LalaーMukuーMerryさんの映画レビュー・感想・評価

LalaーMukuーMerry

LalaーMukuーMerry

人生の映画空白期間を埋めるべく、現在映画三昧を実践中。このアプリのおかげでハズレ映画にあたらなくなり満足してる。昔見た映画の思い出し感想は原則禁止、鑑賞直後の感想のみ投稿します。…とマイルールを守り続けてはや5年。埋まるはずだった空白は、無くなるどころか、深みに変わってしまったこの頃。

映画(1003)
ドラマ(0)

大樹のうた(1958年製作の映画)

4.3

インドの名監督、サタジット・レイの初鑑賞。「大地のうた」「大河のうた」と合わせた三部作のうちレンタルできるのはこれだけだったので仕方なく第三作から。(第1,2作を見れるのはいつのことやら?)三作通じて>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

今の刑事訴訟法では、殺人で死刑に相当する罪に対して時効はなくなった(それまでは時効期間15年)。その改正法の施行日2010年4月27日の前日に時効期限を迎えるというギリギリの過去、1995年の連続殺人>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.1

僕の名はクメイル、カナダモントリオール在住のパキスタン移民の2世。ウーバーの運転のバイトをしながら頑張るお笑い芸人、今のところ売れてない。この作品で僕のお笑いのステージが何度も出て来るけれど、お笑いは>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.7

とても美しいお話でした。心の温まるお話でした、音楽も。よかった~!
          *
時代は1930年代後半から、舞台はカナダ東部ノバスコシア州ディグビー(「赤毛のアン」のプリンス・エドワード島
>>続きを読む

くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-(2009年製作の映画)

4.3

これは古い昔のサッカーを思い出す、私にとって味のある作品でした。
          *
私は中学は野球部、高校はサッカー部だった。私の中学校にはサッカー部はなかったし(これは普通のことと思っていた)
>>続きを読む

ルディ/涙のウイニング・ラン(1993年製作の映画)

4.5

始まりの気持ち良い音楽と美しい映像のおかげで、これは良い作品に違いないという予感。その予感通りの素晴らしいスポーツ映画でした。
          *
アメリカで大人気の学生スポーツと言えばカレッジ・
>>続きを読む

オフサイド・ガールズ(2006年製作の映画)

3.9

このイラン映画は、ワールドカップドイツ大会(2006)のアジア最終予選、これに勝てばワールドカップ出場決定という、イランにとっての大一番、しかも地元開催、イランvsバーレーン戦が行われるスタジアムに行>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

4.5

専業主婦を不当に軽んじているこの国の中高年の男性に対して、その考え間違ってますよ!と、分りやすく諭してくれる作品。三世代同居のごく普通の家族を同じ俳優陣が演じる「家族はつらいよ」シリーズ第3作。第1作>>続きを読む

国家代表!?(2009年製作の映画)

4.0

スキージャンプ韓国代表チーム、結成からオリンピック長野大会での活躍まで。長野で日本は団体の金メダルを取って大騒ぎだったから気づかなかったけれど、その陰で初出場の韓国ではこんなドラマがあったのですね。>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

4.0

プーさんに登場するクリストファー・ロビンは、原作者A.A.ミルンの本当の子供の名前だったのですね。そこは別に驚きではないのですが、くまのプーさんの雰囲気から想像されるのとは全然違うテイストの作品でした>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.8

私の中では「レ・ミゼラブル」と同じ位置づけだった作品。タイトルはよく見聞きするし、知ってるふりをしているが、実は見たことない、読んだことない、何も知らな~い。
          *
恥ずかしながら初
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.1

確かに衝撃的で、生理的にうけつけないレベルの気持ち悪い映画でした。ストーリーとか表現はすぐれた作品なのでしょうけど・・・
          *
一体何なのこの集団?という怪しいテイストで始まりますが
>>続きを読む

マッチ工場の少女(1990年製作の映画)

4.1

アキ・カウリスマキ監督作品には、音楽は基本的になく(あるとすればミュージシャンの演奏シーンとか、登場人物がレコードをかけるとかラジオをスイッチONするシーンくらい)、登場人物はみんな無口で無表情で、作>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.4

映画にとって音楽がどれほど大切なものか、そんな当たり前のことについて、名作と切っても切れない名曲を例にとりながら、普段気がつかない角度から納得させてくれる、とてもためになって満足感に浸れる一本。プロロ>>続きを読む

夏の遊び(1951年製作の映画)

4.3

大切な人を突然亡くした悲しみに失われた13年。スウェーデンのバレニーナ、マリー(=マイブリット・ニルソン)の恋のお話。ときおり挿入されるバレエの練習シーンが新鮮で、恋する若い二人が眩しすぎました。
 
>>続きを読む

サリヴァンの旅(1941年製作の映画)

4.4

人々に喜びや笑いを与えるコメディ映画はとても大切なもの、というメッセージを伝える古典的名作。このメッセージといい、このことに気づくシーンといい、私の中のデジャブ感は何故だろう? 1941年という古い作>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

私の名はオーヴェ、スウェーデンの田舎町で、妻に先立たれて一人で暮らす老人、子供もいない。昔は地区の自治会の世話役をやっていたから、街のルールにはやかましい。ルールを守らない奴には怒鳴りつけないではいら>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

