トモヤムクンさんの映画レビュー・感想・評価

トモヤムクン

トモヤムクン

映画(52)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ただただこの言葉につきます。
"10年間ありがとうございました"

MCUは各それぞれのヒーロー映画でもあり、
トニー・スタークと言う男のロードムービーでもあると感じました。

身勝手だった男が戦いな
>>続きを読む

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション(2019年製作の映画)

3.3

本作を観ると!!
テレビ本編がより一層面白くなります!

最近(12/23現在)、テレビ本編では
滅亡迅雷netとの死闘の際、
或人が思うヒューマギアの存在意義を
しっかり知る事ができ、
これからの盛
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.3

【フォースと共にあらん事を】
公開初日に観て参りました!

きっと8同様に賛否両論あると思いますが
新三部作の締めくくりとして個人的には
良かったと思います!

7では新しいアプローチをかけながら
4
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

皆さんご存知の通りe9が公開されるので
見返して参りました!

本作が公開された同時は公開初日に鑑賞!
その際は歴史的瞬間を経験出来たと喜びが
先に出ていたのですが

今回、改めて見返してみて
正直気
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.4

皆さんご存知の通りエピソード9が公開!!
復習を兼ねて久しぶりに鑑賞!

いやぁ~面白かったです!!
1から作りあげられたスター・ウォーズ。
主人公もダークサイドも
お初にお目にかかる方達ばかり!
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

5.0

先輩のご厚意で試写で鑑賞して参りました!
今年の映画納めでも良い程の力作!

正直、この映画がどう言った物なのか知らず、
本当は予習とかして行くべきなのですが
時間がなく…申し訳ありません

ですが!
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.8

1年で2回もスクリーンで
シティーハンターを観れるとは!!

フランス人のリョウとカオル?
いやいや無理があるでしょ!?
と最初は舐めていましたが…
スクリーンには確かに冴羽獠がいました!

スパイ映
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.8

ワクワクが止まりゃせん!

シャイニングの続編として
前作をオマージュした箇所等
上がる点は勿論ありますが…
純粋に内容が面白い!!

前作のキーワードを崩す事なく
本作では新しいアプローチをかけられ
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.5

ガキだと思ったら容赦ねぇ…笑

ちょっと甘くみてました
結構グロ描写も強め、且つ容赦ない!
水を得た魚のように超人能力を乱用した
暴れっぷりと来たらもう誰にも止めらねぇよ笑

個人的に凄く好きなのが
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.2

当たり前ですが最高に面白かったです!

メイン二人の見た目とのギャップも魅力的で
大人ながらにミルクを好み、
好きな映画でテンションをあげ、
マチルダとの接し方に模索するレオンと
子供ながらにタバコを
>>続きを読む

松永天馬殺人事件(2018年製作の映画)

-

なるほど…
"映画"としての新しい可能性を感じました
勉強させて頂きました!

来る(2018年製作の映画)

3.4

やっぱ人間が一番恐い。

内容としては一部、二部…と
それぞれの人物にピックアップした展開運びなのですが、そこでのそれぞれキャラの作り込みが素晴らしいです!
特に印象に残ったのは黒木華さん。
中盤のシ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

1.9

題材は良いのに勿体ない…

もし落としたスマホが猟奇的殺人犯の手に渡ったら?
SNS社会の中、現代人に強いメッセージ性を与える作品になるはずなのにオチが最悪でした。
ネタバレしないように言いますと、
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

HEROの監督と言う事もあり、
長澤さんとの凸凹コンビは葛藤を踏まえ、
互いに認め合う展開運びは流石でした。

腑に落ちないのは俳優陣です
せっかくの豪華キャストなのに
ちょっと…いや、かなり無駄使い
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.7

かなり前に先行上映+ライブビューイングの
舞台挨拶付きを鑑賞しました

感想としましてはスタンドバイミーを見た時と
似た感覚を持ちました
口に出せばいい物を、大人になって
『それぞれの世界』を持った…
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.8

原作はほぼ見た事がない素人クソ野郎ですが
めちゃくちゃ格好良かった!

時代や、街並みは変わろうと、
「冴羽 獠」と言う男は決して変わらない。
女にだらしないのに決める所は決める!
そんな男の格好良さ
>>続きを読む

キカイダー REBOOT(2014年製作の映画)

3.1

嘘だぁー!酷いよ笑
最近知ったばかりの自分でも、
これは受け入れられないな…

ジローもアンドロイドであって
ロボットではないと思うんだよな~
それにホログラムじゃなくて
スイッチオンで変身するのが見
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.8

気持ち良かったー❗

弱い者こそ王に相応しい。
強き者はその強さに溺れるが、
弱き者は弱さを知るが故に弱き者に
その手を差し伸べる。

兄弟の差が大きいので
サクセスストーリーとしても面白いですし、
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

こんなんズル過ぎる!笑
全体的に涙無しには見られない!!

スパイディー好きからすれば
堪らない展開の数々だし、
スパイディーをあまり知らない人達にも
スパイディー好きになる良い入口の作品です!

