あしたか

あしたか

2017上半期映像作品ベスト5
①22年目の告白 私が殺人犯です
②ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
③13の理由(Netflix作品)
④グレートウォール
⑤メッセージ

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

4.2

歴代トップレベルの面白さ。常にクライマックスのような盛り上がりが続く。
結構重いストーリーだが、笑いが散りばめられているので見やすい。
夢の中での各キャラクターの描写には笑うばかり。舞台がほとんど夢の
>>続きを読む

美しい湖の底(2017年製作の映画)

3.8

時間逆行型ミステリという言葉に釣られて鑑賞。よくできてる。クールな落ち。コメディ要素もあって見やすい

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.7

今年No.1が出てしまった。凄すぎる。脚本も演出も藤原竜也も凄い。ヤバイ

キミとボクの距離(2016年製作の映画)

4.0

ファンタジー色強めかと思ったら、思ったより地に足の着いたラブコメ。
とても良いです。胸キュンします。
ウブな2人が可愛いのなんの。中学生かよ
離れていても思い合っていればそれはもう会っているのと同じだ
>>続きを読む

ウォー・マシーン:戦争は話術だ!(2017年製作の映画)

3.5

ウォーマシーン=アメリカ
話術=戦争プロパガンダ
盛り上がりには欠けるが、賢くなった気になれる

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.3

最高。ブチ上げクソラブコメ群像劇
中庭のシーンは面白すぎ。やっぱ群像劇はこうでなくちゃいけねぇ
ラ・ラ・ランド好きも必見

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.3

つまらなくはない。さほど面白くもない。独特でPOPな空気感があるかというとそうでもない。MCUでいうGotGのようなポジションになれればよかったのだが。
ただ一つ最高と言えるものがある。それはジョーカ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3

何をどうしたらこんな凄い映画が作れるんだ。感激

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

血が繋がった家族、血は繋がっていない家族、そもそも元赤の他人の家族、すなわち愛の物語。号泣

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ面白い。少年漫画らしい激アツ展開の連続。キャストも原作の中から出てきたようなマッチ感。笑って笑って熱くなって終いにはボロ泣き。漫画実写化の好事例。
菅田将暉の顔芸が最高
森園億人先輩大好き

何者(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます。

就活はクソ。

タイトルと、終盤の理香(二階堂ふみ)の台詞が全てを物語っていると思った。

人間皆、理想の自分になりたくて、あるいは自分以外の何者かになりたくて、もがいている。
それは滑稽に見えること
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.6

めちゃくちゃ難しい。少しでもわかるとめちゃくちゃ面白い。凄い映画だ

無限の住人(2017年製作の映画)

3.5

十三人の刺客には遠く及ばないが最初と最後の大殺陣は楽しめる。
主役2人の関係性が良くて、ニヤニヤしながら見てしまう。
キムタク、杉咲花、戸田恵梨香が良かった。
栗山千明もっと見たかった…。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.8

映画の満足度としてはこの点数なんだけど、監督の技量が高すぎてそれに踊らされた感が半端ない。
ストローのカットを始めとした、二つの家族・家庭の対比の描写が見事。
最初は不信感を持っていた主人公が段々と変
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.2

所々ついていけない箇所があるし、ラストは「湯を沸かすほどの熱い愛ってそういうことかよ!」と思わず笑ってしまうが、役者陣(特に杉咲花)の熱演もあり感動した。シュール過ぎるために人を選ぶと思うけど、ハマる>>続きを読む

指輪をはめたい(2011年製作の映画)

4.5

【ネタバレ厳禁映画】
記憶喪失になった男は誰かに渡すはずだった婚約指輪を持っていた。
しかし自分の周りには恋人らしき女性が3人もいる。果たして自分は誰と結婚するつもりだったのか!?記憶を探れ!!
とい
>>続きを読む

四十九日のレシピ(2013年製作の映画)

3.3

何がやりたいのかよく分からん話だがとにかくふみちゃん可愛い

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

人生って自分ひとりだけじゃ何にも出来ないんだなぁ

怪獣総進撃(1968年製作の映画)

4.3

キングギドラフルボッコが大好き過ぎて小さい頃は何度も見てた

>|