Taxonomistさんの映画レビュー・感想・評価

Taxonomist

Taxonomist

映画(385)
ドラマ(4)
アニメ(0)

セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ(2000年製作の映画)

5.0

【スプロケット・ホールズの入れ墨】

⓪ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
①アンディ・ウォーホル
②オットー・プレミンジャー
③サム・ペキンパー
④サミュエル・フラー
⑤デヴィッド・リンチ
⑥ハー
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

-

【善と正義とを区別して何が嬉しいのか】

「野間(易通)は、リベラリズムの政治哲学者であるジョン・ロールズの『公正としての正義』に準拠しながら、善と正義を区別する。善とは、人によって異なる価値観であり
>>続きを読む

激怒(2022年製作の映画)

4.4

 この映画は、非常に面白い映画だった。そしてこの映画は、ざっくりひとことで言うならば鏡を描いた映画だと思う。それは、この映画自体が、鏡のような映画だという意味のみにおいてそう言っているのではない。いく>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

-

【人工知能は知能なのか】

人工知能は、「この要人をある犯罪組織から絶対に殺されないようにせよ」という指令を入力されると、即座にその要人を殺してしまうかもしれないような機械である。その殺害の結果、その
>>続きを読む

華氏 451(2018年製作の映画)

-

【本の中身ではなく本の相関図を書けることが教養】

「教養があるとは、しかじかの本を読んだことがあるということではない。そうではなくて、全体の中で自分がどの位置にいるかが分かっているということ、すなわ
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

-

【ジャック・ロンドン著『キーシュ』の私訳】

 キーシュは、極地の海のはずれに住んでいた。キーシュは、エスキモー式の時間の数え方で言うと、13個の太陽を見たことがあった。エスキモーのあいだでは、毎冬の
>>続きを読む

怪談(1965年製作の映画)

-

【ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)著『日本海に沿うて』の私訳】

 もう何年も前のことであるが、鳥取のごく小さな宿屋が、最初の客として、ある行商人を泊めた。主人はその宿屋が評判になることを望んでいたの
>>続きを読む

レジェンド・オブ・スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

-


【ワシントン・アーヴィング著『悪魔とトム・ウォーカー』の私訳】

 話を始める前に、今から300年前、1600年代の後半にまでさかのぼろう。当時、世界で最も有名な男のひとりであったのは、キャプテン・
>>続きを読む

ビハインド・ザ・カーブ -地球平面説-(2018年製作の映画)

-

【パースは『自然の秩序』で科学と宗教の本質部分は両立可能と考えていた】

 「現状の科学が宗教を反証できるといえば、それは誇張になるだろう。しかし、科学の精神は、ヴァシュロ氏の考えるようなものを除けば
>>続きを読む

カネコアヤノ Zeppワンマンショー2021(2021年製作の映画)

5.0

【カネコアヤノの『カウボーイ』に対する私の批評】

0.【批評対象】
https://youtu.be/1dHrFFs6UDs

1.【礼讃批評宣言】
「批評は常に褒め言葉でなければならない」。これは
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

-

この映画はマジで面白かった。この映画がつまらないと主張することは非常に簡単だと思うが、俺はむしろ非常に面白いと思った。たしかに結末は荒唐無稽だが、そもそもこの舞台設定自体が荒唐無稽なので、なんの問題も>>続きを読む

ブタはブタ(1954年製作の映画)

4.5

【エリス・パーカー・バトラー著『ブタはブタ』の私訳】

インター・アーバン・エクスプレス社の職員マイク・フラナリーは、ウエストコートにある同社のオフィスで、机の上に身を乗り出し、拳を振った。一方
>>続きを読む

最後の一葉(1984年製作の映画)

-

【オー・ヘンリー著『最後の一葉』の私訳】

 多くのアーティストがニューヨークのグリニッジビレッジ地区に住んでいた。スーとジョンジーという2人の若い女性が、3階建ての建物の一番上の階のワンルームに一緒
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

-

【実在するハッキング関連のやばい人】
①ロバート・T・モリス
②ケビン・ミトニック
③下村努
④オーウェン・ウォーカー
⑤ゲイリー・マッキノン
⑥ウラジミール・レヴィン

ハックフィンの大冒険(1993年製作の映画)

-

【マーク・トウェイン著『カリフォルニア人物語The Californian’s Tale』私訳】

 若い頃、私はカリフォルニアに金を探しに行った。私は自分が金持ちになるのに十分な量の金を見つけること
>>続きを読む

アース(2007年製作の映画)

-

【進化論と人類史のノート】

【宇宙の歴史まとめ】
宇宙の始まりは138億年前。太陽系が生まれたのは約50億年前。太陽系に地球が生まれたのは推定45.5億年前。生物が産まれたのはいまから約38億年前。
>>続きを読む

マクベス(1971年製作の映画)

