平野レミゼラブルさんの映画レビュー・感想・評価

平野レミゼラブル

平野レミゼラブル

刑務所の中(2002年製作の映画)

4.0

【世界で一番美味しいアルフォートの食べ方】
つい先日、ヤンマガWebで『ごくちゅう!』という漫画の連載が始まりました。
美少女×軽音楽部で『けいおん!』、美少女×キャンプで『ゆるキャン△』となるように
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.8

【お約束を掻い潜り、親子愛を育み、最後に立った女となれ!】
『ハッピー・デス・デイ』や『ザ・スイッチ』といったブラムハウス製ワンアイデア一発勝負なホラー映画の前進とでも言うべきコメディホラーです。
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.6

【極悪非道な殺人鬼だろうとJKと入れ替わったらとりあえず胸を揉む】
私たち、入れ替わってる~!?系ファンタジーですが、入れ替わるのが女子高生と連続殺人鬼な辺り史上最悪の『君の名は。』って感じのSFコメ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.4

【原点回帰にしてガイ・リッチー流の一生紳士宣言】
デビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や、その発展形である『スナッチ』など犯罪群像劇を得意とするガイ・リッチー監督の最新作。
>>続きを読む

いのちの停車場(2021年製作の映画)

4.2

【いずれ終わる命への問い掛け】
吉永小百合主演で、余命幾何もない患者達との触れ合いを通じ、次世代を担う若者達の成長も合わせてお送りする感動のウェルメイドでハートフルなヒューマン医療ドラマ……というのは
>>続きを読む

孤高のメス(2010年製作の映画)

4.5

【生命とは繋ぎ合わさるもの。孤独に振るわれるメスが永遠を紡ぐ――】
大鐘稔彦の文庫本にして全6冊の同名長編小説を実写化した医療映画なのですが、原作の成り立ちがちょっと独特。完全版が刊行されたのが200
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

【貴女がわたしを掘り出して。わたしを貴女は閉じ込めないで。】
その女、雷神の加護を受けて唯一生き残った赤子にして、幼少の砌より土奥より蘇らせし古来の生物と戯れ、種が絶えることを証明して「絶滅」の概念を
>>続きを読む

シベリア超特急5(2004年製作の映画)

1.5

【ハルオの楽しい映画人生の集大成!いや~映画って本当にいいもんですね~】
というワケで実質的な『シベリア超特急』最終作にして水野晴郎御大の遺作、そしてこのGWシベ超マラソンという名の苦行の記念すべき締
>>続きを読む

シベリア超特急3(2002年製作の映画)

1.9

【時をかけるハルオ!超特急と豪華客船を繋ぐ戦争の悲劇とは(棒)】
遂にこの呪力を高める為のGWシベ超縛りの術式も佳境に入って参りました。虎杖が五条に課せられた呪骸持ちながらの観賞スタイルだった場合、既
>>続きを読む

シベリア超特急2(2000年製作の映画)

2.0

【今度の舞台は超特急ではなく高級ホテル!熱演の中に混じるハルオという異物】
……というわけで、GWシベ超縛りによる『シベリア超特急2』の観賞です。前作観終わった時点で、渋谷事変中盤辺りの虎杖くらいの表
>>続きを読む

シベリア超特急(1996年製作の映画)

1.2

【伝説発車………!!ハルオの揺れない超特急】
私には毎年GWになるとクソ邦画を観るという習慣がありまして、一昨年は『幻の湖』、昨年は『デビルマン』を観ましたので、今年はこの『シベリア超特急』を観ること
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

4.1

【不死者たちが織り成す無数のエモ】
シャーリーズ・セロンの姐御が製作・主演に携わったネトフリ産アメコミ実写映画。
アメコミの実写化というとMCUやDCEUを連想しますが、本作はちょっと毛色が違うという
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

【ヒーローは愛を紡いで円環を成す——】
僕も清原果耶ちゃんの使用済みティッシュ(ガムつき)が欲しいです!!(最低最悪の感想)

原作はあの『とらドラ!』の竹宮ゆゆこ先生の一般文芸(と言っても文体はラノ
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

【けん玉殺法!蹴撃刀勢!オールスター大乱闘!人誅編を締め括る、るろうにお祭り騒ぎ!!!】
僕は原作も実写版も『るろうに剣心』という作品が大好きでして、まず原作はそのチャンバラ時代劇イズムを巧く少年漫画
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

【旅ゆくサボテン。】
コロナ禍におけるテレワークなどの普及によってノマドワーカーという言葉も浸透してきました。ノマドとは遊牧民を意味しており、働く場所を選ばず、喫茶店や図書館にコワーキングスペースとい
>>続きを読む

ザ・ライダー(2017年製作の映画)

3.8

【しがみつくということ。】
MCUフェーズ4の作品『エターナルズ』にクロエ・ジャオ監督が抜擢された時に、本作のことはちょっと調べていたんですが、割と地味そうな映画だったんでとりあえずキープだけして後回
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

2.1

【くれなずむ町の光と影の影の方】
ミニシアター系列の青春邦画はかなり打率が良いって印象がありまして、結構な秀作を輩出している気がします。ただ、この手の映画は個人的に「出来が良いのはわかるのだが、刺さる
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.9

【封鎖と銃撃から成る緊迫の二重奏。泥(ダーティ)に塗れても正義は見失うな!】
惜しまれつつも昨年若くして亡くなったチャドウィック・ボーズマンの主演作。遺作は『マ・レイニーのブラックボトム』とのことです
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.8

