jozeさんの映画レビュー・感想・評価

joze

joze

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.8

本編とは別の世界線で構成された短編。

起承転結が明確。強烈なメッセージ声。短編とは思えぬ完成度。濃厚濃密21分。

衝撃のラストシーン。フリーズand思考停止、、、。全てを理解し終えた頃、一気に込み
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

4.1

貧しい時代に救われた恩は、やがて歪んだ信頼関係に変わり、新しい世界を求める彼らに、蛇のように絡みつき決して離さない。来る者は拒まず、去る者は地の果てまでも追う、レイシスト集団の狂気。

真っ先に「アメ
>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

3.0

西加奈子の原作モノは、実写化した途端パワーダウンするのは何故だろう。原作の設定(関西弁、美男美女の兄妹)に拘るあまり、内容がいまいち入ってこない。東北人が聞いても違和感を感じた関西弁は、確実に邪魔にな>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

1.5

悲しいときーー。

ずっと探してた映画をようやく見ることできウキウキしていたら、とんでもない酷い内容でまったく笑えなかったときーー。

悲しいときーー、、、。


童貞映画だけどさ、林遣都に元から備わ
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

ジムジャームッシュ×ゾンビ映画

水と油のように決して交わらないように思われ、多少の不安を抱えながら見始めたけども、蓋を開けてみればいつも通りのらしさ全開、ゆるくてシュールな世界観は例えゾンビ相手でも
>>続きを読む

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.9

日本版と中国版どちらを先に観たかで、印象や評価もガラッと変わりそう。先に日本版を観ていたので、新鮮さはあまり感じないな反面、見事なトレース具合には驚いた。弟くんの設定以外ほぼ完全一致。

チィファの手
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

映画の設定時期(学生→社会人)と同じ頃、当時付き合ってた女の子に「永遠はないよね」とポツリと言われた事を思い出した。社会に揉まれ、ズレる価値観。溶けだす脳。擦り減る心。軌道修正はいつも上手くいかない。>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

4.2

佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!、、、佐々木?、、、佐々木??、、、佐々木。
、、、、、、、、、、、、、、、、、

佐々木!?!、、、、、、、、
佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!

この2時間映画を佐
>>続きを読む

レディ・マクベス(2016年製作の映画)

3.4

年の離れた夫の元に嫁ぎ、心体の繋がりを拒否され続け、鳥籠のなかで若さをもてあます、17歳の憂鬱。

フローレンス・ピュー好きな女優です。欲望のままに悪事に手を染め、破滅への過程をも楽しんでいるような、
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.5

原作、又吉直樹。脚本協力、今泉力哉。この情報だけでもそそられます。さらに渡辺大知、奈緒、徳永えり、、、観る前から期待値が大変な事態に。

好きな女の子の靴が、白のジャックパーセルとか、その靴を交換して
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.4

加茂水族館キターーー!

映画の重要なシーンで、地元の水族館が利用された事が普通に嬉しい。あの巨大水槽で幻想的なクラゲ見てたら、小さな事はどうでもよくなるねえ。わかる。わかる。わたしが行った時は平日の
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.9

14歳の繊細さや心の揺らぎは、国籍や性別が違えど何も変わらないんだなあと、同じ頃の自分と擦り合わせるように、ウニの日常を静かに見つめてしまう。閉塞感のなかで密かな楽しみを見つけ、手探りでアイデンティテ>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

3.0

石橋静河推しには辛い、、、。

現実離れしたジャンルになればなるほど、彼女の魅力が削がれる気がした。多少のメッセージ声はあるものの、強引な展開の前では深く考えるのもめんどくさくなる。「岬の兄妹」松浦裕
>>続きを読む

疑惑とダンス(2018年製作の映画)

4.5

参った、参った、最高です。

結婚パーティーに集まった男女6人。「ヤった」「ヤってない」と不毛な争いが永遠に続く。嫉妬、未練、疑念、裏切り、さまざまな感情がぐちゃぐちゃに交錯する中、脈略無く突然始まる
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.0

ずっと見るの楽しみにしてたやつ。

タイトル、ストーリー、尺、、、全てがシンプル。初めて松本大洋のマンガ読んだ時の感覚に近い。独特タッチのアニメーションが放つ、一瞬の熱量に驚いた。音楽がなり始めると、
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.6

ジャ○ーズ、震災、電通。事前に身構える三大要素(私だけ)。ニつ当てはまる映画浅田家!。忖度と安易な震災利用を懸念しながら鑑賞。

実話ベースなだけに、人物像や相関図が把握しやすく見やすい。今でも現存す
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.7

怪しい宗教に縋りスピリチュアルな世界に心酔する親。自分にとっての普通が、他人にとっては異常。思春期宗教2世役は難しかったと思う。芦田さん(もうマナちゃんとは気軽に呼べない)はプロフェッショナル。

>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.6

ハリウッドで活躍する人気子役の息子と、
息子の稼ぎで刹那に生きる前科者の父の話。

12才。男なら自然と父親に憧れ抱き、常にカッコ良さを求める年齢だと思う。もう少し上になると身近な先輩に憧れたり、そも
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.0

