あしたかさんの映画レビュー・感想・評価

あしたか

あしたか

回路(2000年製作の映画)

3.5

意味わからんが怖かった

後に解説を読み、成程なぁと思った

フッテージ(2012年製作の映画)

4.4

くっっっっっそ怖かった

その時々のホラー演出が冴え渡るというよりは、脚本によるジワジワとした恐怖。これはミステリのゾクゾク感に近いと思う。
終盤の畳み掛けるような恐怖から目を離せない。

お気に入り
>>続きを読む

10人の泥棒たち(2012年製作の映画)

4.3

こんなに登場人物が大勢いて全員キャラが立ってるのがすげェ。長尺だけあって見応え抜群。とびきりウェルメイドな脚本という訳ではないにも関わらず最後の最後まで目が離せない不思議。これもキャラの魅力の成せる技>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.2

よくできた脚本で終盤は面白いが、いかんせんそれまでが全然怖くない
ネタバレ厳禁映画なので、下手にレビュー読む前にさっさと見るのが良い

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

4.2

衝撃的な導入。ハリウッド製の本格VFX。アメリカ製とも日本製とも全く違う独特な空気感と展開を持つ韓国製怪獣映画。個性豊かなキャラクターと伏線を生かした胸熱な戦闘シーン。予想を裏切る大胆なオチ。面白い!>>続きを読む

ブロブ/宇宙からの不明物体(1988年製作の映画)

3.8

住人たちが一致団結したりヒロインがリプリーのように鬼成長するのが良い。笑えるくらい人が死んでく。グロ面白い

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

友達いない同士の集まりだからか、アベンジャーズよりも一致団結感が強かった。チームプレイしてたし

ハードコア(2015年製作の映画)

4.4

エログロ満載。アクションだけかと思いきや、声も無ければ顔も映らない主人公に魅力を感じるようになるストーリーのマジック。傑作

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

4.0

結構好き

終盤のもたつきのおかげで傑作になりきれてない感じはあるが、絵は綺麗・演技は上手い・ストーリーは面白いの三拍子揃ってる。
壮大な設定×シンプルな物語の組み合わせにワクワク。夢ってこんなもんよ
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

4.0

ゴジラが歴代最大の重量感。アニメでこれが出せるのが凄い

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

コメディとして優秀

アベンジャーズで最強クラスの能力を持ちながらも映画内容自体はイマイチだったマイティ・ソーだが、三作目に来て作風が一変。呵呵大笑のコメディ映画へと生まれ変わった。

冒頭から「お、
>>続きを読む

脳男(2013年製作の映画)

3.0

途中(1時間30分経過あたり)までは冗談抜きで最高。その後はスタッフもキャラクターも乱心したのか意味不明な上にサムくて見るに耐えない展開に。ラストが良かっただけに大変惜しい

この国の空(2015年製作の映画)

3.0

わたしが一番綺麗だったとき
わたしの国は戦争で負けた

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.4

とんでもねぇ傑作。大感動

かなり本格的でシリアスな作り(少しの笑いもある)。加えて序盤はかなり怖い。こういう経験は日本人にとっては全く他人事じゃないからね。

あって当然のもの(映画の中で描かれるの
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.3

泣いた。例のグーグルアースを使うシーンはゾクゾクした。母親の表情が印象的(どちらの母親なのかはご想像にお任せする)

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

これが映画音楽の本来の使い方だったのではと思う程には説得力がある

凄く楽しい。音楽に合わせてノリノリの映像が流れるだけでこんなにもワクワクするのかと、音楽の持つ楽しさを改めて実感する。映画鑑賞と言う
>>続きを読む

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー(2016年製作の映画)

4.2

相変わらずのクオリティ。今回も泣いた。ギャグもキレッキレ。猫が可愛いので猫好きも必見

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

1.0

予算もやる気もないのか、同じような絵で無意味な会話を延々と繰り広げて尺を稼ぐだけの映画。
テーマや信念や哲学が一切無いので、アドリブで物語を作ってるかのようないい加減ぶり。脚本家ちゃんと生きてる?
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

4.2

壮大なSFミステリとして退屈知らずでアクションも満載。オチもニヤニヤが止まらない見事なもの

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.4

2回見てこの満足度(前回比:+0.3点)。見れば見るほどのめり込む。さながら劇中で三隅に飲まれた重盛のように

>|