ヴレアさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ヴレアさんの鑑賞したドラマ
ヴレア

ヴレア

おいしい給食(2019年製作のドラマ)

3.9

1クールに1つはある深夜の飯テロドラマ。
食をテーマにしたドラマってなんかついつい観てしまう魅力があると思う。

今作のテーマはみんな大好き給食。

給食が好きだった人ならそれだけで共感できるところは
>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 2nd(1996年製作のドラマ)

5.0

1シーズンに比べてより深みの増したドラマ、エンタメ性の向上、今泉のギャグ要因&偶然ヒントに繋がる行動をするという役割の明確化。等によりパターン化しつつも毎回色んなテーマの事件を扱うので飽きさせないし、>>続きを読む

0

古畑任三郎 vs SMAP(1999年製作のドラマ)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

SMAPが本人役を演じていて犯人役であるという事で、かなり気を遣った脚本となっていた。
動機に関しても仕方がないと思わせるような同情を誘うものであり、殺人のシーンをとって見ても情感たっぷりなメロディの
>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 3rd(1999年製作のドラマ)

3.5

う〜ん、改めて観直してみたけど、1st、2ndシーズンに比べるとちょっとイマイチなんだよなぁ。
マンネリだったり、そこまで犯人が魅力的じゃなかったり、西園寺君や花田などのサブキャラが前面に出過ぎていた
>>続きを読む

0

古畑任三郎 FINAL 今、甦る死(2006年製作のドラマ)

3.9

三谷幸喜曰く最終回のつもりで書いたという作品。
倒叙ものであるというお約束を破り、途中で犯人が代わるというのが斬新。
ただし、結局は藤原竜也と石坂浩二の二人がゲストとしてクレジットされている以上、視聴
>>続きを読む

0

古畑任三郎 FINAL フェアな殺人者(2006年製作のドラマ)

3.3

SMAPの時もそうだったけど、本人役を演じるという事でとにかくイメージを壊さないように細かな配慮が徹底していた。殺人の動機にしても似たような感じだったし!
直接的な人殺しのシーンを避ける為にフェアな殺
>>続きを読む

0

古畑任三郎 FINAL ラスト・ダンス(2006年製作のドラマ)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

倒叙形式でありながら犯人当てを成立させてやろうという挑戦は良かったけど、双子という時点で入れ替わるんだろうなぁと視聴者は疑って見ているのでまず騙されないだろう。
さらに、指紋や硝煙反応等の問題を放置し
>>続きを読む

0

古畑中学生(2008年製作のドラマ)

3.4

古畑ファンが満足行く内容かどうかは疑問だが、普通にジュブナイルものとして面白かった。
山田涼介が古畑になりきってた。
向島が古畑と同級生という設定はいくらなんでも…と思ったけど、イチローと兄弟設定もあ
>>続きを読む

0

古畑任三郎スペシャル すべて閣下の仕業(1995年製作のドラマ)

3.5

これはなかなか良いのではないでしょうか。
古畑と犯人の対決感を存分に感じられる内容となっており、犯人がこれまでで最も大物であるという点においてもより盛り上がる内容だったと思う。
ただ、今泉君と西園寺が
>>続きを読む

0

古畑任三郎スペシャル 黒岩博士の恐怖(1999年製作のドラマ)

3.0

これまでの古畑とひと味違うのは連続殺人事件を扱ったおどろおどろしい雰囲気。
そして、警察署内の描写が多い点などだろうか。
そして、実質的には初登場となる西園寺君の優秀さを表すシーンが多く、古畑さんに気
>>続きを読む

0

古畑任三郎スペシャル しばしのお別れ(1996年製作のドラマ)

3.3

大掛かりな舞台設計の割にはトリックが小ぢんまりしており、ちょっと物足りなさを感じるエピソードである。
フラワーアレンジメントの世界にもあんなどろどろした勢力争いみたいのあるんだなぁという所は面白かった
>>続きを読む

0

巡査 今泉慎太郎(1996年製作のドラマ)

4.3

古畑シーズン2の本編放送の日の深夜に放送されていたコメディドラマ。
今泉君が科研の桑原君の研究室を訪れ、古畑さんに対する愚痴などを吐き出す様をコミカルに描く。
古畑さんの意外な一面が明かされたりもして
>>続きを読む