>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

まず誰もが思うであろう初っぱなのOPは、
感謝と尊敬で号泣です。ありがとう。

そして本編ですが、
自分は予告編を見ずに鑑賞しました。
初っぱなから世界観の大きさに驚愕しました

時代背景として女性差
>>続きを読む

スパイキッズ2 失われた夢の島(2002年製作の映画)

-

今までで一番見た映画!
幼い時は毎日見てたわ笑
好きなシーンは…

カ「(指パッチン)酸素ボンベ!、(指パッチン)酸素ボンベ!」

ジ「手で開ければ良いじゃん!」

カ「ダッサ…」

これわかる人いた
>>続きを読む

どろろ(2007年製作の映画)

2.5

"くだらねぇな"

CGを駆使した魔物との
ダイナミックアクションと
複雑な親子関係が描かれた作品!

序盤の下手物揃いの魔物戦は
リズミカルに事を進めていく故に
血しぶきの爽快感を感じる格好良さ!
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

3.4

くだらないんだけど本質を突いた作品。

とある理由で逃亡する野原一家は、
家族で高級焼肉を囲む為に奮起する!

一種のフード理論かも知れませんね!
道中で家族離ればなれになっても
大切な人達と大事な時
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.5

DCはヒーローの【弱さ】の演出が
エモい❗

中身はガキなので力を得て有頂天になったり、
バカをするのは当たり前。
ましてや強大な敵が出てくれば、
逃げる!逃げる!!逃げる‼️

でもそこが凄く良いん
>>続きを読む

バースデー・ワンダーランド(2019年製作の映画)

1.3

とんでもねぇクソ映画!!

僕の中では"2019年ワースト1位"です
心底イライラが止まりませんでした!

自分の読解力の無さもありますが、
まず根本的に誕生日が関係ないし
主人公が特別に選ばれた理由
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.3

学校で教えられてから早二年。
ようやく見れた…

画も不気味だけどBGMもSEも
鼓膜にこべり付く不快音(それが良い)で、
普段使わない部分の脳をフル活用した感覚…

客観視しか出来ない作品だからこそ
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.6

控えめに言ってサイコー。

1987年の一作の続きと言う事もあり、
多種多様なオマージュの仕方で
最初からテンションぶち上がり!
初期に比べてかなりの殺人量と
もはや暗殺術とも言える爽快な技の数々。
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.0

「桐島部活やめるってよ」の劇中で
登場する作品で興味本意で観てみたのですが
いやぁ~狂気!笑
何とか読み取ろうとしましたが
無理でした!!
これは考えたら負けです。
現状を楽しめば良いのです。
頭ん中
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.5

「この時代にはこの時代の強さがある」

今までにないどこか泥臭い格好良さを
醸し出す日本だからこそ出来たバットマン!
環境をゴッサムから江戸時代と
大きく変化させバットマンの特有の
最先端技術を使えな
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.5

確かに芸術的だ

『殺人=芸術』を語る
自称洗練されたサイコパスの自伝映画
殺人鬼の言動は我々が理解するには
到底難しい思想を持っている為
この様な映画は基本的に客観的にしか
見る事が出来ないと思う
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

とことん大人達が憎たらしい!

主人公が置かれる立場も全部元を辿れば全て
大人達の身勝手さが生んだ物なのに
主人公の想いも知ろうとせず傲慢に追い詰めて
見てる観客全員が『邪魔すんなよ!』

って叫びた
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

料理の物撮りや狂気的でありながら細部まで美しく装飾されたダイナー内
画に映る物全てが芸術的で映像映え!
また殺し屋もみな個性的で魅力的

内容も虚無で孤独な主人公がダイナー内での生と死の狭間で強く成長
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(2019年製作の映画)

3.5

ジオウ、本当の最終回であり
平成ライダーの終止符でもあり
平成と言う時代を生きた人の為の物語でもあり
今まで平成ライダーを見てきて本当に良かったと思える作品でした

ジオウらしくコミカルな部分も豊富で
>>続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVE タイムスリップ!恐竜パニック!!(2019年製作の映画)

1.4

内容ぶれっぶれのつまらなさ

テレビ本編同様に30分の尺の中で
劇場版らしく大迫力の物を作るのは
難しいと思いますがやはりそこが仇となったか
と…

まず序盤のロボ戦は格好良かったです
普段でもかなり
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

恥ずかしながら初チャイルドプレイ…

昔のと比較は出来ませんが個人的に結構ビクビクしてました笑
ホラー映画特有のタメの長さだったり来そうで来ないフェイクもありつつ現代なりではのAI技術の進歩も合わせら
>>続きを読む

海底二万哩(1954年製作の映画)

3.3

海底散歩に深海の神秘、巨大生物…
男のロマン満載!!

個人的にノーチラス号が格好良過ぎ
操縦音から窓の開閉、船内の装飾までワクワクの連続です!

内容面は想像以上にシリアスで人間のエゴや傲慢さを追及
>>続きを読む

>|