どんとこい83さんの映画レビュー・感想・評価

どんとこい83

どんとこい83

みなさんのレビュー参考にいつもさせていただいてます。
ありがとうございます♪
つたないレビューに、いいねを頂き感謝します‼︎

プロフィール写真は私のお気に入り海外ドラマ
「ウォーキングデッド」の出演者たちです★*☆ ♬

サウナと温泉好きです♨️

2018. 9 〜

映画(212)
ドラマ(19)

生きてこそ(1993年製作の映画)

4.0

1972年ウルグアイのラグビーチームと
その家族はチリへ遠征試合に向かう。
乗った飛行機がアンデス山脈へ墜落し
てしまう。
45名中生存者は16名だった。

生きて帰ることを諦めなかった彼らの実話
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

この作品を観て感じたことはいろいろで‥

人と人の思いやりは、とっても温かい、手を
差し伸べてくれた人をずっと忘れずに大事に
思いたいってこと。

いろいろな環境の変化のなかでも手を差し伸
べてくれた
>>続きを読む

デッド・フライト(2007年製作の映画)

3.3

グロいとオバケは観れないんですが、
ゾンビはおまかせください!!

B級映画でも、見応えはあった!

ハラハラ感も結構あって、最初の方はいつ
何処でゾンビが登場してくるのか。。と、
ドキドキだった笑
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

はじめて評価できない作品に出会って
しまった。

1993年にイタリアシチリア島で実際に
あった事件を元にした物語。

まだ若い13歳の男子と女子の心に芽生え
たパステルピンクのような淡い恋心。
トキ
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.0

兄の名前は泉水、弟の名前は春
英語ではSpringで2人とも同じになる。

こんなに親の愛を受け育った2人兄弟の
泉水と春と、そして、父、母との深い絆
の物語である。しかし、
幸せだった家庭をある日突
>>続きを読む

海炭市叙景(2010年製作の映画)

3.9

「そこのみにて光輝く」
「オーバーフェンス」

そして本作が函館三部作最後の鑑賞作品に
なる。

41歳で逝ってしまった原作者佐藤泰志さん
の世界を少しでも見たい気持ちが強かった。
『なぜに‥』『なん
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

“ニール・アームストロング”

1969年アポロ11号で人類初月に降りた人物
で大統領自由勲章などいくつかの賞を受賞
している歴史に残る人物である。

今回、ライアン・ゴズリング主演で実話の
ストーリ
>>続きを読む

デイジー(2006年製作の映画)

3.5

香港映画「インファナルアフェア」の監督
であるアンドリュー・ラウ作品。

殺し屋は人を愛してはいけない
太陽の日差しを浴びてはいけない
花を好きにならない
人のためになることをしない
息を殺し生きる日
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.5

函館三部作でもある「そこのみにて光輝く」
に続き本作が二作目の鑑賞となる。

壊れた女と壊す男
なぜ、壊れた女は壊れた心を修理してくれる
ような相手を愛さないのか
壊す男は壊れない温かみがある層が厚い
>>続きを読む

死体が消えた夜(2018年製作の映画)

3.5

「ロストボディ」の韓国版リメイク。
安置所から死体が消えてしまうという予想
もできないようなミステリーサスペンス。
見事な展開のラストが待っている!

大富豪で会社経営の妻がいて教授である夫は
言いな
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.0

函館の海の近くに住む若者たちの濁りと
純粋を混ぜたような心の動き、光を諦め
たような生活でも、掴みたくて、照らさ
れたくて、もがきながら探していた光に
照らされたとき、ほんとうの自分がそこ
には立って
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.5

なんとも笑えないブラックコメディで
6つのストーリーが描かれている。

どの話も分からないこともない‥って思えて
しまう共感をちょっとだけ感じてしまう。
でも、普通はしない、まともでありたいから。
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.9

これはね〜観てて辛い。
苦しい思いになってしまうかなぁ〜
切なすぎる気がして‥現実っぽい
みんな誰だって生きてりゃ
色恋なんて、いろいろあって、それは
決して楽しい美しい思い出ばかりじゃないけ
ど、み
>>続きを読む

映画は映画だ(2008年製作の映画)

4.0

もっとコミカルな感じなのかと思い鑑賞
だった、が、違った。

現役ヤクザが映画に出演するというありえな
い設定の中に黒社会の闇も描かれていて
男のロマンと哀愁が詰まっていた。

男は背中で語る、抱えて
>>続きを読む

Be With You 〜いま、会いにゆきます(2018年製作の映画)

3.8

日本版はお恥ずかしいことに観てない、
読んでないです。
だから新鮮といえば新鮮な‥
さてさてどんな物語がはじまるのかワクワク
でした。

これは、男女の恋を超えた愛と家族愛が心を
和ませてくれる。
>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

4.2

「ある会社員」でソ・ジンブの演技に惹か
れてしまい、他の作品にも興味が湧き鑑賞
です。

”愛“を簡単に語るんじゃなく
その奥にある秘めた強い愛を感じた
名前すらもう名乗れなくても
誰に苦しみを伝える
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

これは‥ 唖然となってしまった。
すごい。
深い深い真っ暗な闇の中に入ってしまった
ような感じがした。

なんといってもホアキン・フェニックスが
全身全霊でジョーカーだった。
報われない悲し
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.5

