くまくまさんの映画レビュー・感想・評価

くまくま

くまくま

気になった映画を鑑賞できたらと思います。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

冷戦末期、「壁」が崩壊直前のベルリンが舞台。
この設定だけでスパイ映画の王道のようだが、良い意味で裏切ってくれた。
蒼い炎のような印象を受ける映像と80年代のヨーロッパロックのBGM。
入り乱れる各国
>>続きを読む

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

3.5

 珍しく第二次世界大戦をドイツ軍側から描かれた作品。
結びつかなかった邦題「戦争のはらわた」と原題「CROSS OF IRON」が鑑賞後は作品に横たわるテーマを端的に表していることに気付かされた。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

期間限定でノーラン監督たっての希望に応え(松竹マルチプレックス公式サイトより)35mm本編フィルムで公開している丸の内ピカデリーにて鑑賞。
そのフィルムのせいかザラザラしてぼんやりとした画質が「映画」
>>続きを読む

追想(1975年製作の映画)

3.3

第二次世界大戦中、ドイツ占領下のフランス。
美しい妻とかわいい娘、彼にとっての「愛しい日常」を奪われた家柄はそれなりかもしれない中年医師が1人でナチス・ドイツの軍人たちに徹底的な復讐を果たす話。
「追
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.4

自分が敵と認識した存在を容赦なく排除していくキアヌ。
街全体が戦場で、味方もほぼいない孤立無援での戦い。
カーアクション、銃撃戦、格闘での接近戦。キアヌ無双かと思いきや、かなり手酷く傷を負って流血する
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.6

大英帝国とチェコ亡命政府により計画されたエンスラポイド作戦‐ナチス・ドイツに占領されているチェコの支配者ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を片道切符で課された‐パラシュート部隊7名と彼らを取り巻く人達と時>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.2

邦題はトホホ映画のようですが、銀行強盗に挑むジーサン達を描いた所々に切なさが散りばめられているコメディ。
銀行強盗自体は良くない事だが、アメリカの経済システムへの不満と友情や家族愛を糧に目標に向かって
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

2.8

バカンスで来たメキシコの海でサメと出会って…という夏の名物「サメ映画」かと思いきや、共演者サメの海洋アドベンチャーかつパニック映画。
少なからずツッコミ所はあるけれど、海の中の閉ざされた暗闇の恐怖に「
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.2

2013年ボストン・マラソンでのテロ事件が題材。様々な立場でこの事件の当事者となってしまった人達の姿を描きながら、実際に被害に遭われた方達のインタビューなど「本物の映像」が自然に織り込まれているドキュ>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.6

「愛」という存在は人を幸せにする反面、自分のみならず他者も傷つけてしまう。真っすぐだからこそ美しく、醜く、何よりも残酷。そんな「愛」が登場人物の立場の違いによって多面的に描かれている話。
原題「The
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

一見すると何事もない日常の中に息づいている人の哀しみや痛みを淡々と、それでいて鮮やかに描いた作品。派手さはないが画面に引き寄せられる底力があった。
アカデミー賞受賞作だから闇雲に素晴らしいと思ってはい
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

個性的なキャラクター達が宇宙にきらめく星々のようにそれぞれの魅力を輝かせていた作品。
エンタメ作品のノリの良さと笑いだけでなく、同時に親子愛・友情・チーム感にほろりとさせられ、人間のエゴの部分もしっか
>>続きを読む

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿(2014年製作の映画)

2.8

世界3大美術館の1つ、エルミタージュ美術館のリアルガイドブック。
なぜ「リアル」なのか?美しい作品群や栄華を誇ったロマノフ王朝の宮殿だった建物を鑑賞するだけではない。
美術館を中心にソ連・ロシアの歴史
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.0

主人公の幼少期を描いた前半と自分の原点を探しにいく後半の2部構成。
前半は主人公の視線から家族の愛情と当時のインドの1つの側面‐貧困、ストリートチルドレン、鉄道等のインフラ問題‐が淡々と描かれている。
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

ピンチの連続だけど最後は大団円という定番ストーリーに数々の素敵な音楽が彩りを添えてくれる楽しく、なのにほろ苦さも散りばめられた話。
主役は物語をリードするコアラのムーンだけではない。親子関係、極度のあ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

ヘタレすぎる探偵のライアン・ゴズリングと腕力でもめ事を解決する示談屋ラッセル・クロウの1970年代テイスト(環境問題、これから更に大きくなる自動車産業問題も含め溢れる「ぽんこつバディ物」。EW&F「S>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

この作品を楽しめるか否かのリトマス試験紙のようなオープニングからミュージカルの王道を走りきった作品。制作側のミュージカルとハリウッドへのあふれる愛が感じられた。
鮮やかな色彩、音楽、カメラワーク、演じ
>>続きを読む

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(2015年製作の映画)

3.0

第二次世界大戦の傷がまだ癒えない旧西ドイツでナチスの残党を追い詰めるフリッツ・バウアー検事長の「孤独な戦い」を描いた話。戦後復興を優先する国家、組織の中での出世や自己保身、ルーツやセクシュアリティとい>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.4

ベンアフ演じる謎に包まれた世界中の裏帳簿を仕切る数字に天才的な才能を示す会計士&凄腕のスナイパー兼ファイターが主役…高質なサスペンスアクションかと思いきや高機能自閉症という現代的な設定がベンアフに可愛>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.8

悪役はきっちり悪役。そして正義は勝つという王道の西部劇。同時に多民族の7人と自立したヒロインに現代を感じさせられた。7人のキャラはそれぞれ魅力的だったが劇中にさり気なく挟み込まれる「過去」がよりキャラ>>続きを読む

アラビアの女王 愛と宿命の日々(2014年製作の映画)

2.5

女性が社会的地位を得る事が難しかった19世紀後半。現在も解決をみない中東情勢の発端に大きな影響を与えた女性がいた…設定がとても魅力的なのに。恋愛?冒険?スパイ?なぜかどの点からも中途半端な物語になって>>続きを読む

こころに剣士を(2015年製作の映画)

3.5

予想以上の良作。
第二次世界対戦後のソ連とナチスドイツに翻弄されるエストニアが舞台。物理的な戦争は終わったが生きていくため、「今の生活」を守るための良心すら置き去りにする「静かな戦争」が始まった時代。
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.0

「アイ・イン・ザ・スカイ」現代の戦争映画であり「組織」映画。組織の中に身を置く者なら登場人物に自分を重ねて苦い思いがあるのでは。題名の「アイ」は存在感なく私達を観察しているドローンであり、同時に世間の>>続きを読む