Taxonomistさんの映画レビュー・感想・評価

Taxonomist

Taxonomist

映画(300)
ドラマ(1)

イエスタデイ(2019年製作の映画)

-


ビートルズがなければ「シガレット」も「コカコーラ」も「オアシス」も存在しなかったという映画。



【andの微妙なニュアンスを使った絶妙な詞】
I give her all my love
tha
>>続きを読む

探偵物語(1983年製作の映画)

-

【松本隆と想像力について】

私は松本隆の作詞が好きだ。なぜなら、松本隆という人物のあらゆる作詞に必ずや発揮されている彼の想像力にはいつも本当に感嘆させられるからだ。

彼女を海に連れて行った「春色の
>>続きを読む

緋文字(1934年製作の映画)

-

ナサニエル・ホーソーン

緋文字

19世紀のエマソンの超絶主義の影響。
緊張感に富んだ面白い小説。
サミュエル・リチャードソンの『パメラ』は、イギリス小説の典型であり、「いかに上手に結婚するか」を描
>>続きを読む

カリガリ博士(1920年製作の映画)

-

【映画とは空間の動態化である】
The unique and specific possibilities of the cinema can be defined as dynamization o
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.5

【森毅といじめ】

 「ぼくは子どものころ、弱虫だったので、どちらかというと、いじめられる側だった。それでも、ぼくよりもっといじけた子にたいして、いじめなかったかというと、そうも言いきれない。いま考え
>>続きを読む

図書館戦争(2013年製作の映画)

-

【経験論の名著一覧を時系列で見る】

【1562年】
セクストス・エンペイリコス(2-3世紀頃)『ピュロン主義哲学の概要」(ラテン語訳)
【1620年】
ベイコン(1561-1626)『ノヴム・オルガ
>>続きを読む

ザ・ライト -エクソシストの真実-(2011年製作の映画)

5.0

【この映画はとても良い映画】

この映画は、かなり多くの人がお馬鹿ホラー映画だと思っているかもしれないのだが、私は個人的には極めて好きである。ものすごく良い映画だと思っている。

これは仕方のないこと
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

-

How it must have been to grow up with the sky. To feel the sun, the wind, the trees. But your people>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

5.0

【最高の映画!!!!】

2020年に公開された映画の中で一番良い映画を、俺がひとつだけ選ぶとしたらこの『透明人間』という映画です。ネタバレも予告もなにも見ないで、ただ映画館に飛び込んで見てみてほしい
>>続きを読む

遠野物語(1982年製作の映画)

-

チャラい柳田國男「この話は、ぜんぶ、岩手の佐々木から聞いたんだけどな、佐々木がめっちゃ夜に訪ねてきたから、おれクッソ書き取ったんだわ。佐々木はあんま話すのはうまくねぇんだけど、クソ良いやつ。多分やけど>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

5.0

【この映画は凄い】

私を指導をしてくださった教授が授業中に唯一私に直接勧めてきた映画が、この映画だった。ずっと見たかった。素晴らしいセリフだらけで、感動してしまう。個人的には、途中に出てきたドイツ哲
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

-

この映画は、地球に巨大な隕石が落ちてくる映画である。地球に巨大な隕石が落ちてくるリスクは常にないわけではない。いまこの瞬間にもそのリスクがある。地球に巨大な隕石が落ちてきてみんな死ぬかもしれん。という>>続きを読む

サンバ(2014年製作の映画)

3.6

この映画のラストシーンは、パリのサン=ルイ島からシュリー橋を渡ったところにある、フランス共和国親衛隊本部(Garde républicain Célestins)のレストランで移民「ジョナス」として雇>>続きを読む

パリ、ジュテーム(2006年製作の映画)

-

【映画に出てくる場所と位置のメモ】

1.モンマルトルMontmartre(18区)
2.セーヌ河岸Quais de Seine(5区)
3.マレ地区Le Marais(4区)
4.チュイルリーTui
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

-

この映画はいま、Amazonプライムで見ることができる。

この映画の最後には、以下の二つの偉人の言葉の引用、すなわち⑴と⑵が監督によって掲示される。

ただ、そのとき、このふたつの文章が実はすこし矛
>>続きを読む

アトミック・カフェ(1982年製作の映画)

5.0

https://youtu.be/7aLiT3wXko0
↑このドイツ語を日本語に翻訳してみました。

あ、ところでこの映画はマジで最高ですよね。クッソ好きな映画のうちのひとつですわ。


Hast
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

-

スティーブの実の父親は、シリアからの留学生。つまり父はムスリム。母の家がムスリムを嫌って、結婚を認めてくれなかったらしくスティーブはジョブズ夫妻の家に養子に出される。スティーブ・ジョブズは、13歳のと>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

-

インディー・ジョーンズのモデルは、ペルーのマチュピチュを発見したハイラム・ビンガム3世という人。ペルーには、ハイラム・ビンガム号という名前の列車がある。

生けるパスカル(1924年製作の映画)

