋AIと将棋のプロ棋士の対戦イベント、「将棋電王戦FINAL・第5局」をモチーフにしており
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

5.0

公開35周年記念 4Kリマスター版で鑑賞。

ウン十年ぶりに本作を鑑賞。
3作の中で一番好きかも。1も勿論好きだけど、本作ではドクの恋愛が描かれていて、それがすごく良くて🤭
『花束みたいな恋をした』の
>>続きを読む

劇場版 殺意の道程(2021年製作の映画)

3.7

【全ては、復讐のために。】

INTRODUCTION
バカリズムの脚本で、復讐というシリアスな設定の中で、普通のドラマでは省略されがちな部分をやたら細かく描いたWOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.3

録画消化(19.11.3)

クリスマスを間近に控えたロサンゼルスが舞台。
様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が描かれる群像劇。
登場人物は、白人、黒人、ペルシャ人、ヒスパニック系、韓国人(劇
>>続きを読む

>|