8bitさんの映画レビュー・感想・評価

8bit

8bit

しゃかりきコロンブス

映画(841)
ドラマ(0)

日日是好日(2018年製作の映画)

3.5

日日是好日。
樹木希林さんは女優として、人間として、
まさにこの言葉を体現されていたのだろうと思います。

その精神が映画の役柄を通じて黒木華さんに受け継がれてゆくのを確かに感じました。
彼女も樹木希
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.0

100分間、延々と繰り返される禅問答。
悟りを開いてGODZILLAを倒せってか。

怪獣映画を超えた“神話”を作ろうとしたのはわかるんですけどね。
さすがについて行けませんよ、あたしゃ。

ヴェノム(2018年製作の映画)

1.0

ヒーロー不在のヴィラン映画ということで、新鮮なものが観れるんじゃないかと期待していたんだけど。
なんだかいつもと変わりばえのしない、派手なだけの薄っぺらい映画。
テレ東のお昼にやっていてもおかしくない
>>続きを読む

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

3.7

撮影当時17歳。監督が。
タイトルや予告編の印象から、ぶっ飛んだ疾走感のある映画を予想してたんだけど。
なんだか痛いところばかりを突いてくるような暗さにびっくり。

「奇抜な設定で押す」とか「走ってさ
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.5

風景が長野っぽいなあと思ったら、やっぱり長野ロケでした。
「放課後、平安堂いこうぜ」という長野県民しか知らない書店の名前まで出てくる。

ストーリー自体はオリジナル台湾版を忠実にカヴァーしているので、
>>続きを読む

あみこ(2017年製作の映画)

3.8

新進気鋭という言葉がぴったり。
監督は独学で映画を学んだそうで、普通の映画の様式や文法とはやはり異質なものがあり、図らずもどこかヌーヴェルヴァーグのような雰囲気すら感じさせる。
感情の表現だとか、独特
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.8

「RAW」「聖なる鹿殺し」「マザー!」ときて、また凄いのが来ちゃった。

正真正銘の怪作。
シルバーレイクの下は、底なし沼でした。
アンドリュー・ガーフィールドとともに、LAの闇を地獄めぐりさせられる
>>続きを読む

アナザー プラネット(2011年製作の映画)

3.4

地球の隣にそっくりな惑星が現れたんだけど…というSFな設定からは想像もつかない
悲哀に満ちたヒューマンドラマ。

交通事故で妻子を亡くした音大教授とその加害者である女性の贖罪と再生の物語に
「もうひと
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

5.0

観ていて吐き気をもよおした。
面白すぎて。

登場人物が何を考えているのか全くわからない。次に何が起こるのか全然読めない。
それゆえにグイグイ引き込まれてしまう。
カメラワークや画面の構図も徹底して不
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.8

主演の井浦新さん、〝オバケ〟を演じたタモト清嵐くん、そして白石和彌監督が地元の映画館にやってくる!ということで観て参りました。

まさに〝生き様〟というものを見せつける、熱くてぶっ飛んでてめっちゃかっ
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.5

それぞれにコンプレックスや鬱屈した思いを抱えているふたりの女の子。
ふたりの距離が近づくきっかけが、歌とおち○ち○。て最高すぎやしませんか。

今年イチ 涙腺にきた。
ものすごい傑作ってわけではないん
>>続きを読む

わたしは生きていける(2013年製作の映画)

3.4

始まって30分くらいまではありふれた青春ドラマが続き、割と退屈かな?なんて思い始めていたら戦争が勃発。
第三次世界大戦とな。
それまでの青春映画が一転してサバイバル劇が始まります。

自分勝手だった主
>>続きを読む

山田村ワルツ(1988年製作の映画)

2.5

小〜中学生の頃だったかな。
深夜のテレビ放送で観た記憶が。

当時米米クラブが好きだった私は彼らの出演シーン目当てで、睡魔とつまらなさと闘いながら最後まで観ました。
ヒロインの作家役の子はたしか「ちゅ
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.7

SCID(重症複合型免疫不全症)という難病を患った少女マデリンと、隣に越して来たイケメン青年オリーとの切ないラブストーリー。と思いきや…まさかのネタバレ厳禁案件。

なんか日本でリメイクされそうな予感
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

5.0

松本CINEMAセレクトの上映会にて鑑賞。

客席は10~20代くらいの女の子が本当に多かった。
まさにそんな彼女たちの映画だった。
10代の頃なんて記憶の彼方に消え去った、男性である自分ですらここま
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.5

いろんな意味で前作超えてきたわ。
なんかもう映画すら超越した何かを観ているような気分にすらなりましたわ。
サブタイの「掟は破るためにこそある」とはまさにこの映画そのものの事だった。
悪ノリ感はさらに加
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

これはもうフォロワーの皆さんと一緒に観たい!!!