養子縁組がもたらす当事者の葛藤、関係者の苦悩。人生はつくづく選択の連続だなあと。我が子を手放す選択、血の繋がらない他人の子を迎える選択。どちらも間違いではないし、そもそも正解なんてない。決断するまでの>>続きを読む

星屑の町(2020年製作の映画)

3.0

舞台は岩手、
ヒロインはアイ、、
夢は歌手になる事、、、

おそらく原作者さんは、あまちゃん大好きですね。東北訛りの少し猫背な天真爛漫女子って、まるっきり天野アキでは、笑。あれから5年後の世界でもおか
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

2.0

血みどろバイオレンスアクション映画を、恋愛のジャンルにカテゴリーするのはやめてほしい。恋愛要素一割もないけど、、、。任侠映画やVシネマだって、多少の色恋沙汰はあるし堂々と男臭いジャンルで勝負してると思>>続きを読む

静かな雨(2020年製作の映画)

3.8

原作読んでます。実写も繊細で丁寧、世界観が崩れる事なく安心した。外見の派手さに頼れない内容なだけに、静かな心理描写や日常の映像美はドキッとさせられる。

中川龍太郎監督の"わたしは光をにぎっている"を
>>続きを読む

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.7

愛を言えない男。
愛を聞きたい女。
愛を見守る男。

主要人物をいい表す上で、これ程的確な言葉は他にない。タイトルも「生きてしまった」でも「生き残った」でもなく、腹の底から微かに搾り出したような「生き
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.0

Twitter漫画が原作とか。

「死ね」「好き」の連発は、聞いてるだけで恥ずかしくなるのです。他のセリフの硬さからも、原作に忠実なんでしょうね。圧倒的に若年層向けな印象。

元々個別だったのエピソー
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.3

A24がまたやった。エモいの搾取。いいねの搾取。90年代青春ど真ん中世代は、搾取されまくりで大変なのです。

国も人種も違えど少年のあるあるは満載。身近な先輩に憧れたり、無理してタバコ吸ったり、童貞隠
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

4.5

水川あさみ、最高。

不甲斐ない夫に悪態をつきまくる妻。セックスの事しか頭に無いダメ夫。倦怠期夫婦のよくある話が、映画のフィルター通すとこんなにも面白、愛しくなるのか。

匂いまでも漂ってきそうな生活
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.8

原作、綿矢りさ。監督、大九明子。
のん、橋本愛、片桐はいり、、、
楽しみすぎて震える。勝手に。

実写化が決まる前に原作既読。私的な妄想炸裂させながら当て読みしてたけど、まさかのんとは驚き。A役は浜野
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.3

嘘。

嘘って言っても色々あるのよ。鈴木家の場合は、やさしい嘘だったり、残酷な嘘だったりと、受け取り方次第では様々な側面があるなあ。母を傷つけまいとその場凌ぎの嘘も、真実を知った時深く傷つきそうで、な
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.3

ティモシー・シャラメ、ティモシー・シャラメ、ティモシー・シャラメ、、、なめらかでお美しいお名前ですね。名前に負けず容姿端麗、現代の王子様。日本人で対抗するならオダギリ・ジョーでしょうか、濁点多いしなめ>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.1

神木君の新ドラマ始まる前に、数年ぶりに再見。GYAO様ありがたやー。

スクールカースト最下層の逆襲。ラストシーンまでの強烈なうねりは、何度見ても爽快でカオス。初見では気がつけなかった、神キャスティン
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.8

父と娘の血の繋がった親子の話であり、義父と息子の血の繋がりを越えた親子の話でもなるなあ。ただのシングルファザー奮闘記で終わらなかったのは、脇役方の熱演の賜物ですね。特に國村さん。

安易に涙を欲しがら
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.0

まるでレコード。A面(前半)は激しいヒップホップ、B面(後半)はしっとりしたバラード。嵐が去った後の静けさ。全編通して幾つもの表情を持ち、それぞれに秘めた感情が複雑に絡み合っていた。

綻びは突然、愛
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

75分、キネ旬ベスト10、映画通の評価も高い。ハードル上げ上で一気見。

アルプス、スタンドの、はしの方。桐島、部活、やめるってよ。に続くパワーワード。まずタイトルがソソる。くすぶり系文化部高校生の秀
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.0

権力を盾にセクハラ、パワハラを繰り返す輩は、時代やお国関係なしに蔓延ってますね。勇気ある一人の女性が声をあげ、後のmetoo運動にも繋がる実話ベースの映画。

悪者成敗系はスカッと爽快に後味良くが醍醐
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.3

面白い!

ワンアイディア(カンニング)のみで、グイグイと敵陣(視聴者)の懐に潜り込み、終いには相手の大将(心)を打ち負かす!
一点突破で尖った映画大好きです。無課金無双バンザイ!実に清々しい。

>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.9

死んだ魚の様な目。冷たく濁った目。新井浩史が去りし今、完全に香取慎吾のモノになった瞬間。SMAP時代に感じていた瞳の奥の違和感に今更納得した。キャラクターを笑顔で演じる彼よりも、人間を無表情で演じる方>>続きを読む

>|