4.1

精神病院というものが1978年に世界で最初に廃止されたイタリア。ミラノのある精神病院から世間に放り出された元患者たちと、彼らを率いて無謀とも思われた事業経営を始めた健常者リーダーの奮闘をユーモラスに描>>続きを読む

誓い(1981年製作の映画)

4.1

ほとんどの日本人が知らない第一次世界大戦の一局面、オーストラリア軍(連合国側)とオスマン・トルコ軍(同盟国側)の戦いを、オーストラリア軍に志願入隊した二人の若者の物語として描いた作品。
       
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.8

「きっと、うまくいく」「PK」「マダム・イン・ニューヨーク」「バルフィ!人生に唄えば」「女神は二度微笑む」・・・私の中のインド映画に凄くいいのがもう一つ。今度のジャンルはスポーツ(根性)もの。それも女>>続きを読む

フェーンチャン ぼくの恋人(2003年製作の映画)

4.2

「すれ違いのダイアリー」でファンになったタイ映画、期待をこめた第2弾はこれ。生まれた時からの幼なじみの男子(ジアップ)と女子(ノイナー)、小学校4年生の淡~い初恋?の物語。期待に十分応えてくれて私は満>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.5

これは見て良かった。ナイジェリアからの難民青年ディアロを受け入れた、ドイツのある家庭(ハートマン家)。家族一人一人とディアロとの間に生まれる化学反応によって、ぎくしゃくしていたハートマン一家が良い方向>>続きを読む

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.4

親友の憧れの君にラブレターを仲介して渡してあげることから始まった恋?の物語。ちょっと不思議系の演出とか、可愛らしいピアノ曲がいい雰囲気を醸し出していて、大好きな「花とアリス」(2004)を思い出しまし>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.7

1967年7月23日~27日、アメリカで黒人による暴動(デトロイト暴動)があり、これをきっかけにデトロイトの自動車産業は斜陽化していった。この作品はデトロイト暴動の中で起きたアルジェ・モーテル事件とい>>続きを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

4.6

「KUBO」でストップモーション・アニメの世界に革命的進歩をもたらしたLAICAスタジオの作品。私には「KUBO」が最初のLAIKA作品でしたが、2012年に既にこの作品があったのですね。当時に見てい>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

4.2

フィリピンではドゥテルテが大統領になって(2016)、麻薬の取り締まりが強化されたのだが、特に大がかりな組織の摘発では、単に「強化された」の一言では全く伝わらない部分がある。本作は末端で麻薬に手を染め>>続きを読む

血と砂(1965年製作の映画)

3.9

北支の通称ヤキバと呼ばれる砦を巡る、1945年8月の日本陸軍とパーロ(八路軍=中国共産党軍)との戦いを描いて、かなり凄まじい戦闘や爆裂シーンもでてくるけれど、戦況とか作戦は二の次で、何とも不思議な雰囲>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.0

主人公の女性(=ローラ・ハリング )が、山中の道で車の中で拳銃をつきつけられていたら、突然暴走車が衝突して来て交通事故。その場から歩いて逃れてサンセット大通りの大きなお屋敷に。記憶をなくしてしまった彼>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.2

1979年にこんなのがあったのですね。オタクの先駆けとでも言えそうな高校の理科の先生(=沢田研二)。化学の実験器具、グローブボックス、ガスバーナー…、彼のアパートの一室にはこんなものが所狭しと並び、頑>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.9

登場する大人たちのダメさ加減には、あきれるワ。それに比べてダンカンくん(14才)の成長が清々しかった。プールサイドのバイトに飛び込んだのは大正解。プールパークの責任者オーウェンが、いい人でよかった。一>>続きを読む

サラの鍵(2010年製作の映画)

4.4

この作品を見る前に、「ヴェロドローム・ディヴェール事件」(略してヴェロディヴ)について知識があった方が良いでしょう(私もこの作品で初めて知ったのですが・・・)。
          *
~ヴェロディヴ
>>続きを読む

アドベンチャーランドへようこそ(2009年製作の映画)

4.2

夏休みに遊園地のバイトで知り合った若いカップルの、背伸びしたがりの、未熟な、でも真剣な、恋愛つまづき系のお話。こういうの、私は好きです。
          *
どちらかというとおバカなつまづき系の青
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

俺の名はジミー・ローガン。若い頃はフットボール選手としてならしたが、足を故障して生活は変わってしまった。今は鉱山会社で地味に働いている。と言っても坑道は自動車レース場の地下だ。地盤沈下のために設備が壊>>続きを読む

太平洋奇跡の作戦 キスカ(1965年製作の映画)

3.8

第2次大戦(太平洋戦争)を描いた古い日本映画(1965)。アラスカの南の島弧、アリューシャン列島の中の島、キスカ島からの日本軍撤退を描いた物語。こんなことがあったとは全く知らなかった。
       
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

泣けました。いい作品ですねぇ。メッセージは家族愛、と言うより、もう少し拡げてご先祖(曽々ばあちゃんと曽々爺ちゃん)まで含めた家族愛、「ご先祖を忘れずにいよう」でしょうか。
          *
小さ
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.7

お隣の韓国が民主化されたのは1987年だ。この年10月に憲法改正をすることが確定し、12月には国民の直接投票による大統領選挙が初めて行われ、盧泰愚(ノ・テウ)が初代大統領に就任した。そして翌年のソウル>>続きを読む

>|