Ayaさんの映画レビュー・感想・評価

Aya

Aya

2015/5より使い始めました

韓国映画をがんばりたい!暴力とラブコメとイケメンが好きです。
2.5〜3.8の間を行ったり来たり(平均3.2)。

2017年のマイシネマランキングBEST10&WORST5発表!!
https://www.youtube.com/watch?v=Z1Rze2g7Ou4

映画(1375)
ドラマ(5)

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.3

サーチライトなのか!
OPから溢れるサーチライトセンス抜群感。
ていうかどう頑張ったらサーチライトの作品に「バス男」なんて意味もわからないしダサいタイトルをつけられるのかな?!

嘘つくときに目を閉じ
>>続きを読む

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

3.3

SFじゃん!
モンスタースリラーじゃん!!
ミステリの棚に置くなよ!!

見てもいない状況を知ることができ、且つ未来までをも見通せる特殊能力(スーパー8)を持つカウンセラー、大学教授、レンタカー会社、
>>続きを読む

クローサー(2004年製作の映画)

3.3

ヤバいw
ジュード・ロウが激しくホットでクソ野郎やったw

ひょんな事からロンドンで出会う、駆け出しジャーナリストのジュード・ロウとアメリカ娘の元ストリッパーのナタリー・ポートマン。

事故にあったナ
>>続きを読む

恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜(2006年製作の映画)

3.3

ヤバい・・・この映画見るの3回目やん・・・なんでしょう?

このキャスト、忘れないと思うんですけどね・・・。

マコもブラッドリー・クーパーもビジュアルがかなりいい時なので、まぁ目の保養に見るには別に
>>続きを読む

ペインレス(2012年製作の映画)

3.2

現代。
自動車事故で妻を亡くし、妻のお腹の子供(かなりの未熟児)は助かったスーパー外科医。
妻の死を悲しむものの、生まれた赤ん坊のことを受け入れられない。

1930年、痛みを全く感じない子供達が発見
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.2

キャストは好きな人ばかりなんだけど・・・監督が地雷、っていうw

今、ちょうど「ぼんとリンちゃん」見てたんですよねw
真宙いきなり大っきくなったねえw

太鳳ちゃんを部に引き入れた真宙は、イケメン眼鏡
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.4

まぁ、ぶっちゃけ、話は一個前の方が面白かったかな・・・。

※ちょっとカヴィルの悪口書くので好きな人は注意して!

本来なら私の技量が発揮されるところである(?)イケメン担当のカヴィルの、ここ一連のガ
>>続きを読む

ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択(2016年製作の映画)

2.7

なんて豪華キャスト・・・なのにソフトスルーかよ!
しかしそれもしょうがない、と言った激しく、激しく!地味な作品。

ローラ・ダーンは片田舎の弁護士。労使関係のケースを担当したが、依頼人の思い通りにはい
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

もうキャストの時点で勝ちだと思ったけど、メット・ガラが舞台なの?!

この映画を見るために必要なのは過去のオーシャンズシリーズの見直しではなく、メット・ガラ知識です。

ケイパーものが大好き、という話
>>続きを読む

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

3.4

これも去年の夏、韓国でかかってて。
なぜ日本ではソフトスルーなの?!おファスだよ?!

ジャケットからもっと暴力的な話かと思ってたら、思わず、普遍的な家族の話でした。

本作の脚本家が「トゥームレイダ
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.3

小さな売店を営むローサおばさん一家。
年頃の息子2人と娘1人。下にも幼い娘がいる。
旦那が麻薬中毒で自らも「アイス」と称してメスを売っている様。

ある日、買出しから帰り、晩御飯を食べようとしたところ
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.4

MUMMY-D案件ですね。

なんでも好き嫌いなく映画を見たいとは思ってるのですが、なかなか邦画が弱い私。

面白かったです!

前半の展開をうまくひっくり返して、みんな不幸にしてやったのでざまあ!っ
>>続きを読む

ピープル・ライク・アス(2012年製作の映画)

3.6

クリス・パインとエリザベス・バンクス姉さんという、めちゃくちゃなさそうなコンビw

なのに!全くもって想定外の良作でした。

ヤリまくり捨てまくりのプレイボーイ、パインちゃんと、オゲレツラブコメ女王エ
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.4

今回のオゾンはちょっといつもとチガウヨ!
ポランスキーの嫌な感じと「ポゼッション」のグロさを足した感じ。

はっきり言います。
血とかグロいのダメな人はちょっとダメなシーンあります。

あと、私、医療
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.2

いや、タイトル出た時点で爆笑ですよね。

原題「The Death of Stalin」

この邦題考えた人、知恵絞ったんだろうなあw
ものすごく努力の跡が見えます。

結構ね、この辺のソ連知識あった
>>続きを読む

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

3.6

アメリカ、カレッジリーグすげえ・・・。

11万人入るスタジアムって甲子園の2倍ですよ。

そしてやって来る観客はロッテファンのごとく皆が皆、チームカラーのイエローとブルー(まぁネイビーより)のユニフ
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.7

なんて硬派なドラマなんだ・・・。

なんかタイトルが「アイアン・スカイ」に似てるし、とジャケットがごちゃごちゃしてるせいでめっちゃ損してると思う。

「アイ・イン・ザ・スカイ」ってそのまま「空の目」っ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

古屋兎丸先生作品常連キャストと言うか、今時人気イケメンが大好きですよね。

やっと竹内涼真くんを認識しました!

