えのきさんの映画レビュー・感想・評価

えのき

えのき

映画(77)
ドラマ(16)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

……ほーん。……へーーー。……ところで、主人公の名前って何だっけ……???????????

第三次世界大戦を止めろと言われた主人公がなんやかんやして時間軸上に大量発生する物語。
ノーラン作品のいずれ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.3

おじさまが格好いい映画に間違いはない。

ゾンビ化する感染症が流行る街から娘と共に新幹線で逃げる物語。
王道、かつ完成度の高い作品だった。

まずこうしたパニックものとしてありがちな「理不尽な行動をし
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.0

アメリカは好きだけど、日本に生まれて良かったー!

高校の卒業式前夜のパーティーに冴えない2人の仲良し女子が挑戦しようとする物語。
登場人物たちが印象的でテンポの良い作品だった。

正直主人公の、特に
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.0

二日酔いとは…???

バチェラーパーティーのためラスベガスへ行った男たちが記憶を失う物語。
『ジェクシー』が近所で観られないので代わりに鑑賞した。

登場人物たちが魅力的な作品だった。特徴が皆バラバ
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

4.2

現代の作画はここまで綺麗なのかと笑ってしまった。

メンヘラ気味の女の子がこの世全ての悪を飲み込んで暴走する物語。
原作への愛が感じられる丁寧で迫力のある作品だった。

原作をプレイした当時でさえ30
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.2

東京近辺に住んでいることを珍しく感謝した。

きちんと観たのは初めてだけど音楽と映像が最高だった。
静かで、かつ活力に満ちた高度経済成長期の学生たちを描いた物語。

展開のメリハリが少ないことが欠点な
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.2

脈略がないストーリーを「不思議」と表現するのはいかがなものか。

原作を見れば何か変わるのかもしれませんが、公開当初に映画館で観て再度地上波で鑑賞してもちょっと良くわかりませんでした。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.1

京アニ特有の映像の綺麗さはやっぱり良いもの。

元いじめっ子だった少年が、いじめられた耳の聞こえない女の子と親睦を深める物語。
昔漫画を読んで映画館で観て、久しぶりの鑑賞だった。

この作品の特筆すべ
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.8

アシタカになりたすぎて死にたいのに、彼に「生きろ」と命じられた。

呪われたアシタカ青年が女性をたぶらかして周る物語。
ジブリの中で『千と千尋の神隠し』が一番思い入れのある作品ならば、『もののけ姫』は
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.9

登場人物皆IQ5。

成長した映画『ジョーカー』の主人公が住まうゴッサムシティで、奔放な彼を止めようとバットマンが暗躍する物語。
マーベルらしい引きで楽しみが残されている一方、所々の展開のガバさが目立
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

社会派のダークヒーロー活劇。

コメディアンを目指す青年アーサーが荒んだゴッサムシティで心を病みピエロになる物語。
映像の綺麗さと主人公の演技が本当に素晴らしかった。

物語自体は大味で細かい違和感は
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.7

はじまりの朝の静かな窓
ゼロになる体満たされてゆけ

本当に何十回も観た作品だけど、初めて映画館で鑑賞した。
心が揺れすぎて今すぐ海の見える街に引っ越さなければならない衝動に駆られた。

子どもの頃の
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

人生何もかも思うようにはいかないもの。

小説『若草物語』の再映画版。
19世紀後半のアメリカを舞台に4姉妹の生活を描いた物語。

姉妹それぞれ信じていたものから挫けそうになる様子を綺麗な映像と演出で
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.3


もしも自分の存在が無くなってしまったら、世界に変化はあるのだろうか。

夢を諦め父の住宅ローン会社を引き継いだ青年ジョージが窮地に陥り、絶望の末自殺を試みた時、「もしもこの世に生まれてこなかったら」
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

「black lives matter」
今こそ地上波で流すべき映画。

1979年代のアメリカで黒人初の警察官となった主人公が白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入する実話が描かれ
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

4.2

ホラーのようで社会派で、なによりマックスがかわいい。

ちょっと変わった少女エスターを孤児院から引き取った家族の物語。英題は「orphan(孤児)」。
娘マックスの可愛さをひたすら愛でたくて仕方がなか
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.0

もし今吃音の王が出てきたら世界は受け入れられるのだろうか。

第二次世界大戦前のイギリスを舞台に吃音を持つジョージ6世がスピーチに望む物語。
終盤20分のスピーチに臨む緊張感はリアルタイムで体感してい
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.5

カフェのテラス席に座って、ウィンドウショッピングをして、雨の中を散歩したい!

