ウシュアイアさんの映画レビュー・感想・評価

ウシュアイア

ウシュアイア

夏へのトンネル、さよならの出口(2022年製作の映画)

2.9

不遇な境遇で陰キャラの隠れイケメン男子と芯の強い女子が秘密の共有により関係性を深めていくボーイミーツガール、自分の欲っするものを手に入れようとしていたけど、愛や友情といった大切なものは近くにあった的な>>続きを読む

劇場版ツルネ ―はじまりの一射―(2022年製作の映画)

3.5

TVシリーズ視聴済み。弓道経験者。

TVシリーズでは創部1年目の県大会までの快進撃までのお話で、本作は完全新作ではなく、新カットと回想シーンを交えた県大会予選以降のお話の総集編。

TVシリーズを観
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.3

元飛行船乗りで冒険家の亡き父が嵐の中で見たという天空に浮かぶラピュタへ行ってみたいという夢をもつ炭鉱夫見習の少年パズーはある日気を失って空からゆっくりと舞い降りてくる少女シータと出会う。シータは実はラ>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.4

ティーンのひと夏(ひと時)の火遊びを描いた青春クライムドラマ。

この手の作品の主人公はティーンと言ってもハイティーンが相場だが、本作の主人公は13歳ということで、ひよっこティーン。親とうまくいってい
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

4.2

南インドの大都市チェンナイのスラムに暮らす幼い兄弟が、遊び場にしていた空き地にピザ屋がオープンし、食べるのに自分たちの稼ぎの1か月分が必要なピザを食べようとお金を貯め始める。そのことが大きな騒動に発展>>続きを読む

ACCA13区監察課 Regards(2020年製作の映画)

3.2

架空の連邦国家の官僚組織ACCAを舞台にした政治ミステリ作品であるTVシリーズの後日談OVA。TVシリーズを観ないと何が何だか分からない。よくある蛇足といえば蛇足なファン向けOVA。

46分という尺
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.0

登場人物は基本的には多種多様な人種からなり、しかも東洋人はほとんどおらず、原作そのままのキャラクターでやろうとすると基本的には扮装になってしまう。舞台だったらありだろうが、映画だとちょっときつい。『の>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.2

6歳の少女が離婚した身勝手な実の両親から離れ、新しい夫婦に引き取られていく、という話を徹底的に子ども目線で描いた作品。

子ども目線なので、再構築された人間関係の意味などは削ぎ落とされ、主人公の少女メ
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.2

一言で言ってしまえば、アラサー男子の遅れてきた思春期物語。

友人の妹が学校の課題で作る映像作品で、急きょ幼なじみ同士のマティアスとマキシムはキスをさせられる。このことをきっかけにお互いに恋心を意識す
>>続きを読む

アンネ・フランクと旅する日記(2021年製作の映画)

3.5

『アンネの日記』をベースにしたファンタジー。

『アンネの日記』はアンネが日記帳にキティという名前をつけイマジナリーフレンドに手紙を書くような形式で綴られている。そのキティが現代に少女として現れ、アン
>>続きを読む

林檎とポラロイド(2020年製作の映画)

3.2

時代的には30年くらい前の話だと思うが、記憶喪失になった男が社会適応のプログラムとして定期的に送られてくるカセットテープに吹き込まれたミッションをこなし、その記録としてポラロイド写真を撮っていくことに>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

靴職人を目指す高校1年生のタカオは雨の日に新宿御苑で授業をサボったことで知り合った女性とのラブストーリー。


学生が学校をサボり、そこで出会った人と友情や愛を育むというのはよくある話だ。そもそも学校
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.2

自分が興味をもったことを探究しノートに記録をまとめることが好きな小学4年生のアオヤマくんが住む町に、突然ペンギンの大群が現れ、アオヤマくんはその謎を解くためにウチダくんとともに探究をはじめる。アオヤマ>>続きを読む

グッバイ、ドン・グリーズ!(2022年製作の映画)

3.2

予告編を見る限り、高校1年生の3人の男の子がアイスランドを目指すというような『宇宙よりも遠い場所』(以下「よりもい」)的な話という印象だったが、ちょっと違った。

関東の田舎町に住むロウマと、ロウマの
>>続きを読む

鹿の王 ユナと約束の旅(2020年製作の映画)

3.5

ツオルとアカファという二つの民族がおり対立し、アカファは劣勢だったものの、ツオルの人々だけ罹り死に至らしめる黒狼熱(ミッツァル)の流行やヴァン(主人公)の活躍によりアカファが巻き返すことになるものの、>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.0

東大法学部を出て一度も定職につくことなく実家暮らしでアルバイトで生活する和彦が、高校の同級生と再会した銭湯でアルバイトをすることになる。その銭湯は営業終了後に殺し屋の仕事場(標的を連れ込んで始末する場>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

3.6

フランスのとある街で発行されてきた架空の雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の最終号の記事を映像にした作品。

アメリカのカンザスの新聞の別冊雑誌なのに、編集部がフランスにあるというよく分からない設定。寄稿
>>続きを読む

クレッシェンド 音楽の架け橋(2019年製作の映画)