今時イケメンがたくさん出ていますが、キャラクターのアクが強く、混乱しません。

見てい
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.3

黒沢清のクラシック作品。
もう20年前なんですね。

気持ちわるうううううう

エンドロールまで気持ち悪い

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.7

「名もなき塀の中の王」のイギリス人監督デヴィッド・マッケンジー、脚本は「Sicario」シリーズのテイラー・シェリダンて!!

私向けハーコーか!

昨年ジェフ・ブリッジスがオスカーにノミニーされた作
>>続きを読む

奇人たちの晩餐会 USA(2010年製作の映画)

3.3

いちいち邦題のサブタイトルが長いことでおなじみのジェイ・ローチ。

ポール・ラッドがアントマンになるまだまだ前、スティーブ・カレルがまだまだコメディ俳優だった2010年の作品。

なのにスティーブ・カ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

「Sicario」シリーズの脚本家、テイラー・シェリダンの監督作ともなると、それはもう期待値MAX!!

平日の昼間ですが、さすが初日かなり入ってました。

その持ち味とも言える

ものすげえ圧!
>>続きを読む

ハッピー・クリスマス(原題)(2014年製作の映画)

3.1

彼氏にフラれ、子供が生まれたばかりの兄の家に転がり込むアナケン。

本来物書きである儀姉は、子育てばかりの毎日に嫌気がさし、また書き物をしたいというが時間がない。

アナケンに子守を任せたいが、酔っ払
>>続きを読む

今日、恋をはじめます(2012年製作の映画)

2.9

5年前の武井咲ちゃんめっちゃ地味ですやんw

そしてこの地味子の武井咲ちゃんが入学した高校、ブレザーの種類が3種類あるというなんという金持ち学校だ・・・。
しかもこの学校全然みんな制服ちゃんと着ないで
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.3

なんか・・・ものすごい・・・スケールダウンしてね?

ジュラシック・ハウスじゃん。

予算が1/10位になってると思う。

監督は「永遠のこどもたち」のフアン・アントニオ・バヨナと・・・。

初めてM
>>続きを読む

コンプリート・アンノウン(原題)(2016年製作の映画)

2.9

頭はいいけど、頭おかしいレイチェル・ワイズの、それでもその気持ち、なんとなくわかる、って感じの言い分。
まあ、変な話です。

いや、そうだったのー?!
って、あることがわかった時の、その前にもちょっと
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.3

「四月は君の嘘」というものすごい駄作を撮った新城毅彦監督作品。
見直したぞ!前作とは比べ物にならない。

永野芽郁ちゃん好きなんですよね・・・。
「俺物語!」サイコーだったじゃないですか。

いくら今
>>続きを読む

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

3.6

タイトル通りサラリーマンバトルロイヤル。
このジャケット、いいね・・・。

大変おもしろいです。

会社に社員を80人だけ残し、シャッター封鎖。
社内放送では「30分以内に同僚2人を殺せ。できなければ
>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

3.4

最初は、この映画、日本人全員見ないとダメなやつじゃん!と思ったらソコじゃなかった。

なんかよくわからんけど、核に汚染された地球のどこか(ロケ地はNZ)。
山に木は満ち満ちており、川や滝もあり、小さな
>>続きを読む

いつまでも一緒に(2015年製作の映画)

3.0

これ、Amazon primeで探すときのタイトルは「息を止めて」です。

医師の母、スタントマンの父、そして小学校の娘。
一緒に教会へ行き、お葬式へも行く。

母と父は同じベッドで寝ず、関係は冷え切
>>続きを読む

タンゴ・ワン(2018年製作の映画)

2.4

イギリス潜入捜査もの、と説明に書いてありましたが、正確にはマフィアものかな。

出来が悪い上、退屈極まりないのに長い。

嫁さんと会計士に金を持ち逃げされてその報復に乗り出す。
その金でコロンビアのマ
>>続きを読む

天命の城(2017年製作の映画)

3.5

史劇は明るくないのですが、ファン・ドンヒョク×キム・ジヨン×イ・サンミンという間違いない布陣ですからね!

初動こそ良かったものの、スター俳優が4人も出てて、この規模のビックバジェットで結局400万届
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.0

びっくりするほどセリフが頭に入ってこなかった・・・。

吹替って時点でこの映画を観るモチベーションの9割は削がれてるんですよ・・・。

あんなにエディ・レッドメインとトム・ヒドルストンの夢のイートンボ
>>続きを読む

ダーティー30/爆発! 三十路トリオ(2016年製作の映画)

3.5

30歳のバースデーを目前に高校の時に書いた「30歳の自分に宛てた手紙」が届く。
その手紙に書いてある子供や仕事などの目標は何一つ達成できてない。
そんな自分のバースデーは地味にやりたい、と凹んでいた。
>>続きを読む

パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間(2016年製作の映画)

2.7

黒人配線工事員の親父、メキシコ系の継母、恋人と離れ離れの娘、ヴァンアイアになりたい息子、そしてムショ帰りのいとこのブラック家の5人家族はシカゴでの貧乏生活から一転、ビバリーヒルズの高級住宅地に越してき>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.4

FOXサーチライトファンにはお馴染みのジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻監督作品。

私この話、全然知らなくて。
ビリー・ジーン・キングもボビー・リッグスも知らないし、今、ウィンブルドンや
>>続きを読む

>|