ローマに滞在中の王女アンが公邸から逃げ出しローマで休日を楽しむ物語。オードリー・ヘップバーンが綺麗なこと綺麗なこと。
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.5

名作と言われるのには訳がある。

1920年代のアメリカを舞台とし、映画に「声」が付き始めた頃の映画俳優たちの物語。今更だけどトーキーってtalkingなのね。

映像の作り方とセンスが素敵でどの場面
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.1

終始ジュリアが可哀相で悲しくなった。

トム・クルーズ主演ミッションインポッシブル3作目。
「ラビットフット」という謎のアイテムを巡ってバチカンに中国にとイーサンが飛び回る。

流石のアクションの派手
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.4

「変わる世界」と「変わらないもの」が素敵な音楽と古き良きイタリアの景色の中で映されていた。

映画映写技師のアルフレッドに懐いた少年トトの生涯を巡る物語。1990年アカデミー賞外国映画部門作品賞受賞作
>>続きを読む

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

4.2

最後は1番好きなコナン映画を。

京を舞台に服部が日本刀で殺陣をする話。
服部がコナンをひたすら新一と呼び続ける。

ある種スタンダードなコナン映画で派手さは薄めだが完成度は高い。
音楽や演出も魅了的
>>続きを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.2

香川県議会で流したい映画No.1。

現実とリンクしたゲームの中に閉じ込められる物語。
コナンで最も傑作だと言われているのが良く分かる完成度の高さと面白さだった。とても20年近く前の作品だと思えない。
>>続きを読む

名探偵コナン 業火の向日葵(2015年製作の映画)

3.9

キッド映画でハメられすぎじゃない?

ゴッホの向日葵の絵画を巡って事件が起こる物語。ギャグ調のシーンが多く安心して楽しめた。

展開と推理のガバさが他より目立っていたのは気になった。証拠の決め手が何と
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

4.0

コナン、お前は日本から出てはいけなかったんだ。

園子がひたすら叫び続ける名探偵コナン。シンガポール名所爆破祭。

キッドとコナンの絡みがある物語は安心感があって好みだった。ストーリー自体もまとまりが
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.9

警察への猜疑心が高められる正統派コナン映画だった。

情弱の大衆と天才のアガサ博士が躍動する物語。毛利のおっちゃんは逮捕される。

前作でボコボコにされていた風見さんが冒頭からボロボロで出てきて笑って
>>続きを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

4.1

こんな日本いますぐ出て行きたい。

推理を捨てアクションに全振りした名探偵コナン。黒の組織の裏切り者を巡ってあらゆる組織が躍動する。
テンポが良く物珍しさもあって初めから最後まで飽きることなく非常に楽
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.8

ラストシーンの格好いい平次を観る映画。
それまではどうみても意識がコナン>和葉で笑ってしまう。
演出か何か変わったのかな?今までのものとは大分気色が変わって見えた。
そういえば今回恒例の「らーん!!!
>>続きを読む

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)(2014年製作の映画)

4.0

伏線の巻き方と回収が丁寧で観やすかった。
でも赤井さんって誰なんだろう。

今回の蘭姉ちゃんの闘いで前回の犯人との強さの比較ができて面白かった。
拳銃<蘭姉ちゃん<機関銃
英語と日本語の切り替えのタイ
>>続きを読む

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)(2009年製作の映画)

3.9

コナンの映画は安定の面白さ。
昔のコナンを観ていた身としては黒の組織はワクワクさせる。

物語はコナンの映画にしては派手味に欠ける。蘭姉ちゃんが強すぎて正面突破させれば全て解決しそう。

火事の際は安
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.3

映像と音楽の芸術性が高い作品。

韓国の貧民街で暮らす家族が金持ちの家に取り入っていく話。

トイレの上でタバコを吸う姿、酒と血が混じり合う光景など、具体的に書くとネタバレになってしまうものの印象に残
>>続きを読む

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

4.0

「ギャンブル依存症に気を付けよう」

天才主人公がチームを組んでラスベガスのカジノの裏をかいて大儲けしようとする話。実際にあった話らしい。
『ミッドナイトインパリ』でパリの疑似観光をして、この映画でラ
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.0

悲哀の雰囲気が物語全体を包んでいた。
マフィアの大御所ラッセルの片腕となって働いた主人公の生涯が描かれた作品。

やはりマフィア物は心が洗われる。
どうしようもなくなったら「ペインター」になれば良いと
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.2

緊急電話を繋ぐ警察官の1日を場面固定で描いた作品。
どんでん返しの物語と主人公の演技と間のとり方に魅せられた。

物語は緊急電話(日本では110)を受ける警察官に焦点を当てて進行する。そのため事件や他
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.9

立方体の箱の中に閉じ込められた男女が脱出を試みようとする物語。よく見る悪夢が現実になったようだった。

立方体の箱には面ごとに出口があり、出口の先にはまた部屋が延々と繋がっている。その中には時折「ワナ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.2

子供のころ以来のハリーポッター。
シェアハウスで流れていたので鑑賞。

かなり古くに作られたとは思えない技術力の高さに驚いた。
物語構成も登場人物たちも素晴らしく子供の頃観たワクワク感を思い出した。
>>続きを読む

>|