0

古畑任三郎スペシャル 笑うカンガルー(1995年製作のドラマ)

3.0

初の海外ロケという事でとても開放的なロケーション、ゴージャスなホテルなど、舞台設計はとても良いのだけど、物語的にはイマイチ盛り上がりに欠けた。
まず、現地の警察が空気過ぎるのが気になる。普通なら他所の
>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 1st(1994年製作のドラマ)

4.9

再放送で何度も見て、DVDも購入したほど好き。
プロット的には刑事コロンボのパクリが多いが、やはり古畑任三郎の独特なキャラクターが最高だろう。

犯人を追い詰めるにあたって、所謂刑事ものドラマと一線を
>>続きを読む

0

この恋あたためますか(2020年製作のドラマ)

2.7

中村倫也が出てるので取り敢えず観ていた感じ。
コンビニのスイーツ作りをテーマとした業界モノであり、社長と社員とのベタなラブコメディという感じで、特段面白くもなく止めようかと考えながら観ていたのだったが
>>続きを読む

0

有村架純の撮休(2020年製作のドラマ)

4.0

"有村架純の撮休"という名のドラマ撮影風景。"有村架純の本当の撮休とは一切関係ありません"というテロップが出てくる。当たり前だがフィクションなのである。私は本当にあった有村架純の撮休を再現してるのかな>>続きを読む

0

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(2021年製作のドラマ)

3.2

「逃げ恥」って元々確かに社会問題も提起しつつのラブコメディだったが、もっと気楽に楽しめる作品だったはず。
しかし、今回のスペシャルでは社会問題てんこ盛り過ぎてかなり窮屈な感じで疲れてしまった。もう少し
>>続きを読む

0

岸辺露伴は動かない(2020年製作のドラマ)

3.8

原作の雰囲気が漂っていたし、高橋一生も露伴になりきっていたので、これは良い実写化だったと思う。
個人的には1話目と2話目は最高だったのだが、3話目はイマイチという感じだった。

"ヘブンズドアー"のス
>>続きを読む

2

帰ってきた時効警察(2007年製作のドラマ)

4.5

基本的にシーズン1と同じ。
もはやミステリーとかどうでもよく、いかに笑えるエピソードであるかが重要であると言っても過言ではないのだ。
やはりエピソードによって監督が違う為、色々と毛色の違う作風になって
>>続きを読む

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.8

アメリカの郊外で繰り広げられる少年少女達のジュブナイルものであり、怪物と戦うホラーであり、ティーンの青春ラブストーリーであり、超常現象ものである。
80年代のB級ホラー映画が好きな人にはたまらない作品
>>続きを読む

0

時効警察(2006年製作のドラマ)

4.6

時効になった事件を趣味で解決する主人公、霧山が繰り広げるギャグ多めのコメディドラマ。しかし、無意味なギャグがしっかり捜査の伏線になっていたりして、ミステリー要素も多少は楽しめる(但し、多くの場合犯人は>>続きを読む

0

LIAR GAME シーズン1(2007年製作のドラマ)

4.4

観始めたら止まらないシリーズ。
最初は「カイジ」っぽい内容だなぁと思ったが、私的にはこっちのがハマった。
「カイジ」は"限定じゃんけん"以降ぱっとしなかったが、本作は次から次へと面白い上に緻密なゲーム
>>続きを読む

0

LIAR GAME シーズン2(2009年製作のドラマ)

3.7

相変わらず面白いんだけど、ちょっと不満点も。
シーズン1では誰が裏切るかわからない、まさに騙し合いのバトルが繰り広げられていたので面白かったが、今回はゲームを支配しているのが秋山と葛城。ほぼこの2人の
>>続きを読む

0

SPEC〜零〜(2013年製作のドラマ)

4.4

当麻や瀬文が未詳に入る前の前日譚。
時系列的には最初の話だが、これから初めてSPECを観るという人にはこれを最初に見るのはオススメできないかな。
ニノマエを操っていた黒幕の正体とか分かってしまうので、
>>続きを読む