「死はただの扉にすぎない 
 閉じたとき次の扉が開く
 天国とは新たな扉が開くこと」

年代も違う6つの物語が1本の映画で同時
進行する。
はっきりと輪廻転生が分かりやすく作られ
てはいないが、ヒント
>>続きを読む

ある会社員(2012年製作の映画)

3.9

正面より横からの撮られたときの顔は
まさしく影と色気が漂う、主演俳優は
ソ・ジンブ
多分、ソ・ジンブ作品の鑑賞は初めてだ
と思う。

表向きは普通の会社のはずが、裏は殺人請
負い会社プロの殺し屋が集ま
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

刑務所での強制労働から逃れるために
精神異常を装い、精神病院に入院すること
になった主人公が自由を求め病院で様々な
問題を起こしていく。
自由とは、仲間とは、人間とは‥の物語。

人間の深さを追求して
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

作品観終わるまでずっとウィル・スミスの
息子さんが主演だと思ってたんですぅー
なんと、まあ〜鈍いことか。。

観てる時も「キリッとした目はお父さんに似
てるわ〜〜」‥とか思って観てたんです、が、
終わ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

“リメンバー・ミー“

私を忘れないで。

上ではちゃんと家族に会えたのかな?
いきなり逝ってしまうのはルール違反悔しさ
から怒りの感情が湧いてしまっていたけど、
生きたかったのもちゃんと知っていたし
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

初レバノン映画に素晴らしい人間らしさと
生きる深さ、過酷さを垣間見た。

平和な国に生まれ育ってきた私には過酷な国
で命を脅かされ生き抜く大変さを簡単に同情
して言葉を発することはできない。
本当の過
>>続きを読む

イルマーレ(2001年製作の映画)

3.8

ポストが時空を超えて違う時間に生きる
彼に、彼女に、手紙を運ぶ。

映し出される風景は静かな海”イルマーレ”
海辺に建つ洒落た家に彼と彼女は違う年代
にそれぞれが住んでいた。

家を引っ越す女性は次に
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.5

40年前の作品が世に登場した!
半世紀には満たないけれど、かなり昔の
物語にハラハラ感は半端なくて楽しめた。

月末忙しくなると、愛だの恋だのじゃなく
パンチの効いた刺激ある映画が気分転換に
なり、強
>>続きを読む

大脱出2(2018年製作の映画)

3.8

面白かったです!
ストーリーも分かりやすいし楽しめました。
シュワルツェネッガーは出演してはいませ
んが、スタローンが年齢を感じさせないの
はさすがです!
まあ〜ぼちぼち出ていてスタローンの出番が
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

これは厳しいなあー。
ブラピもあぶらも乗り、若い頃にはない
年齢的な渋さ、落ち着きも十分出ていて、
要するにどう転んでもやっぱりイケメンは
健在していたので第一の感想はブラピ主演
なのに勿体ない!がい
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.0

“恋人たち”に続く橋口監督作品を鑑賞。

堕ちていく妻に決して「がんばれ」と励ま
さない夫、目の前の話を優しく喋るくらい。
夫も人生の底を見てきた人だから
妻の苦しみが誰より理解できるんだろう。

>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.0

なんて現実的なリアルな作品なんだろう。
『恋人たち』って題名だけならば、どんなに
綺麗な、悲しみもあるかもしれない内容を
雰囲気良い男女が演じているのか‥?
そのように思っていた、が、良い意味で裏切
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

4.0

サスペンスで、それも結構グロい作品でよく
見かける、キム・ユンソク
こんなステキな物語で違和感なく哀愁帯びた
渋い役を演じ切っている。

改めて素晴らしい俳優でありこの作品をきっ
かけに私の中の好きな
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

とても温かく優しかった。
誘拐されて25年もシェルターで暮らし外の
世界を知らなかった主人公ジェームズの物語

優しさが溢れる作品で、みんなが誰かのため
になることを思い、行動して‥
嘘も裏切りもない
>>続きを読む

オペレーション・メコン(2016年製作の映画)

4.0

中国、香港合同制作
実際の事件だからリアル感が増す!

東南アジアを流れるメコン河で中国船
襲撃乗組員13名惨殺事件を脚色して
描かれている。
監督はダンテ・ラム香港の監督なので香港
映画が好きなので
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.8

連休の秋晴れの日に笑えて明るいステキ
な作品を観れたのは本当に良かった!
出演者も豪華なたくさんの俳優陣により
演じられていて見応え十分な作品。

大晦日を迎えた高級ホテルでのカウント
ダウンを迎える
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

公開中のワンハリをもう一度観ておきた
くて、何気に、タランティーノ作品に触
れたくての鑑賞。

これがタランティーノの世界!
姉ちゃんたち、下ネタたっぷりの恋バナや
はしゃいで色気振りまいてるだんじゃ
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.1

どーんと落ちてゆく、切なくなっていく
気持ちがある、やっぱり東野圭吾は好きだ。
自分の命よりも大切なもの
それは‥子供以外には考えられない。
すごく観てて辛かった。子を思う親の気持ち
親を思う子の気持
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.6

“ウォールフラワー”で爽やかな笑顔で
魅力を発揮したエズラ・ミラーが真逆
の笑顔がないサイコ少年役で出演して
いる。

とっても捉え方が難しい作品だった。
作り手の伝えたい意図が分かるようで
??って
>>続きを読む

>|