【サラッとトンでもないことを魅せつける“父なる闘争”】
あの『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を始めとしたMCU作品で、ヒーロー映画からは一線を画したドエレーCOOLでリアルな戦闘を魅せ
>>続きを読む

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

3.7

【人は罪を受け入れることで成長するのか?】
少年院から仮出所したばかりのダニエルが、とある田舎で司祭に間違えられる。出所後は聖職者を志していたダニエルはこれ幸いとばかりに村の司祭に就任。破天荒でところ
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.7

【狂犬には狂犬をぶつけるんだよ!!!!】
全然知らずに観に行ったんですけど、この映画って元は韓国の人気ドラマ『バッドガイズ~悪い奴ら~』の劇場版で続編なんですね。タイトルで「THE MOVIE」の文字
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.0

【陰日向に翔ぶ】
田中圭と土屋太鳳の夫婦役を観ると反射的に身構えるようになってしまったため『哀愁しんでれら』が犯した罪は重い。
いや、本作の圭&太鳳の西方夫妻は理想の夫婦なんで大丈夫ですよ!!あんなこ
>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

3.1

【パラレルワールド・ラブストーリー・イン・フランス】
東野圭吾の『パラレルワールド・ラブストーリー』って僕は原作も映画も観てないんですが、本作はそう呼称するしかない作品になっています。なんてったって、
>>続きを読む

旅立つ息子へ(2020年製作の映画)

3.5

【子の心、親知らず。それでもスイッチを押せば…】
昨年観た父親と自閉症の息子の絆を描いた作品で『靴ひも』と言うのがありまして、最初こそちぐはぐだった親子の絆が、物語が進むにつれて強固になっていく流れが
>>続きを読む

プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

【鉄壁の守りを打ち破った先に待ち受けるのは、或るスパイの一生】
黒星紅白先生のキュートな美少女デザインに反して、割とハードでボイルドな展開が目白押しなスチームパンク美少女スパイアクションアニメの劇場版
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.2

【トニー・ジャーの前で仏壇を破壊するな!!】
ゲームスキルってのがほぼ皆無な僕としては、モンハンのような腕前がそのままゲームのやり込み具合に反映される作品ってのが苦手でして、ろくすっぽモンハンをやらな
>>続きを読む

剣客(2020年製作の映画)

4.2

【剣よ――娘を守護って、忠義を尽くせ!!】
こーゆーのが観たかった大賞2021受賞!!!!!
いや~ノーマークだったんですが、この潔いタイトルと韓国の本格チャンバラアクションって部分に惹かれ、予告を観
>>続きを読む

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

3.6

【狂人の真似をすれば、実際狂人】
話には聞いていたが、ノルウェーのブラックメタル事情は狂ってやがるぜ…!!

1984~1993年にかけて北欧のブラックメタル界隈を牽引し、中核を担った実在のバンド「メ
>>続きを読む

クー!キン・ザ・ザ(2013年製作の映画)

3.6

【クー!アニメーションで蘇るシュールで迂遠な冒険譚】
住人の言語は「クー!(挨拶とその他多くの意味を持つ)」か「キュー!(罵倒語)」のみにも関わらず、脳内を読み取って人語を習得する技術は確立されており
>>続きを読む

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

【生まれる時代を間違えた天才の頭の中】
発明王エジソン生涯の宿敵にして、電流戦争の勝者たる雷電博士。
8カ国語を事も無げに操り、複雑な装置の設計すら脳内で組み立てし天才。
現代科学のあちこちにテスラの
>>続きを読む

ゾッキ(2021年製作の映画)

3.7

【異能の才たちが紡ぐ雑多にまとまった自由帳】
竹中直人!齋藤工!山田孝之!
どちらかというと「怪優」と呼称されることが多い異能の才を持つ俳優たちが、映画監督として集結。昨年公開されたアニメ映画『音楽』
>>続きを読む

フィールズ・グッド・マン(2020年製作の映画)

4.2

【Welcome to Undergrond. この悪意に満ち溢れたイカれた世界へようこそ…】
いきなり映画からかけ離れたところから入って恐縮ですが、私は『アイドルマスター シンデレラガールズ』という
>>続きを読む

迷子になった拳(2020年製作の映画)

4.0

【迷い足掻きし道の中、せめて謙虚な獅子であれ】
ミャンマーラウェイ。それは拳にバンデージのみを巻き、寝技以外の関節技、投げ技、肘打ち、頭突き、さらには故意でなければ金的も認められる何でもアリな古式格闘
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.3

【青は敗北者(ルーザー)ではなく挑戦者(チャレンジャー)の色】
僕と𠮷田恵輔監督の出会いは『ヒメアノ~ル』。会話のテンポでごく自然に笑わせてくるユーモアセンスに、ノンキしていたラブコメから40分経った
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.6

【JUNKなアタマを丸くする。超絶怒涛狂気の世界観に刺激を受けよ!!】
(※2021年3月31日追記)
『PUI PUIモルカー』の流行によってにわかに注目を集めるようになってきた邦ストップモーション
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.7

【大泉洋の解釈違い。公開前から騙し合いは始まっていた…!?】
「ラスト○○分の衝撃!あなたはきっと騙される!!」って感じのキャッチコピーが僕は大嫌いでして、何度も言いますがどんでん返しをアピールした時
>>続きを読む

>|