0

SPEC サーガ黎明篇「サトリの恋」(2018年製作のドラマ)

3.5

毎話冒頭に堤幸彦と植田氏とSPEC評論家の人の対談があるんだけど、ニノマエイトだのHOLiCだのの新たな要素は「ケイゾク」の頃から全て計算してると言い張る堤幸彦側に対して、後出し感が半端ない!と言う評>>続きを読む

0

SPEC〜翔〜(2012年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

謎を残したまま終わったドラマ最終回の続き。
遂に明かされる当麻のSPEC。
ちょっと反則過ぎる能力でしょこれ。
常に冷泉を呼び出しておけば未来が全て分かって無敵なのでは。

それから、捕獲されたSPE
>>続きを読む

0

銭ゲバ(2009年製作のドラマ)

4.5

金で不幸になった風太郎が金に勝つ為に執念を燃やす。
金より大切なものは人の心だとは言っても、世の中には金が無きゃどうにもならない事もある。
そんな時に見せる人の心の弱さだったり、欲望や醜さというものが
>>続きを読む

0

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(2010年製作のドラマ)

5.0

餃子×ジョジョの奇妙な冒険×椎名桔平

一番好きなドラマは何かと聞かれたら迷わず本作を挙げる。既に通しで7回は見てると思う。何故私はこのドラマにここまでハマったのか?分析してみるに…
何といってもキャ
>>続きを読む

0

ケイゾク(1999年製作のドラマ)

4.7

「心臓が息の根を止めるまで真実を求めてひた走れ!」

脚本・西荻弓絵×演出・堤幸彦による「SPEC」へと繋がる壮大なサーガの幕開け。全てはここから始まった。

柴田と真山のコンビによる刑事モノで、最初
>>続きを読む

0

ケイゾク/特別篇 ~死を契約する呪いの樹(1999年製作のドラマ)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

なんだろうこのチグハグな感じ。
せっかくテレビドラマで感動的に終わっていたのに無駄に引き伸ばした感じがした。
しかも、死んだはずのキャラが実はプラスチック弾を受けていただけで生きてましたー、ってのには
>>続きを読む

0

半沢直樹 続編(2020年製作のドラマ)

4.2

とにかくリアリティーを無視したやり過ぎな演出、オーバーな演技が面白い!シリアスだった1期と比べると今回はコメディー的な魅力が満載だった。
半沢直樹がバンカーというよりも名探偵ばりの捜査能力で不正を暴い
>>続きを読む

2

今日から俺は!! スペシャル(2020年製作のドラマ)

3.3

愛すべきいじられキャラ、今井が主役の話だった。
今井にモテ期が到来?するという話で、一瞬モテたりするのだが、結局は勘違いというか…でも超ポジティブなので全くへこたれない所が相変わらず。
三橋と理子が今
>>続きを読む

0

今日から俺は!!(2018年製作のドラマ)

4.0

再放送で見返したけどやっぱり面白い!
福田監督特有のギャグの詰め込み具合と個性的なキャラクターがいっぱい出てくるので飽きない。毎回豪華なゲストが出てくるのも見逃せない。
三橋がほんとは強くないのに卑怯
>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

3.5

「呪怨」と言えばこんな話だったなぁという基本的な部分は抑えつつも、話をかなり複雑にして世界観を広げ過ぎた感は否めない。
呪怨の舞台となる家で何が起こって、これから何が起ころうとしているかという所までし
>>続きを読む

0

コタキ兄弟と四苦八苦(2020年製作のドラマ)

4.2

この時期のドラマではピカイチでした。
山下敦弘監督だし脚本野木さんだしキャストも豪華だし言うことなし。

最初はレンタルおやじをテーマにした軽いコメディなのかなぁと思ったけど、回を追う毎に色んなテーマ
>>続きを読む

0

女子高生の無駄づかい(2020年製作のドラマ)

3.9

コミック→アニメ→ドラマの順で映像化した場合、ドラマで爆死する可能性が高いが本作品は珍しくそのセオリーを覆したのではないだろうか。

まず一番大事なのはキャストが合っているかどうかだと思うので特に重要
>>続きを読む

0
>|