3.3

世界的な指揮者の下、イスラエルとパレスチナの若手演奏家を募ってオーケストラを編成し、平和と和解のためのイベントとしてコンサートを行うというプロジェクトのお話。


泥沼の紛争が長年続くユダヤ人とパレス
>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.8

ブロードウェイミュージカルの金字塔のスピルバーグ監督による映画版。

ストーリーは1950年代のニューヨークを舞台にした悲恋物語。プロットはほぼ『ロミオとジュリエット』。普遍的な物語の原型はシェイクス
>>続きを読む

ぼくらの7日間戦争(2019年製作の映画)

3.2

かつて炭鉱で栄えた北海道の小さな町に住む少年少女が大人に反抗して廃工場に立てこもるという話。

細田守監督、新海誠監督の風味の演出を施した映像はまずまずの仕上がりだが、何せストーリーに難がある。

>>続きを読む

地球へ・・・(1980年製作の映画)

3.3

環境汚染が進んで住めなくなってしまった地球、人工知能に管理された社会などとても40年以上も前の作品とは思えない緻密な設定のSF作品。もうすでに手塚治虫が『火の鳥』を描いていたこともあるので、SFの設定>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.0

敏腕映画プロデューサーに抜擢された映画オタクの新人映画監督の奮闘記。

展開やノリはちょっと違うが、ハリウッド映画を舞台にした『映像研に手を出すな』といったところだろうか。映画製作のエッセンスを伝えて
>>続きを読む

MONSOON/モンスーン(2020年製作の映画)

3.5

6歳でボート難民となってベトナムから英国へ亡命した男が両親の遺灰の埋葬のため30年ぶりに帰国し、幼なじみ、ベトナム戦争時代のアート関係のツアーコーディネーターの女性、父親がベトナム戦争に従軍したという>>続きを読む

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男(2019年製作の映画)

3.8

巨大化学メーカーを相手に公害訴訟を手掛ける弁護士が主人公の実話ベースの法廷サスペンス。

日常生活でおなじみのテフロン加工のフライパンなどに用いられる化学薬品の製造過程で生じた廃棄物により深刻な土壌・
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.5

第一次世界大戦後のイタリア・アドリア海で、元空軍のエースパイロットで空中海賊(空賊)相手に賞金稼ぎとなった豚人間ポルコ・ロッソの生きざまを描いたスタジオジブリの名作。

ポルコの生きざまやセリフはかっ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

貧しい家族が生活のために常習的に万引きなどの犯罪に手を染める話で、普通に考えたら窃盗という犯罪行為を肯定的に描くことは許されないので、おそらくそうした生活が破綻して終焉を迎える話、ということはあらすじ>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.3

『世界の中心で愛を叫ぶ』、『パレード』の行定勲監督の男性同士のラブストーリー。

受け身体質で自分を好きになってくれる人と付き合うという恋愛スタイルの大伴は、ヘテロという自認でありながらも、脅迫から始
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

異世界に迷い込んでしまった千尋はブタに変えられてしまった両親を元に戻し元の世界へ戻るための冒険譚。

主人公の少女が異世界を冒険する話は、『不思議の国のアリス』や『オズの魔法使い』など古今東西普遍的な
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

2015年に実際に起きたイスラム過激派による高速鉄道列車内の銃乱射テロ事件を取り上げた作品。

実際の主人公は演技経験などほとんどない事件に立ち向かった若者3人をあてたので、壮大な再現ドラマというべき
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

アガサ・クリスティーの世界的傑作ミステリで何度も映像化されている作品にも関わらず一度も観たことなく、オチを知らなかったので、楽しく観ることができた。

ストーリーの構成は「金田一少年の事件簿」の事件簿
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.0

天文学者のランドール・ミンディ博士と博士課程のケイトがほぼ確実に地球に衝突する彗星を見つけて大騒ぎになる話。


予告編を見た感じではコメディかと思ったが、実際は結構シリアスなSF仕立ての社会風刺作品
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.4

原作小説既読の状態で動画配信サービスで鑑賞。

一言で言うと、SNS時代の「意識高い系」就活生の薄っぺらさを抉り出した作品。

(以下ネタバレあり)




主人公の大学生の拓人は、演劇をやっているが
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

28歳でポリオにより首から下が麻痺になってしまい、人工呼吸器なしでは生活できなくなってしまった男性の実話ベースのヒューマンドラマ。

主人公のモデルとなったのは、本作のプロデューサーの父親で、1960
>>続きを読む

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

3.7

雨雲と霧に包まれた町に引っ越してきたイケてない女子高生のベラは
妖しい魅力をもつエドワードに惹かれてしまう・・・
そしてベラはエドワードには不思議な能力があることに気付く。
エドワードの正体はは実はヴ
>>続きを読む

ヴォイス・オブ・ラブ(2020年製作の映画)

3.4

言わずと知れた世界的歌姫セリーヌ・ディオンの伝記映画。

※どういう事情かわからない大人の事情で、セリーヌ・ディオンではなくアリーヌ・デューとしている。使われている楽曲(と歌声も?)はセリーヌ・ディオ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

冷戦時代に軍の秘密研究機関ではたらく孤独な女性の清掃員と研究機関で捕らえられていた異形の知的生命体とのSFラブストーリー。


孤独な女性と研究機関に捕らえられたモンスターの共感の部分と自宅へ連れかえ
>>続きを読む

>|