-

私はこのことをしばしば言ってきたんだが、およそ人間の不幸というものは、ひとつのことに由来している。それはなにかというと、人間が自分の部屋でゆっくりとくつろいで、じっとしてなどいられないということ、この>>続きを読む

パッチギ!(2004年製作の映画)

-

「パッチギ」は朝鮮語です。

一般公開されているハルミ・ベフの論文「「日本」という概念、日本文化と日本人」の日本語訳が出ていなかったので、その一部を翻訳して載せておきます。ケンブリッジ大学のホームペー
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.4



Je suis allé au marché aux oiseaux
Et j'ai acheté des oiseaux
Pour toi
Mon amour

Je suis allé au
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.2

遅ればせながら『トイストーリー4』という映画を見たのだが、かなりよかった。

おもちゃの持ち主のボニーちゃんという女の子が数十秒で作った、「フォーキー」という、ほとんどゴミで出来ているキャラが出てくる
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.9

英語で見ましたが、とても素晴らしい作品だと思います。特に冒頭部がとても好きです。僕は執事のLurchが出てくるシーンが本当に好きで、彼のオルガンを聴いていると非常に豊かな気持ちになります。特に、彼が、>>続きを読む

銀河鉄道の夜(1985年製作の映画)

5.0

銀河鉄道は星と星の間で宇宙空間を飛んでいると思っている人は『銀河鉄道999』に引きずられているのだろうか。すくなくとも『銀河鉄道の夜』の銀河鉄道は惑星間飛行をしていないし、夜空を飛んでいるわけでもない>>続きを読む

SR サイタマノラッパー(2008年製作の映画)

5.0

【私の好きな日本語の】
【ヒップホップランキング】

私は「ヒップホップ」という音楽のジャンルが本当に大好きである。心から好きである。なぜかというと、とても知的だからである。ここに、あえて、ネットを使
>>続きを読む

少年たち/『カラマーゾフの兄弟』より(1990年製作の映画)

4.0

【『カラマーゾフの兄弟』に関する基礎的なノート】

『罪と罰』(1866)や『白痴』(1868)や『悪霊』(1871)を書いたロシアの文豪フョードル・ミハイロヴィチ(=ミハイルの息子)・ドストエフスキ
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

5.0

本当に心から大好きな映画。

ものすごく素晴らしい映画だと思っている。

最初から最後のシーンまで、すべてが完璧。とてもかっこいい。

こういう映画が本当に好き。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.2

結論からいうと、『ヘレディタリー』のほうが断然好きだ。 アリ・アスター監督は、『ヘレディタリー』のオープニングのカットをを見たとき、「もしかしてこの人は本物の天才か」と思ったのだが、この『ミッドサマー>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.8

一見するとバカ映画に見えるパッケージかもしれないが、実は大当たりだったという映画がよくある。個人的にはこの映画は素晴らしい映画だと思っている。少なくともバカ映画でないことだけは確かである。第一作目『ジ>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

5.0

この1996年の映画『ジュマンジ』は、私にとって理想的な映画のうちのひとつだ。本当に素晴らしい映画だ。とても上品だし、映画的な快楽が中にぎっしり詰まっている宝箱みたいな映画。

しかも、主演が最高の俳
>>続きを読む

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

5.0

第二次世界大戦が終わって2年後のニューヨークに、南部からスティンゴという若者が上京してくる(この経歴は『天使よ故郷を見よ』(1929)を書いた作家のトマス・ウルフが重ねられている。)。

スティンゴは
>>続きを読む

ニーナ・シモン 魂の歌(2015年製作の映画)

5.0

【ニーナ・シモン】

My baby just cares for me
彼が気にかけるのは私だけ。


My baby don't care for shows
私の彼はショウにも興味がないの。
M
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

-


【レイモンド・カーヴァー】

主人公はマイケル・キートンが演じるリーガン・トムソン。マイケル・キートンは1989年にティム・バートン監督の『バットマン』でブルース・ウェインを演じたが、リーガン・トム
>>続きを読む

鮮血の美学(1972年製作の映画)

-

イングマール・ベルイマン監督の『処女の泉』(1960)という作品が元ネタ。

シングルマン(2009年製作の映画)

-

この映画のモデルは作家のクリストファー・イシャーウッド(1904-1986)。

ボフ・フォッシー監督の映画『キャバレー』(1972)の原作は、イギリス人の作家クリストファー・イシャーウッドが30年代
>>続きを読む

マグダレンの祈り(2002年製作の映画)

-

マグダレンとはマグダラのマリアのことで、マグダラのマリアはかつて娼婦だったがキリストに救われたことになっている。マグダレン修道院というのは、表向きは、洗濯場として運営されていた修道院(矯正院)で、未婚>>続きを読む

>|