-

【参考資料:シェイクスピア著「ザ・トラジェディ・オブ・マクベス」の抄訳】


 ダンカンは、スコットランドの王であった。マクベスは偉大な領主でスコットランド軍の将軍だった。バンクォウもまた、領主であり
>>続きを読む

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

-


【カール・W・ハート著『マイケル・ジャクソン:ザ・キング・オブ・ポップ』の私訳】

¶① マイケル・ジョセフ・ジャクソンは1958年8月29日にインディアナ州ゲイリーで生まれた。ゲイリーは、イリノイ
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

-

【西洋音楽史の流れのざっくりメモ】


1.【アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)】
ヴィヴァルディ(1678-1741)の『春』は「リトルネロ」という形式が有名である。「リトルネロ形式」
>>続きを読む

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

-

【現代のドイツ人は日本の近代化をどう見ているのか問題】

[Japans Modernisierung und plötzliche Öffnung gegenüber dem Westen]
[日本
>>続きを読む

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち(2015年製作の映画)

-

【定言命法も時代的価値観の制約を受けるのではないか問題】

「およそ命法は、仮言的に命令するか、それとも定言的に命令するか、二つのうちのいずれかである。仮言的命法は、我々が行為そのものとは別に欲してい
>>続きを読む

スリー・フロム・ヘル(2019年製作の映画)

4.4

【本当の意味で知的な英語のセリフとはどういうものかが分かる映画】

Otis Firefly : Yeah, I think I know what you're lookin' for.
お前が何を
>>続きを読む

アンネ・フランク 真実の物語(2001年製作の映画)

-

【カントとアンネ・フランクについて】

有名な話だが、カントは

「汝の主観的原則が普遍的な法則となることを求める意志に従って行動せよ」

と言っている。しかし、

「誰もが行うべきだと考えられること
>>続きを読む

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

-

【人はなんで考えるのか:西谷修の結論】

「人は、なんで考えるのか。で、なぜ理解しようとするのか。「それは、ノウハウを探すため」といわれる。もちろん、それもあります。けれども、どうしていいか分からない
>>続きを読む

海と毒薬(1986年製作の映画)

-

【ガチ無神論者がガチで選ぶ宗教文学】

「あまたのヒンズー教徒たちが、この大きな流れによって浄められ、より良き再生につながると信じている河。妻も何かによって運ばれていったのか。

「お前」と彼は呼びか
>>続きを読む

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

-

「自分の仕事の具体例を顧みると、批評文としてよく書かれているものは、皆他人への讃辞であって、他人への悪口で文を成したものはない事に、はっきりと気附く。そこから率直に発言してみると、批評とは人をほめる特>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

4.0

この映画、酷評だらけだが、俺はめちゃくちゃ面白いと思った。生命力が強い方が最終的には勝つ展開が非常に面白かった。もはや最後は泥試合である。そこも好きだ。男と女は最終的にああいう泥試合になって最終的には>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

5.0

(そんなものが実際にあるのかどうかはともかく)客観的な事実の羅列によるコミュニケーションといったものに人間は耐えられるわけがない。あるいは、そんなものに満足できるわけがない。客観的事実というのは、時に>>続きを読む

コンチネンタル(1934年製作の映画)

-

『コンチネンタル』におけるフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビの伝説のダンスはこのあと7年間で9本の同コンビでの映画を生み出すことになった。

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

4.5

結論から言って、2021年に見た映画の中でもトップクラスに面白かった。素晴らしい映画である。

絶対に映画館で見た方がいいし、この映画のことをつまらないとか言っている人が多いのが俺には本当につまらない
>>続きを読む

ゴダールの映画史 第1章 すべての歴史(1989年製作の映画)

-

【映画は全てを欲する】

What is cinema? ------Nothing.
What does it want? ------Everything.
What can it do? ---
>>続きを読む

音楽を聴く猫(1990年製作の映画)

-

【西洋音楽史を遠くから見る】

①ルネサンス音楽
(アカペラで神の調和についての聖歌を歌うポリフォニーが有名)

②マニエリスム音楽
(不安の時代。ヴェノーサのジェズアルドが有名)

③バロック音
>>続きを読む

それから(1985年製作の映画)

-

【「簡単で素朴」は褒め言葉ではないのか】

「代助は黙って三千代の様子を窺(うかが)った。三千代は始めから、眼を伏せていた。代助にはその長い睫毛(まつげ)の顫(ふる)える様(さま)が能(よ)く見えた。
>>続きを読む

坊ちゃん(1980年製作の映画)

-

坊ちゃんと山嵐コンビ:関東の野武士的であり旧幕府的
VS
赤シャツと野だいこコンビ:関西の公家的であり新政府的

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

⑴【挿入歌ヒーローズとは何だろうか】
https://youtu.be/PSQ6SEz-NpQ

→①時間の推移の中で、②自己と同一になろうとする英雄像

→自己への変容を受け入れてもらうことで相手と
>>続きを読む

クリスマス・キャロル(1997年製作の映画)

-

【ロンドンの覚え方】
①17世紀初頭のロンドン:シェイクスピアのロンドン
②18世紀のロンドン:サミュエル・ジョンソンのロンドン
③19世紀のロンドン:チャールズ・ディケンズのロンドン

>|