この数ヶ月間、神経をすり減らしながら、
ミタイノニミレナイというストレスと戦いながら、ネタバレを回避しまくった甲斐があった…。

満席となったシネコ
>>続きを読む

FEAR X フィアー・エックス(2003年製作の映画)

3.3

大好きなNWRの過去作。
張り詰めた緊張感や不気味な赤色に引き込まれ、思わず息をのんで見守るように観賞してしまいました。
明確なストーリーにそって捻りもなく淡々と進んでゆく中でも、時折妙なカットが出て
>>続きを読む

EVIL IDOL SONG(2016年製作の映画)

3.0

私ノ歌デ ミンナヲ幸セニシタイノー(闇)

確かにあの曲、耳に残って大変。
まさに殺シノ調ベ。
主人公の子、ジャケでヌードになったりビキニ着てライブやってたりするのは知ってたけど、ちゃんと観たのは初め
>>続きを読む

MOTHER マザー(2004年製作の映画)

3.6

な、なんだこれはー。
「マーターズ」「トールマン」という「なんだこれはー?映画」の名手、パスカル・ロジェは初期作品も奇抜すぎる。

訳あり孤児院の過去にまつわるオカルトミステリーな物語は「永遠のこども
>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.8

トイレを我慢しなきゃいけない状況に出くわした時は、いつもこの映画のギャロを思い出して耐えるようにしてる。

20代の頃初めて観て心を掴まれた予告編や冒頭シーン、家族との食卓、写真撮影、ボーリング、ココ
>>続きを読む

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

3.5

監督ってあのジョナサングレイザーですか。
彼の作るミュージック・ビデオは好きなやつばっかりだった。

物語や登場人物の背景を説明するような描写や台詞が一切ないので、いろいろと想像するしかない。
人間を
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.2

あれから ぼくたちは

園子温節が全開に空回りする1話目から、やっちまったかーと不安になったけど、2話目の「あの」シーンあたりから趣旨がわかった気がする。
「過去」「喪失」といった共通のテーマを持つ3
>>続きを読む

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

3.8

普通のサスペンス映画だと思っていたのでクセ強めな作風にびっくりしつつ、それがちょっと嬉しかったり。
ハードボイルドな雰囲気だけど、ニコラス・ウィンディング・レフンのようなアートっぽさも感じる。

冒頭
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.3

あの頃、何を考えていたのか。
あの頃、何が好きだったのか。
あの頃、何に憧れていたのか。

〝cool!〟や〝awesome!〟が合い言葉で、喜怒哀楽が目まぐるしいレディ・バード。なんだかんだで青春を
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.0

退屈な日常から離れ、馬鹿んなって楽しめる、ある意味ドラッグ・ムービーみたいなものではなかろうか。
暑くてやってらんねえよ、とばかりに駆け込んだ日曜の映画館で観るには最適なやつでした。

長いものに巻か
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

5.0

“十人十色”じゃないけど、人にはそれぞれの世界や色があって、良くも悪くもその中で生きてゆく。
それぞれの色が混じり合ったり離れたりする事で、人生というものが形成されてゆく。
好きな人とうまくいかなかっ
>>続きを読む

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

3.5

クインシー・ジョーンズのあの曲は流れなかった。

これはやばい。
まさに“性愛”の映画。
食べて、寝て、セックスする。
毎日毎日毎日。
愛する人と繋がっていたい。
愛する人の全てを自分のものにしたい。
>>続きを読む

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(2012年製作の映画)

3.8

絵が好き。まるで水彩画で描かれた絵本が動き出したような。
素朴だけど伸びやかな映像に魅せられる。

くまと小ねずみの交流を描いたストーリーは一見子供向けと見せかけて、実はところどころに風刺のきいた大人
>>続きを読む

ラストハウス・オン・デッドエンド・ストリート(1977年製作の映画)

1.1

三度の飯よりグロが好き、というナウなヤングにオススメ。
好きな人が好きなように嗜みましょう。

どこかのZ級ポルノ映画監督が「もっと過激なものを作りたーい。ならばスナッフフィルムに挑戦だーい。」という
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

4.0

多分スピ映画のなかでもいちばん好きかも。
ブチギレたトムクルーズがいきなりピーナッツバターサンドを窓に投げつけると、そのままビターンと張り付いたままなところが特に好き🥪

あのシーン自体が「ごっつええ
>>続きを読む

STAR SAND 星砂物語(2017年製作の映画)

3.2

1945年の沖縄を舞台とした戦争映画ですが、激しい爆撃や戦闘シーンは一切無く。
戦禍から離れた小島の洞窟を舞台とした人間ドラマ、さらに2016年を生きる大学生の視点も交差させ、戦争とはなにか、平和とは
>>続きを読む

恋とさよならとハワイ(2017年製作の映画)

3.3

とっくに別れてるのに同棲してるっていう、どうにも煮え切らない恋をちゃんと終わらせたい女の子のお話。

「かも」だけど、限りなく○○に近い「かも」。っていうこの微妙な感覚。
ひとつの事を完全に終わらせる
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

4.4

面白い!!!
「そうきたか!」で終わった第一章に続き、今作は「こうきたか!」の連続でございました。
文字どおり、牙を剥いてきたー。

「決戦機動増殖都市」なるタイトルの意味がようやくわかった。なるほど
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

映画じゃけぇ、何をしてもえぇんじゃ!

えぇじゃないか(゚∀゚)!

上映開始と同時に地震が起きて、劇場がゆらゆら揺れる中観た冒頭の豚小屋シーンから「この映画、只者ではない」と確信。
演出、脚本、演技
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

本年度の「ネオン・デーモン」枠。
アートなオサレ変態映画ですよー。

しかしその実、これはひとりの少女が大人の階段をのぼる怪談なのであ~る。
無垢な少女が初めての〝めざめ〟を経験し、いままで感じた事の
>>続きを読む

>|